自己PRの書き方・例文(新卒) | 第二新卒の自己PRの書き方 | 転職の自己PRの書き方・例文

掲載されている各種PR文は当サイトに帰属します。
無断転写は違法行為(10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金)となりますので、法的手続きも含め対応致します。
個人の就職(転職)活動の参考にする事は問題ありません。


資格試験の自己PR


ここでは資格試験の自己PRの例文を紹介したいと思います。

資格試験の自己PR:保健福祉学部:受託給食:管理栄養士

私は自分で「これだ」という目標を設定して挑戦していくタイプです。
大学2年に入りレポートなどでパソコンを使って作業する機会が多くなりましたが、なかなか使いこなすことが出来ずにいました。
そこで、自分が納得のいくレポートを作成しようと思いパソコン教室に通うことを決心しました。
パソコン教室には1年間通い、作業を効率よく行うノウハウを学び、学習したことを試すためにMOUS検定を受検し、資格を取得しました。
資格を取得したことで自信がつき、それまでは控えめだった発表や司会役にも積極的に取り組むようになりました。
私の目標に向かって挑戦する力とそれによって身についた積極性を活かしたいと考えています。

※内容が平凡でほとんど印象に残りませんが、資格取得をきっかけに、活動的になったという流れは悪くないと思います。現PRは資格取得の事をメインに書いてますが、資格取得の事をさらっと書いて、司会のことなどをメインに書けばよくなるかもしれません。


資格試験の自己PR:総合経営学部:IT:SE

英会話の学習と簿記の資格取得に励んでいます。
これが私の最も強調したいことです。
私は、大学へ入学して勉学に励みたいという強い思いから、簿記の資格取得講座を受講していました。
その結果、無事、簿記2級の資格を取得することができました。
今は、更なるレベルアップを目指して、税理士の財務諸表論の科目合格を目指して、自己PRの勉学に励んでいます。
また、ビジネスの世界で他国との交流が深まる中で、英語の必要性を強く感じ、英会話学校へ通学しています。
大学の授業と専門学校の授業の両立は、時間的にも物理的にもハードでしたが、時間の有効な使い方を学べた点でもプラスになりました。

※これは真似したらダメなPR。
頑張っている事は分かるのですが、 単に資格をとっただけではよっぽどの資格じゃないと評価されません。資格を取得する過程で得た教訓やエピソードを書きましょう。

資格試験の自己PR例文1 | 資格試験の自己PR例文2

 


[自己PR 例文]
クラブ活動がテーマの例文アルバイトがテーマの例文資格試験がテーマの例文大学講義・ゼミがテーマの例文


関連おすすめサイト
就職&転職活動 応援ページAfterSeason /お問い合わせ先
Copyright (C) 2001‐2015 After Season All Rights Reserve