マスコミ・広告系 転職志望者の自己PR

掲載しているPR文は一部です。全てご覧になりたい方は面接データベースをご確認下さい。
転職の自己PRの書き方はこちらをご覧下さい。

掲載されている各種PR文は当サイトに帰属します。無断転写は違法行為(10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金)となりますので、法的手続きも含め対応致します。個人の就職(転職)活動の参考にする事は問題ありません。

転職 自己PR 面接対策No.15
状況 = 第二新卒
転職前の業界 = 住宅業界界
転職志望業種 = 広告業界
転職志望職種 = 営業職

自己PR(転職 自己PR 面接対策) =
社会人になって得たことが、3点あります。
1徹底して調べ上げる、リサーチ力
2データ、知識を元にありとあらゆることを考え、提案する力。
3描いた図を達成するために、周囲を引きずり込む、組織統率力。
そして、この3つを学んだと共に、意識が変わった部分はWIN−LOSEの関係ではなく、WIN-WINの関係を築けるように立ち振る舞うようになったことです。
住宅営業は基本的に社内では、スタントプレーを求められます。しかし、配属された横浜市という土地は、古くからのベットタウンであるため、十二分に目を肥えた客層のエリアでした。そこで、「いかにして生き残るか。」を考えた結果。「徹底したリサーチと、それを元にした提案、更にそれぞれの部門の社内にいるスペシャリストを適材適所、次々と連れてくる。」という策をみつけました。「新入社員にもかかわらず、設計長が担当設計になる。」という具合にです。そして、一邸一邸ごとに、専属のチームを作ることで、社内処理の連携プレーが可能になり、一見先輩方の仕事を増やしてしまっていたように思えていた状況が、逆にスムーズに仕事が運ぶ、きっかけにもなりました。プロデューサーとしてのスキルを身につけられたと思います。

志望動機(転職理由)=
新卒採用時から、広告業界を志望していました。しかし、ご縁がなく、今の会社に入社することになりました。現職についた理由は2つあります。
1.大学3・4年生で受験したアナウンサー試験に不合格であったこと。
就職試験を通じて、私自身の中では成長できていると感じた部分があったのですが、自分で感じていたほど社会から見ると、成長していない。ということが解ったため社会人として仕事につくことを決めました。
2.社会人として仕事をするのであれば、人が支払う一番高いものを売りたい。きちんと売れるようになれば、会社にとっても支払い額の大きい広告費をまかせてもらえるようになるのではないか。と感じたからです。


転職 自己PR 面接対策No.22
状況 = 転職
転職前の業界 = サービス業・広告
転職志望業種 = サービス業・広告
転職志望職種 = 制作職

自己PR(転職 自己PR 面接対策) =
はじめに勤務した○○○で基礎的なデザインワーク、印刷の知識を学び、現職場の○○○勤務し、広告制作に関わるトータルな業務を学びました。会社は柔軟な体質で新人にも多くの機会が与えられメインスタッフとして修業が積むことができました。
最初は会社から与えられた仕事をこなしていましたが、直接代理店の方や、クライアントの方とお仕事させていただくようになり、1年、2年と経つごとに直接クライアントから指名していただくようになりました。その中でクライアントの担当者や代理店営業、ディレクター、そしてコピーライターの方々との共同作業でコミュニケーション能力が身に付き、信頼関係を築くことができました。
現職場の社長の「デザイナーもビジネス感覚を」という方針のもとで見積もりや外注スタッフとの価格交渉などの業務も経験。ビジネス感覚も養うことができたと自負しています。
将来、デザインワークにとどまらずクリエイティブ全般に関わるアートディレクターとして活躍するのが目標です。

志望動機(転職理由) =
現職場で主に不動産広告制作に携わってきました。戸の広告制作の経験を基に、貴社でトータルなジャンルの広告制作に関わりたいと思っています。大きな仕事を手掛けより質の高いクリエーターとして活躍するのが目標です。


転職 自己PR 面接対策No.93
状況 = 第二新卒
転職前の業界 = 小売・印刷
転職志望業種 = 出版
転職志望職種 = 編集

自己PR(転職 自己PR 面接対策) =
私はキョロキョロと周囲を見回し、興味を持ち、疑問を持ち、形にしていく力があると自負しています。例えば、以前勤務していた陶器店では、花屋の知り合いと企画して、陶器に花を生けたフラワーアレンジを販売し、新たな器の可能性を提案しました。また、風呂敷教室を企画し、使い方の広がりを知った上で、より身近に楽しんで頂く方法もあります。ギフトに何かオリジナリティを付けて提案することで、より心の込もった、特別なモノ、想い出になります。現在の環境の中からでも、一歩でも二歩でも何歩でも踏み出した世界の中にも、面白そうなこと、知らないことはたくさんあります。それを探し、TPOに合わせて表現する生命力にも似た強い力があります。だから、情報を、伝えたいことを集め、編んでいくことを職にしたいと考えています。
新しい環境の中でも、諦めず、新たに学んだことを自分の力に変えて向上していきたいです。今までいた部署とは正確には異なりますが、空気を作り上げていくことに関しては同じであると思います。更に多くの経験を貴社で積み、自らの目標をより高く持てるよう頑張る所存です。
何卒、宜しくお願いいたします。

志望動機(転職理由) =  
私は以前、陶器や生活雑貨を取り扱っている店に勤務しておりました。そこでの仕事は、アルバイトスタッフであっても担当コーナーの業務全てが担当者一人に任され、責任も重いですが、やりがいのあるものでした。展示会などで新たな仕入先を選定したり、焼き物の産地へ足を運び窯元を覗いたり、イベントを企画したり、販売戦略を考えたりする内に、接客というより、企画などを主体とした裏方的な仕事がしたいと思うようになりました。そうした日々の中でカラーコーディネートの知識も身に付け、それを生かしたことがしたいと考えています。ディスプレイをする中でPOPのデザインし、ポスターを作りながら、自分のしたかった事とは・・・と模索し、制作の現場で働きたい、情報を形にする仕事がしたい、という強い考えが生まれました。
 そして情報を形にしていく手段としての学習がしたいと考え、印刷会社に勤務しました。そこで培った初歩的な知識、技術をもっと自信のあるものに伸ばしていく為に、現在、独学ですがDTPの技術についても勉強中です。
本はTVなどのようにスイッチを入れておけば勝手に流れ、入って来るものでは無く、自らの手で触れて、選び取って読むものだと思います。能動的に受け取るメディアの媒体としての本に、とても興味があるのです。そして出版(publishing)について考えました。無名性に形を与えて公(public)なものにするのが原点であると考え、自分のやりたい事はこういう事だと思ったのです。



Copyright (C) 2001‐2017 転職者の自己PR(転職理由・志望動機付) 〜履歴書・面接対策〜 All Rights Reserved