食品系 転職志望者の自己PR

掲載しているPR文は一部です。全てご覧になりたい方は面接データベースをご確認下さい。
転職の自己PRの書き方はこちらをご覧下さい。

掲載されている各種PR文は当サイトに帰属します。無断転写は違法行為(10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金)となりますので、法的手続きも含め対応致します。個人の就職(転職)活動の参考にする事は問題ありません。

転職 自己PR 面接対策No.68
状況 = 第二新卒
転職前の業界 = 食品
転職志望業種 = 食品
転職志望職種 = 企画・開発

自己PR(転職 自己PR 面接対策) =
前職を退職してから一年、人生を考えた時に、年齢的にもギリギリのラインではないかと思い、就職活動にいたりました。
退職してからの一年間は、前職で精神的に疲れ果てていたということもあり、ゆっくり旅行や食べ歩きをしながら自分を見つめなおす時間としていました。
そうした中、改めて自分は食べることが好きだということを自覚しました。何を差し置いても、食べることは一日で一番の楽しみです。そんな自分が食に携わる仕事が出来たなら、この上なく幸せだろうと思っています。

 

転職 自己PR 面接対策No.70
状況 = 第二新卒
転職前の業界 = 委託給食会社
転職志望業種 = 食品(メーカー)
転職志望職種 = 品質管理

自己PR(転職 自己PR 面接対策) =
私は手先が器用で、手芸や工作、料理などの「モノづくり」を得意とします。ですがそれ以上に好きなものがあります。それは私の作った「モノ」で人が喜んでくれることです。
学生時代にパスタ専門店でホールスタッフのアルバイトを経験し、その店は接客にも力を入れていたおかげで、お客様に喜んでもらう嬉しさを感じるようになりました。
家族や友人の誕生日に贈る手作りのプレゼントは、毎年力を入れており、好評を得ています。
ですので、自分のしている仕事が最終的には誰を喜ばすことが出来るのかを考え、前向きに働きたいと思っています。

志望動機(転職理由) =
私は大学卒業後、2004年4月に委託の給食会社に栄養士として入社し、その翌月には管理栄養士免許を取得しました。
その会社では主に本社での献立作成業務でしたが、現場へ応援に行くことも少なくありませんでした。と、言うのも先方との契約上パートさんが急病で欠勤すると、その穴を埋める為に栄養士が行かされたのです。もちろん自分の仕事は出来ずに。
欠員が出た場合の緊急体制が全く整っていないし、従業員(正社員よりパートの方がはるかに多い)には活気もなく、ここで長年働くことは不可能と思い、転職するなら早く退職しなければと思い、2005年3月に退職。

 

転職 自己PR 面接対策No.94
状況 = 転職
転職前の業界 = 健康食品通信販売業
転職志望業種 = 同上
転職志望職種 = 商品企画

自己PR(転職 自己PR 面接対策) =
前職は信用金庫に勤務し、融資渉外担当として約100先の融資先を担当し、地元企業の円滑な経営に寄与してきました。バブル崩壊後の金融再編を受け、入庫後5年半後にライバルの信用金庫へ事業譲渡され、譲受した信用金庫への再雇用という道がありましたが、これも良い機会と考え、当時の取引先である現職(健康食品通信販売業)へ転職しました。現職は少人数であった為、一人何役もこなす必要があった為、媒体制作・商品開発・発送業務等様々な経験をしてきました。規模は決して大きくないものの通信販売業の一連の業務を全て経験してきたことで、各業務についての業務知識が得られました。

志望動機(転職理由) =
現職では景気の低迷もあり、苦戦が強いられており、事業自体が縮小傾向・業態変更も検討されることとなりつつあります。私としては通信販売業についてもっと勉強したい、より規模の大きいところで自身のスキルを高めたいと考え、同業種への転職を希望しています。




Copyright (C) 2001‐2017 転職者の自己PR(転職理由・志望動機付) 〜履歴書・面接対策〜 All Rights Reserved