仕事のポリシーを書いた自己PR例文(転職)

 パターン1:仕事のポリシーを自己PRに書く

例えば、営業経験者が転職する場合、お客さんとの折衝で心がけていた事。
それを実行する事によって、どのような成功があったかなど・・・。
転職活動の自己PRで一番好ましいのは、この自己PRの書き方だと思います。
 

≪自己PR例文≫
社会人になって得たことが、3点あります。
1徹底して調べ上げる、リサーチ力
2データ、知識を元にありとあらゆることを考え、提案する力。
3描いた図を達成するために、周囲を引きずり込む、組織統率力。
そして、この3つを学んだと共に、意識が変わった部分はWIN−LOSEの関係ではなく、WIN-WINの関係を築けるように立ち振る舞うようになったことです。
住宅営業は基本的に社内では、スタントプレーを求められます。しかし、配属された横浜市という土地は、古くからのベットタウンであるため、十二分に目を肥えた客層のエリアでした。そこで、「いかにして生き残るか。」を考えた結果。「徹底したリサーチと、それを元にした提案、更にそれぞれの部門の社内にいるスペシャリストを適材適所、次々と連れてくる。」という策をみつけました。
「新入社員にもかかわらず、設計長が担当設計になる。」という具合にです。そして、一邸一邸ごとに、専属のチームを作ることで、社内処理の連携プレーが可能になり、一見先輩方の仕事を増やしてしまっていたように思えていた状況が、逆にスムーズに仕事が運ぶ、きっかけにもなりました。
プロデューサーとしてのスキルを身につけられたと思います。

転職求人サイト人気比較ランキング / おすすめ転職エージェントの評判比較

[MENU]
転職の自己PR例文HOME
会員登録
転職の自己PRの書き方
転職の自己PR例文@
転職の自己PR例文A
転職の自己PR例文B
転職の自己PR例文C



Copyright (C) 2001‐2017 転職者の自己PR(転職理由・志望動機付) 〜履歴書・面接対策〜 All Rights Reserved