おすすめの転職サイト&エージェントを比較
自己PR例文や面接回答例を比較(HOME)面接の攻略法-有効な自己PRの方法 > 集団面接と個人面接

面接の種類(集団面接と個人面接)

単に面接って言っても、色んな面接があります。
ここでは、個人面接、集団面接について紹介します。

集団面接

1次面接は集団面接がほとんどです。集団面接は面接官 対 学生複数 になります。
イヤでも他の学生と比較されますので、慣れるまではちょっとやりにくいかもしれません。
多分はじめは失敗しますので、本命企業を受ける前に別の企業も受けるようにし、少しでも早く慣れましょう。
また、 集団面接では、複数の学生がいますので、周囲との協調性が重要です。
例えば・・・

個人面接

言葉の通り、面接官 対 あなた1人 の面接です。
個人面接と聞いて、「あぁ緊張するな〜〜」と思うかもしれませんが、集団面接より個人面接の方が緊張しない人の方が多いようです。
集団だったら、話す内容がかぶってしまったりして、ペースを乱される心配がありますが、個人ではそういった事はありません。
集団面接よりも注意しないといけないのは、面接と思わない事!だと私は思っています。
面接と聞くと、質問があって、それに対して回答するイメージかもしれませんが、それは少し違います。個人面接は会話です。

例えば、学生時代に苦労した事は?という質問だとすると、あなたは・・・
「クラブ活動で優勝するために、○○な苦労をしました。この経験から、優勝という結果だけではなく、個々の能力が集まる事で、何十倍もの成果を達成する事を学んだ。」
と答えるとします。
集団面接ではこれで終わりかもしれませんが、個人面接ではここから話が続きます。
面接官は次のように言うかもしれません。
「それは大したものですね。あなたにとってクラブ活動は学生時代の生きがいなんですね。」のように・・・
そしたら、あなたは、それに対してまた自分の意見を発表しないといけません。
なんとなく分かっていただけるでしょうか?個人面接は会話です。1つの質問に対して、1つの回答で終わるとは限らない!という事を覚えておきましょう。
私の場合、会話が弾んで落ちたことはありません。質問されやすいような回答をするのもテクニックの1つだと思います。

MENU

面接の準備
集団面接と個人面接
集団面接の流れ
個人面接の流れ
面接での自己PR
面接での志望動機
面接の攻略法
面接でよくある質問と回答例 

約2,000例の面接回答例をデータベース化しました(新卒は内1,000例)。条件で検索できるので便利だと思います。
面接データベース|よくある質問と回答例

面接ノウハウは ”AfterSeasonの面接講座-よくある質問と回答例”をご覧下さい。

[関連サイト]
転職求人サイト人気比較レポート(直接応募メイン)
転職エージェント比較おすすめ表(20代・30代メイン)
転職エージェント体験レポート(口コミメイン)


就職&転職活動 応援ページ AfterSeason / お問い合わせ先
Copyright (C) 2001‐2015 After Season All Rights Reserve