年末年始ぐらいゆっくりしたらいいと思いますよ。転職エージェントもお休みですし。ただ、年末年始だからこそ出来る転職活動はあります。ここでは、年末年始におすすめの転職活動について紹介します。

 

自己分析で転職の意志を確認しよう

同窓会で友人に刺激をもらおう

同窓会というのは刺激を受けるイベントの1つです。仕事の話は必ず出ます。年収の話なんかにもなるかもしれません。

学生中の友人はライバルであり、利害関係のない相談相手でもあります。転職についての相談相手としてのおすすめ度は「中」といったところでしょうか。

あなたが、転職を考えているという事は何かしら不満があるという事。でも、その不満って誰もが持ってる当たり前の事というケースは多々あります。

転職する程の不満なのかどうか?友人の話を聞いて、もう一度考えるのも良いと思います。「自分の不満・悩みなんて大したことがなかった!」と感じるかもしれません。

ただ、飲みの席のアドバイスは結構適当なので、参考程度でという事は忘れてはいけません。

 

父親は人生の大先輩なり

親戚の意見、特に父親の意見は参考になります。社会人経験数十年です。生きた時代は異なりますが、人生の大先輩です。

今と違い昔は理不尽だらけです。サービス残業、パワハラ等々。それらが正しいわけではありませんが、ちょっと最近は甘すぎるところもあります。

最大の味方である親戚の意見は、今の会社にいるべきか?転職するべきか?話を聞くのは大いに参考になるはずです。

私は学生時代までは父親とは仲が良かったとは言えませんが、転職の相談をした事で関係性が大きく変わったと思っています。ブラック企業に掴まった事で得られた大きな成果の1つだったと思います。

 

自己分析ツールも有効利用

最近は転職サイトで自己分析が出来ます。転職を考えている人は一度やっておいた方がいいかもしれません。

本格的な自己分析ツールを公開しているのは以下の転職サイトです。いずれも会員登録が必要です。会員登録自体は5分もかかりません。

ただし、本格的な自己分析ツールなので、こちらは数十分かかります。それだけちゃんとしたツールという事ですね。

 

リクナビNEXT

企業への応募時に分析結果を添付する事ができます。かなり本格的な自己分析ツールです。推奨は30分程度。実際はそんなにかかりませんでしたが。

リクナビNEXTグッドポイント診断

リクナビNEXTグッドポイント診断の項目

 

@type

 転職サイトでいち早く自己分析ツールを公開していた元祖です。@typeの会員13万人のデータに基づき作成されています。約10分で完了します。

@typeの転職力診断テスト結果

@type転職力診断テスト

 

職務経歴書の作成

まだ応募書類を完成させていない人は、自己分析の結果を踏まえ、職務経歴書を作成してみましょう。出来ればそれを転職エージェントにチェックしてもらうのが良いように思います。

どこの転職エージェントでも職務経歴書のチェックはしてもらえますが、親身な対応をPRしている転職エージェントが好ましいでしょう。

以下、主要転職エージェントのサポートの傾向をまとめた図となります。投稿のあった口コミをまとめた結果となります。

各転職エージェントについて知りたい方はエージェント名クリックで公式サイトに移動できます。

転職エージェントのサポートの傾向を比較(親切?事務的?)

転職エージェントのサポートの傾向を比較(親切?事務的?)

1月の転職活動…年明けは転職エージェントも忙しいと思う

当サイトの例年のアクセス数から推測すると、年始は1月4日からアクセス数が急増します(転職エージェントの登録件数も多い)。その後、1月15日ぐらいから通常に戻ります。

という事は、年明けの転職エージェントはそれなりにカオスな状態になっているのではないだろうか…。

転職エージェントがWEB登録順に案内してくるかは知りませんが、どうせ登録するなら1月4日までに登録しておいた方が良いような気がします。

 1月に転職活動を進め、2月に内定を取得するとすると、引き継ぎと有休をそこそこ取った上で、4月入社が可能となります。

4月入社は新卒の新入社員向けに研修も充実しています。このタイミングで入社出来れば、その後の業務も円滑に進める事が出来ますのでおすすめです。

type転職エージェント JACリクルートメント アイデムスマートエージェント マイナビエージェント Spring転職エージェント doda パソナキャリア リクルートエージェント ハタラクティブ

Twitterでフォローお願いします