30代で未経験の仕事に転職出来る?転職サイトで未経験OKの求人が増加中!

最近、転職市場で30代の「未経験者募集」が増えていることをご存知でしょうか?

昔であれば、未経験者募集というと20代の若者でなければ難しかったものですが、近年はその状況に変化がみられます。

今は売り手市場で、転職するなら絶好のチャンスの時期です。30代であっても未経験の仕事に転職し、自分らしい働き方を実現している人は多く存在します。

転職を考えているなら、今この時期に行動を始めることをおすすめします。

また、職種はそのままで、業種を変える事で大幅な年収UP!というのも可能です。

 

30代未経験の求人が増えている理由

  • 20代を確保出来ない 
  • 採用ハードルの低下
  • 転職が一般的になってきている

これらの理由により、転職市場では30代の未経験者募集が増えています。

 

20代を確保できない

従来の企業側の意向としては「20代で将来性のある若手を取りたい」ということが一般的でした。ただ、求人倍率の観点からも見て取れる通り、近年は 20代の若手確保が難しい状況にあります。

20代の若手というだけでポテンシャル人材としてみなされ、内定を複数獲得してしまうことさえ事例として多くあります。

20代の若手は複数の転職サイトに登録し、たくさんの企業を比較して「企業を選ぶ」ことができてしまう状態なのです。

このように、求職者数は増えず、求人数だけ増え続けている売り手市場の中、ただでさえ求職者の取り合いの状況下であるのに、人気の20代の確保は至難です。

特に名の知れていない中小企業でこの傾向は顕著であり、このような背景から、多くの中小企業の経営者から 「30代の業界・業種未経験者で良いからとにかく人が欲しい」という声をよく聞くようになりました。

求人倍率の増加の結果、20代の確保が困難!これが30代未経験者におすすめと言える理由の一つです。  

 

採用ハードルの低下

1つ目の理由とリンクしますが、近年、 企業の「人手不足」の傾向は強まっています。この人手不足が、30代の未経験者募集が増えている2つ目の理由です。

人手不足が深刻化してきている業種においては、顕著に企業側の採用ハードルが下がっている傾向があります。とにかく 採用ハードルを下げなければ人の確保ができない状況なのです。

具体的には「一般的なビジネススキルがあれば良い」「とにかくやる気さえあれば何歳でも良い」といった声を本当によく聞くようになりました。

実際に応募が来て、面接をする際はいろいろと経歴等を確認することはありますが、それでも企業側はとにかく人が欲しい「人手不足」の状況です。

そうすると書類選考や面接の採用ハードルを下げざるを得ず、実際に多くの企業が採用ハードルを下げ始めています。

その採用ハードルこそ、業種・業界未経験であったり、年齢の部分となります。

企業側の人手不足、これが30代の未経験者におすすめと言える2つ目の理由です。  

 

転職が一般的になってきている

30代の未経験者募集が増えている3つ目の理由は、「転職が一般的になってきている」ことです。

終身雇用の崩壊、年金不安、給料不安など、先が見えない時代です。それに伴い、一社で定年まで勤め上げること自体が難しくなってきており、転職という行為がごく一般的になりつつあります。

昔は転職をするのは限られた一部の人であり、「転職する人は確かなスキルを持って然るべき」との視点で採用を行っている企業も多くありました。30代で転職をするなら、同業種で今までのキャリアを生かして転職がおすすめというのが一般的でした。

しかし近年は、その意識にも変化が見られます。生き方、働き方のオプションが多くなってきた現代において、生涯を通じて一つの仕事をやりきるというイメージを持つ人は減ってきています。

それよりは「今までとは違う働き方をしたい」と キャリアチェンジを選択する人は多く、企業側もその状況を認識し始めているということです。

そのような背景もあり、実際に多くの企業が30代の未経験者を採用し、自社内で育てる方針に切り替え始めています。

企業がその状況を意識し行動を始めたからこそ、30代であっても未経験の仕事へのキャリアチェンジを実現する人が増えてきているのです。

このように、キャリアチェンジの転職が昔に比べて一般的になってきていることが、30代の未経験者におすすめと言える3つ目の理由です。

 

業種未経験と職種未経験は大きく違う

以上の3つの理由により、業種未経験、職種未経験にかかわらず、転職は容易になっています。ただし、ここで注意!

職種未経験者の転職は正直辛い!業種未経験での転職は年収UPが可能!

 

例えば、

・ドラッグストアの薬剤師さん、製薬業界へ転職すると大幅年収UP!
・大手企業の法務担当者、異業種中小企業では重役待遇!
・IT企業のSEさん、IT化の遅れた某業種では大活躍!

といったところでしょうか。
今の環境では冴えない平社員でも、業種を変える事で待遇が大きく変わる事がよくあります。

転職で年収UPを狙うのならば、自分の専門性が生かせる、年収の高い業種に転職するのが手っ取り早いです。

私自身も大手食品業界から中小の製薬メーカーへ転職しただけで、年収100万円UPした事があります。これ20代前半の話ですので、当時の100万円はインパクト大でした。 

年収UPや存在感をUP出来る職場への転職は、自分の能力をフルに生かせることが出来るかもしれません。現実と理想を見極めつつ最良と思われる転職をしましょう。

 

30代で未経験職種への転職

社会人としてキャリアも積み、社内外のことも見えてきて、自分の仕事のやり方も確立し、日々やりがいを感じて働いている・・・ それが理想の姿かもしれませんが、「ほかにやりたい仕事がある」と悩んでいる方も少なくありません。  

ずっと前から夢だった仕事を諦められないという方もいれば、ここまでキャリアを積んだからこそ自分の本当にやりたいことが見つかったという方もいるでしょう。

あなたも30代の今がラストチャンスと考え、転職を考えているかもしれませんね。  

ですが、今の仕事とは別の仕事に挑戦ということになれば未経験での転職になりますので、そう簡単にいかないことも多いでしょう。

未経験での転職は若さが有利になります。新しいことへの吸収力や今後の伸びしろを考えると、企業が30代未経験の採用をためらうのは仕方がないことでしょう。  

30代未経験の転職のリスクを考えた上で行動を起こすかを考えましょう。  

 

メリット

30代未経験での転職でもメリットはたくさんあります。

これまでの社会人生活で積み上げてきた経験は大きな武器になります。新たな職業にチャレンジと考えると、またゼロからのスタートと思われるかもしれませんが、職種・業種をこえて活かせるスキルはたくさんあるのです。  

たとえば、営業で培った交渉やプレゼンの能力は、管理部門で社内制度の立ち上げで発揮できるかもしれませんし、逆に社員のサポートをすることで身につけた気づかいを、営業の場でお客様に対して発揮する場もあるでしょう。  

また、20代と比較してしまえば「若くはない」のは当然ですが、それでも新しいキャリアを積み重ねる時間はまだまだあるというのもメリットになります。  

 

デメリット

その一方、30代未経験ならではのデメリットや注意点もあります。

何度も触れているように、30代は新しい仕事へのチャレンジという見方だと「若くはない」と判断され、採用をためらわれることが多いのです。

「若くはない」ことがなぜデメリットになるのか、いくつか例をあげてみます。

  • 新しいことへの吸収力が弱い
  • これまでのキャリアの経験や知識を引きずりやすい
  • 体力面に不安を感じる
  • 上司や先輩が年下であることがやりにくさに繋がることがある

30代未経験での転職ではこのようなデメリットを解消する必要があります。

ただ「大丈夫です!できます!」と繰り返すだけでは通用しません。採用側が安心できる具体的なエピソードを準備しておくことが大切です。  

そして、30代未経験の場合は転職活動が長引く可能性があることを考えておきましょう。そうなった時に経済的・精神的に不安定になってしまうと、転職に失敗してしまうことも多いです。

余裕を持って活動をするために、在職中に転職活動をすることをおすすめします。  

 

今までのキャリアを活かせることと熱意をアピール

1キャリアをアピール

未経験の仕事にチャレンジとなると、即戦力としての活躍をアピールすることはできません。転職を成功させるには、経験者や20代の候補者とはちがうアピールをしなくてはいけないのです。

それには「今までのキャリアを活かせること」と「その仕事を絶対にやりたいという熱意」がポイントになります。  

「30代未経験転職のメリット」でも言いましたが、それぞれの仕事についての専門知識や経験があることは転職において有利にはなりますが、それだけが社会人としての経験ではありません。  

ビジネスマナーや後輩の指導、プロジェクトリーダーや事務局としての経験、人に対する接し方など、さまざまな実績が未経験の仕事に役立つのです。

今までの自分のキャリアについてささいなことも洗い出し、それがちがう環境でどう活かせるか考えてみてください。  

例えば、カウンセラーの場合、

  • 人事採用としての経験を活かして、的確なアドバイスをするカウンセラー
  • 部下のマネジメントの経験を生かして、しっかりとした指導をするカウンセラー
  • 大学の就職課で事務を経験し、相談者目線で寄り添うことが得意なカウンセラー

のようになります。

あなたのこれまでの経験の中にも、やりたい仕事に生かせるものが必ずあるはずです。自分ではなかなか見つけられないという場合は、周囲の人や転職エージェントに相談してみるのも一つの手段です。

客観的に見たあなたの強みを見つけ出してくれる可能性があります。  

 

2熱意をアピール

また、未経験の仕事に転職するためのもう一つのポイントは「熱意」です。その熱意というのもただ「やりたい」という気持ちだけではなく、その仕事が未経験であることを補うために、必要な知識やスキルを身につける努力を示すことが必要です。  

たとえば資格の取得やセミナーの受講など、具体的な行動を挙げることができればベストでしょう。そして専門書やネットで、その仕事のリアルな情報もしっかりと押さえておきましょう。  

未経験の仕事に「強い熱意」を持つ応募者に対して、企業は「ただの憧れではないのか」「入社後、憧れとのギャップですぐに辞めてしまうのではないか」という不安を抱くものです。

あなたの「熱意」がただの憧れではなく、実際の仕事内容もきちんと把握したうえでの希望だということを説明できるようにしておきましょう。  

また、なぜ30代の今、未経験の仕事に挑戦したいのか、その理由もあわせて話をしましょう。

長年思い続けていた仕事にチャレンジする覚悟ができたのか、これまでの仕事を通して本当にやりたいことが見えてきたのか、いずれにしても今までのキャリアや人生経験の中できっかけとなることがあるはずです。  

そのエピソードを通して、あなたのやる気を伝えましょう。そういった経験に裏打ちされた熱意であれば、相手に強い印象を与えることができるのです。  

 

転職エージェントにも相談しましょう

30代未経験OKの求人を探すには転職エージェントを合わせて利用することをおすすめします。未経験での転職は時間がかかったり、うまくいかない時期があることも多いです。  

そんな時にも、信頼できる転職エージェントに相談することができれば、不安定になることなく腰を据えて活動を続けることができるでしょう。

Twitterでフォローお願いします