転職求人サイトでも第二新卒特集が組まれるなど、最近では第二新卒を狙った採用は増えてきています。でも、本当に第二新卒で転職するべきなんでしょうか?

ここでは、第二新卒での転職メリット・デメリットについて紹介します。一方で、転職しない事で得られる将来的なメリットについても提示します。

後悔しない転職にするためにも、転職しない選択肢について考える事は非常に大切です。いまいちど、自分の心に問いかけてみましょう。

 

第二新卒とは?どういった風に思われる?

第二新卒の立場について考えてみよう

第二新卒とは一般的に次のよう状態の人を言います。

  • 大卒後、数ヶ月~数年で退職した若手(20代)
  • 社会人経験はあるけどまだ1人前じゃない
  • 社会人としての一般常識は備わっている
  • 会社で3年ももたない奴?

一般的に入社3年以内に退職した方を第二新卒と呼ぶことが多いようです。

私自身もかつては入社1年半で退職し、第二新卒として転職活動をして事があります。当時と比較すると認知されましたが、転職市場では企業からすると必ずしも欲しい人材ではありません。

 

第二新卒はここが損!!

第二新卒は社会人経験が少ないため、損する事がたくさんあります。

  • 第二新卒は実務経験が少ないため、即戦力になりにくい。
  • 中途半端な第二新卒なら新卒採用を採用する方が好ましい!と思われる。
  • うちの会社来てもすぐに辞めるのでは・・・と疑われる。

といった事が挙げられます。やはり、入社してもまたすぐに辞めてしまうのではないか?すぐに辞めたのは本人に問題があったのではないか?というように、採用担当者が不安に思うケースが多いようです。

 

第二新卒はここが得!!(こんなに甘くないかも)

それでは第二新卒が良く思われる点はどのような事があるのでしょうか。  

  • 第二新卒は「何がしたいか、目標がしっかりしている」というイメージがある。
  • 第二新卒は社会人としての一般常識が備わっているので、新卒のように1から教えなくてもよい。

  こんなもんです。ご覧のとおり、第二新卒は損をする方が多いでしょう。  

 

第二新卒は転職出来るのか?現実的に考える

第二新卒は転職出来る?

第二新卒と十分にキャリアを積んだ転職者を比較すると、当然第二新卒の方が不利です。

ただ、企業というのは必ずしも新卒や経験を積んだ人材を募集するわけではありません。例えば、従業員の年齢差が激しく、20代若手が欲しいけいども、新卒が卒業する3月を待ってられない・・・こういう場合は、第二新卒を優先的に採用する事になります。  

新卒のようにどこの企業でも自由に応募できるわけではありませんが、自分の希望する企業が求人を募集している可能性もあり、「第二新卒は不利だから転職はしない!」と決めつけるのはチャンスを逃すことになってしまいます。    

 

第二新卒でも転職可能な職種(正社員)

専門知識、資格がなかった場合、新卒よりも選択肢は狭まります。現実的に考えた場合、

  • 営業
  • 販売
  • 事務
  • 製造関連
  • IT関連

ぐらいになります。もちろん、ポテンシャル重視で他の職種でもチャンスはあります。

 

新卒と第二新卒の違い

新卒と比較して可能な職種が減ってしまうのには理由があります。

新卒は 将来成長しそうな学生、会社の中心になりそうな学生 ・・・つまり、ポテンシャルを重視します。転職は 「どんなことができるか」これが最も重要視されます。

第二新卒の厳しいところはここにあります。入社して時間が経っていないので実績してきたことがあまりにも少なすぎるのです。

第二新卒はまだまだ若いので将来性を期待される場合もありますので、全く違った方向への転職も可能です。

ただし、経験がなければ新卒の採用を優先する企業がほとんどですので簡単ではありません。  

 

第二新卒が転職を成功させるために必要な事

転職を成功させる方法

一番大切なのは、

今の会社を辞めた(辞める)理由を納得させる事

です。

新卒で入った会社を数年で辞めようとしているのですから、第二新卒として転職を考える人の多くが、会社に対して何かしらの不満を抱えているでしょう。

「残業が多すぎる」「スキルアップができない」「人間関係が悪い」など、あげたらキリがないほど不満を並べられるという人も少なくありません。  

今の不満をきちんと認識して転職活動に臨むのは大切なことです。自分の不満がわからなければ、次にどんな企業を選んだらいいか判断できないですからね。

でもその不満をそのまま応募書類や面接にぶつけてはいけません。いくら不満が募っていても、その不満のあれこれは胸にしまっておきましょう。そして、前職で積むことのできた経験や勉強になったことに目を向けてください。  

 

後ろ向きな転職理由でも前向きにしなくてはならない

そもそも、入社して短期間で転職しようと思っているのですから、前向きなはずはありません。でも、ここは大人の対応をして下さい。大人の対応を出来ない人を採用したい企業なんてほとんどいませんよね。

 

残業が多いことが不満だった場合

残業が多く体力的にキツイ!よく分かります。でも、これも前向きに表現しましょう。例えば・・・

「そのおかげで常に業務効率について考えるようになった」。

のように説明すると良いでしょう。

 

スキルアップが出来ない

スキルアップができないのを職場の理由だけにしてはいけません。スキルアップは自分でも出来ます。

「会社以外で自己啓発に取り組んだが、企業のバックアップがある環境でさらにスキルを身に付けたい」

のように説明すると、説得力が増しますよね。この場合、企業が研修制度をPRしている場合に限った方が良いでしょう。

 

人間関係に不満があった場合

人間関係を転職理由にしない方が無難です。どこの企業でも合わない相手がいるのが普通です。

あえて、これを話す場合は、

「少しでも人間関係がスムーズにいくように〇〇な工夫をしたが、高圧的な態度は改善される事はなかった・・・」のように説明すると良いでしょう。

 

今後成長できる人材である事をPRする

第二新卒の中には、新卒で入った会社を辞めて転職するということを「失敗」ととらえ、失敗してしまった自分に対して自信を失ってしまっている方も多くいます。  

最初の会社が合わなくて仕事が上手くいかなかったことで、「働く」ということ自体が向いていないんじゃないかと悩んでしまったり、大学時代の友人と比較して落ち込んでしまったり…。

その自信のなさは面接の時にも現れ、面接官に見抜かれてしまいます。  

先ほども触れたように、転職を成功させるには、どんな後ろ向きな感情も前向きに変えることが大切です。

今の会社に入社したことが失敗だと感じるのであれば、その失敗から学べたことを見つけ出しましょう。

そして、入社前と比較して成長している自分に自信を持って転職活動に取り組んでください。  

 

自信過剰はダメ

逆に、自信過剰になっている第二新卒の方もいます。新卒の就職活動であまり苦労しなかったという人は、今回の第二新卒としての転職もすぐにうまくいくだろうと考えてしまいがちです。

また、退職の理由を「今の会社からはもう学べるものはない」と説明したり、「仕事ができます」というアピールを熱心に繰り返したりと、自信にあふれた態度の方も時折見かけます。  

確かに、自分に自信があるというのは、転職において大切なことです。転職活動は言わば社会人としての自分を売り込むということですから、自信のないものを「買ってください」とアピールすることは難しいでしょう。

でも、企業が第二新卒に求めているものを理解すると、「仕事ができる」という強すぎるアピールはプラスではないことがわかるでしょう。  

採用側は第二新卒に「即戦力」を求めているわけではありません。

もし「即戦力」を求めているのであれば第二新卒ではなく、中途採用で募集をかけるはずです。そうではなく第二新卒を求めているということは、社会人としての経験だけでなく、若手ならではの伸びしろや素直さも重要だと考えているということです。  

おすすめなのは、「失敗談」を交えて自分の仕事ぶりをアピールする方法。第二新卒であれば、まだまだ失敗することも多い年代です。

成功経験を並べ立てるより、どんな失敗をしてその失敗をどう乗り越えたのか、その後の仕事にどう活かすことができたのかという経験談の方が、「今後も成長ができる人材」として面接官に印象づけることができるはずです。  

 

第二新卒の転職は前向きでOK!でも、慎重さは忘れずに!

「第二新卒」の求人が定着してきたため、 若いうちに思い切って転職する人は今後も増えていくでしょう。

でも、よく考えずに転職をしてしまうと、次の職場でもうまくいかずに転職を繰り返すことになったり、とりあえずアルバイトを始めそのままフリーターになるケースも少なくありません。

周りが一斉に就職活動をしていた新卒時とはちがい、一人きりでの転職活動にはしっかりとした意志を持ち続けることが必要です。

 

計画的な転職活動を!転職しない選択肢も考えてみよう!

計画的な転職活動を!今の会社に残ったとして10年後を想像してみよう。30代になったら、大抵の仕事は自分で進め、何かを決める時、上司の決裁をもらうことになる。上司は実務詳細はあまり把握せず、あなたの意見を聞いて判断する事が多くなる。

あなたの話の組み立て方次第では自分の思うように話が進み、会社を動かすような仕事も出来るようになる。

一方で、組み立て方が悪いと決裁がおりずにさらに不満が大きくなるかもしれない。

第二新卒、20代の場合、まだこのステージに上がってないケースが多い。転職したとしても、直後はそのステージは見えないでしょう。

転職先でそのステージに上がるのが良いのか?

今の辛い時期を乗り越え、今の会社でそのステージを迎える方が良いのではないか?

一度、そういった事も考えてみると良い。

そんな事を考える余地もなく、転職しか道がないのなら振り返らず転職活動を進めよう!

 

第二新卒のキャリアはこれから開かれる

このまま働き続けるか、それとも再スタートを決心して転職を考えるかは人それぞれ。

何が正しいかなんてわかりませんが、目標のある方は是非チャレンジして欲しいと思っています。  

第二新卒でも十分に転職のチャンスがあります。その転職が人生を良い方向に導く可能性・希望に期待してみるのも悪くない。

ちなみに、これを書いている管理人は、第二新卒で入社した企業に10年以上在籍しています。  

今では管理職を任されており、待遇においても、高校・大学の同級生の中で一番恵まれています。

たまたま運が良かっただけかもしれませんが、第二新卒での転職を選択しなければ、今の企業にめぐりあえていませんでした。

第二新卒で転職を決意して本当に良かったと思っています。  

ただ、何も考えずに退職してしまってはそれはただの無謀です。 何も考えずに辞めてしまう勢いも大事かもしれませんが、やはり、先を見越して行動する方が懸命です。

20代・第二新卒ならば、まだまだやり直しはききます。無謀ではなく、計画的な転職活動を心がけましょう。

 

第二新卒におすすめの転職エージェントと転職サイト

転職活動では直接企業に応募する転職サイトを利用する方法と、転職エージェントに登録した後、キャリアアドバイザーとの面談を行い企業に応募する方法があります。  

ほとんどの転職サイトで、第二新卒特集が組まれていますし、転職エージェントにいたっては、第二新卒を歓迎しているところがほとんどです。  

自分は第二新卒だけども、どのように転職活動を進めたらいいのか分からない、転職が不安・・・という人は転職エージェントの利用がおすすめです。

求人の紹介や応募書類のチェック、面接対策などもしてくれるので、第二新卒の転職活動には心強い存在になります。転職活動の方向性に迷ったときはカウンセリングもしてくれますので、精神的なサポートも期待できるでしょう。

転職活動の進め方、履歴書・職務経歴書の書き方などもアドバイスしてくれますので、1人で転職活動を進めた場合と比較すると、効率が全く異なります。  

 

第二新卒がチェックしておきたい転職エージェント

第二新卒でも転職エージェントを利用できるのか?

 

もちろんYES!
ただ、転職エージェントは企業に人材を紹介する事で報酬を得る。
キャリアのあまりない第二新卒は市場価値が低いと判断されて相手にされない場合もあるよ。

 

そこの見極めが難しいな・・・

 

そうね・・・だから、第二新卒を歓迎する転職エージェントを選択しないとダメ。
そういった転職エージェントを利用すれば、第二新卒でも求人はたくさんあるよ。

 

 

第二新卒ならではの有利な点もあるから、その辺りを上手にPRすれば希望の仕事も夢ではないよ。
具体的にどこの転職エージェントが第二新卒の支援に積極的なのか?を紹介するね!

 

 

20代の求人数も多い「リクルートエージェント」

求人数No.1、実績No.1、転職するなら登録がおすすめ

登録拠点:東京・北海道・宮城・栃木・埼玉・千葉・横浜・静岡・名古屋・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡

リクルートエージェントのサービス紹介

 

求人数
全公開求人数は約40,000件
第二新卒が応募可能な求人は約4,000件

 

本来、第二新卒専用のエージェントをおすすめする方がいいのかもしれませんが、第二新卒専用のエージェントは保有求人が少なく、自分の可能性を狭めてしまう可能性があります。

未経験が応募可能な求人であれば、第二新卒でも応募できる可能性もありますので、まずはリクルートエージェントで自分の可能性を探ってみるのが好ましいと思います。

リクルートエージェントで相手にされなかったり、満足が出来なかった場合は第二新卒専用のエージェントを検討してみましょう。

 

 

ホームページ上で20代の転職への積極性をPR「マイナビエージェント」

マイナビ転職でも有名!マイナビが運営する転職エージェント

登録拠点:東京・北海道・横浜・名古屋・大阪・福岡

これは、トップページから抜粋した画像です。
赤枠で囲ってあるところに注目

 

マイナビエージェントは20代の転職に積極的

こんだけはっきり書いてたら、さすがに積極的だろうな。納得♪
求人数
全公開求人数は約13,000件
第二新卒が応募可能な求人は約2,000件

マイナビエージェントは直接応募のマイナビ転職と同じ株式会社マイナビが運営。マイナビ転職はリクナビNEXTにも匹敵する程、メジャーだけど、転職エージェント部門ではやや見劣りしてしまいます。

ただ、人材ビジネスの経験は非常に豊富で歴史もある。安心して利用できる転職エージェントの1つである事に間違いはありません。

 

 

 

既卒・第二新卒に特化した「ハタラクティブ」

既卒・第二新卒に強いエージェント!

登録拠点:東京

ハタラクティブのサービス紹介 第二新卒・既卒・フリーター専用の転職エージェントです。最近は色々な第二新卒専用のエージェントが出てきてますが、ここは先駆けて第二新卒の支援を行っておりました。古ければ良いっていうわけでもありませんが、実績より安心して相談できるエージェントの1社と言えるでしょう。

 

 

20代・第二新卒が利用できる転職エージェントはやや制限される

今回紹介していないエージェントが第二新卒が不可というわけではありませんが、消極的なところが多いのも事実です。

各転職エージェントのWEBサイトにて、第二新卒関連のコンテンツがなければ避けた方が無難かもしれません。 

それぞれの転職エージェントが対応しているであろう年代をまとめました。
エージェント名クリックで公式サイトへ移動できます。

年収別・年代別のおすすめの転職エージェント

 

第二新卒がチェックしておきたい転職サイト(求人に直接応募)

まずは、直接応募の転職求人サイトから紹介します。

 

新卒時の愛着満載!「リクナビNEXT」

リクナビNEXTのサービス紹介

求職者の8割が利用する定番サイト。独占求人多数!

求人数
全求人数は約10,000件
第二新卒が応募可能な求人は約7,500件

リクナビNEXTは全求人数も多く、第二新卒が応募可能な求人も国内トップクラスです。また、ノウハウが非常に豊富ですので、マニュアルのような使い方も出来ます。

登録者の多い転職サイトなので、ライバルが多いのも事実ですが、リクナビNEXTなしは考えにくいです。 

また、新卒ではリクナビを使った就職活動が常識だったと思います。愛着があるのか第二新卒の皆さんにも好評のようです。

次のような口コミが何件か投稿されています。 

いつもリクナビを見ていたので、NEXTというだけで抵抗がなかったです。使い勝手も良かったです。
転職サイトを見る人は、新卒で就活をしていた時にリクナビを使っている学生がほとんどだと思うので、統一感は大切だと思います。

リクナビに愛着があったので、「リクナビ 転職」で検索したら「リクナビNEXT」が出てきました。
検索やマイページ等の用途が分けてまとめられており、目的のページに飛ぶことに関しては他のサイトよりもわかりやすい印象でした。
掲載企業数がとても多く、使いやすいです。 

みんな当たり前のようにリクナビNEXTを使います。
やっぱり新卒時代で使っていて愛着があるという事ですよね。

 

ミスマッチを避ける!「はたらいく」

はたらいくのサービス紹介

20代・第二新卒の求人、地方の求人が多い!

求人数
全求人数は約8,500件
第二新卒が応募可能な求人は約3,500件

 約3割(推定)は契約社員の求人となりますので、正社員希望の方は気をつけましょう。 

リクナビNEXTと同じくリクルートが運営する転職サイトです。はたらいくは、地元密着型として差別化されており、大手企業よりも中小企業の求人が充実しています。

結果的に第二新卒が応募可能な求人も多くなっています。したい仕事があるけど、未経験で挑戦するにはハードルが高い場合でも、はたらいくならば、そのきっかけを見付けることができるかもしれません。 

また、らいくサービスといって、何となくいいなぁと思った企業にその気持ちを伝える事が出来る等、通常の求人サイトよりも雇用のミスマッチを防ぐための機能が充実している印象です。

第二新卒者にとって、これ以上のミスマッチは避けたいものです。はたらいくならば、そのリスクを抑えた活動が可能と言えるでしょう。

こんな口コミが投稿されています。

せきらら求人は会社の良いところばかりでなく、
ちゃんとデメリットについても書いてあるので逆に信用ができそうです。
転職したらはい終わり、ではなく働いてからのことも考えられているので利用者にとってもメリットが大きいと思います。

最初の画面に転職のノウハウが書かれており、初めての方も安心して利用できると思います。
ほかの転職サイトよりも、図が交えてあり見やすかったです。
他のも、細かい文字で情報が画面いっぱいに載っているわけではなく、
必要だと思われるものが、大きく乗っていたのも使いやすいのではないかと感じました。

ミスマッチは何としても避けたい第二新卒にとっては魅力的な内容ですね。
中小企業の求人が多いので、大手も狙いたい方はリクナビNEXTも併用しましょう。

 

自己分析ツールがおすすめ「@type」

typeのサービス紹介

自己分析ツール、ノウハウが豊富

求人数
全求人数は約3,000件
第二新卒が応募可能な求人は約2,500件
となります(女の転職@typeを含む)。

「第二新卒はもう失敗できない!」これは、第二新卒者なら皆が思う事だと思います。そのためには、自己分析が大事です。@typeの自己分析ツールは転職サイトNo.1と言っても過言ではありません。 

転職力診断テストをはじめ、自己分析ツールで自分を知って転職に臨みましょう。

@typeの転職力診断テスト結果

おっちゃんがやった診断結果やで!もうちょっと頑張らなあかんな!

最近では残業時間での検索が可能になったり、より見やすい求人情報画面など、雇用のマッチを意識したサイト構成になっています。

ミスマッチは何としても避けたい第二新卒には心強い求人サイトとなっています。

 

第二新卒・20代前半はほとんどの転職サイトが使えるよ

あえて選ぶとすれば、20代前半・第二新卒の方におすすめの求人サイトはリクナビNEXTはたらいくとなります。

繰り返しになりますが、ほぼ全ての転職サイトで第二新卒応募可能な求人を検索出来るようになっています。 

以下、比較図も参考にして使いやすい転職サイトを探してください。

転職サイト名クリックで公式サイトへ移動できます。

 

 

リクナビNEXT ビズリーチ キャリトレ キャリアカーバー はたらいく 転職サイト@type MIIDAS マイナビ転職 エン転職 女の転職@type とらばーゆ

 

 

Twitterでフォローお願いします