30代・40代の転職理由の上位にあがるのが「会社の将来性が不安」です。30代以上ともなると社会人としての経験値も上がり、会社の方向性や業界の展望についても見極められる時期でしょう。

そんな中、会社の将来性に不安を感じているのであれば、転職を検討するのも当然の流れです。 40代以降の転職理由に「リストラ・倒産」が目立つようになることを考えると、30代のうちに転職活動を行うのは懸命な選択かもしれません。 今回は「会社の将来性が不安」で転職を考えている方に、注意点や効果的な転職活動についてご紹介します!  

結論 30代まで経験を積んだあなた!企画を提案してみたら?それでダメなら転職したら?

 

「会社の将来性が不安」は立派な転職理由

まず、転職理由にはどんなものがあるのかを見てみましょう(dodaより)。赤線に注目です。

最近、「会社の将来性が不安」が減ったきたのは好景気の影響ですね。それでも、将来性を不安視する声はまだ多い。特に40代では安定の1位です。 当然、立派な転職理由になりますが、それをそのまま面接で言うだけじゃアウト。

あなたが不安を感じる理由をきちんと説明しなければいけません。 リストラなど明白な理由がある場合はそれでOKですが、そうでなければ具体的に相手を納得させる理由が必要です。

例えば「開発力が弱く新商品が出ない。経営陣もそれに対して手を打たない」とか、「離職率が高く教育制度が整っていないため人材が育たない」とか。

きちんと言葉で不安を説明できることで、企業はその理由に納得することができるのです。  

 

転職する前に出来る事はないかを考えよう

そして、不安の理由がはっきりとわかったら、転職をする前に、まずは今の会社でできることがないのか考えてみてください。 経営陣に意見をしてみたり、それが難しいようだったら直属の上司に相談してみるのもいいでしょう。

point 不満をぶつけるのではなく、相談や提案というかたちで話をしてみることです

これまでキャリアを積み上げてきた30代・40代だからこそ不安をもとに建設的な行動を起こすことができますし、もしかしたら会社側もそういった改革を期待しているかもしれません。ぜひ会社を辞める前に実際にアクションをとってみてください。

大企業で経営陣に提案するのはハードルが高いかもしれませんが、中小企業なら社長との距離も短いはず。30代、40代ならば社長が参加する会議にも出席するでしょう。 どうせ辞める前提なら、自分の想いを声に出して主張すれば良い!それでも会社が変わらなければ、その時にきっぱりと退職をすれば良いのです。

具体的に行動を起こしたことは、転職時の面接でもきっと評価されるでしょう。 課題を発見する分析力と解決に動く行動力はどんな職場でも活かせるはずです!  

 

転職活動も同時並行で進めておこう

かといって、今の会社に在職している間、転職活動を進められないのも不安です。転職サイトや転職エージェントでの情報集めをおすすめします。 いろいろな求人を見ることで、今の転職市場がわかってきますし、自分の希望する仕事ではどんな人材が求められているのかを探ることができます。

また、転職エージェントは直接面談するだけでなくメールや電話での相談にも応じてくれるので、忙しい30代の転職活動にはもってこい!使わない手はありません!  

 

ゆずれないポイントを明確にしましょう

これは30代・40代での転職に限らず大切なことですが、転職の際には自分の中の優先順位をはっきりさせることが重要です。

「会社の将来性が不安」という理由で転職活動を始めると、とにかく業績の良い会社、給与の良い会社を探すことが目的になってしまいがちですが、自分にとっての最優先事項が本当にそれなのか、冷静に考えることが必要になってきます。  

 

転職先に求めるものは?家族にも相談しよう

仕事の内容、職場の環境、ライフワークバランス、福利厚生など転職のポイントになる項目を洗い出し、自分にとって何がゆずれないのか、きちんと考えましょう。 また、30代・40代になると家族を持つ人も多くなると思います。

自分だけでなく、家族の意見もきちんと確かめておくことも大切なことです。 転職活動をすすめるにあたって、家族の応援が得られずに路線を変更する方というのは予想以上に多いのです。 あらかじめ相談し家族の意見も知っておくことで、転職活動をスムーズにすすめることができるようになります。  

 

転職を成功させるため、企業選びはしっかりと!

同じ理由で転職を繰り返すなんてことがないよう、企業選びは慎重に行いたいですよね!転職先の将来性はしっかりと見極めましょう。 それにはできるだけ信頼できる情報を集めること。

30代・40代の転職であれば、同業種の企業情報などには詳しくなっているでしょう。 その中で伸びそうな企業があれば求人募集をしていないかホームページで確認してみましょう。直接入手した情報は何よりも信頼できます。  

 

転職エージェントも有効利用するべき

企業の情報を手に入れる手段はたくさんあります。転職エージェントの担当者も直接企業とやり取りをしていますので、応募先の雰囲気など実際に近い情報を提供してくれるでしょう。

聞きづらいことも転職エージェントを通すことで確認することができます。

 

経営者と面談出来れば一番良い

そして、もし面接で手ごたえを感じるようであれば、社長や経営陣と話すことができないか提案してみるのもいいでしょう。 特に中小企業では、社長の考え方が会社の経営に大きく影響するもの。

社長の考え方に共感できるかどうかは、企業選びに欠かせないポイントです。 キャリアを積んだ30代・40代には、若い時とは違う地に足のついた視点で、しっかりと企業を選んでほしいと思います。  

 

30代・40代の転職は慎重かつ大胆に!

会社の将来性に不安を感じたまま働き続けるのはつらいもの。そのまま働き盛りの30代・40代を終えてしまうのはとてもリスクが高いです。

かといって、やみくもに転職活動をしてもいい結果は得られません。転職サイトや転職エージェントをうまく利用して、「転職してよかった!」と心から思える結果を手に入れてください。

Twitterでフォローお願いします