ITエンジニアにおすすめの転職エージェント、転職サイトを見付けたい方はここをクリック(↓まで移動します)

 

ITエンジニアなら、技術を磨き、それを認められて働きたいものですよね。しかし、たくさんあるIT企業のうち、どのような企業があなたの技術を買ってくれるか分かりませんよね。そこで、ITエンジニアが、技術を究めるスペシャリストになれる転職法を紹介いたします。  

 

Contents

ITエンジニアのキャリアUPのポイント!転職するなら技術力が高まる企業へ

ITエンジニアと一口にいっても、その職種は多岐にわたります。一般には、スペシャリストのプログラマーなどが思い浮かびますが、これ以外にもITSS標準では、セキュリティやデータベース、ネットワークなど、6つの分野をスペシャリストとして挙げています。  

資格もこれに対応して、情報処理技術者試験の分野として、情報セキュリティスペシャリスト、ネットワークスペシャリストなどの資格が整備されています。ITエンジニアとしてステップアップするには、こうした技術を究められる企業への転職を目指す、ということになります。  

 

技術を究めるための狙い目の企業

あなたが技術を究めるために転職した方が良い企業は、端的にいえば、「技術力がある会社」です。技術力がある会社は、当然のことながら、優れた技術者を正当に評価し、働きやすい環境を考えています。特に、次の4つのタイプの企業が、「技術力のある会社」といえます。  

 

①中規模以上の企業

企業規模が一定以上の企業では、任される仕事が専門分化されるため、エンジニアには、オールラウンドな能力よりスペシャリストとしての能力を求められる場面が増えてきます。  

また、こうした企業は、単にコーディングをするだけの下請的発想より、システム全体を構想する専門性の高い知見が求められることが多くなります。企業経営も安定しているところが多く、資格取得制度なども充実しているため、駆け出しのエンジニアにはおすすめしたい転職先です。  

 

②技術に特化した企業

また、技術的に特化した強みを持っているところも理想です。例えば、スマホアプリの開発に強い、IoTの開発案件が多いといった特徴のほかに、Javaに特化している、Linuxの関連に特化している、といった会社もあります。  

ご自身で伸ばしたいスキルや開発分野が具体的にある場合は、それに見合った企業を探すという手もあるでしょう。  

 

③自社サービスを展開している企業

また、動画配信サイトや地図情報検索サービス、旅行予約サイト運営など、自社で独自にサービスを展開し、社内に開発部隊を持っている会社も狙い目です。こうした企業では、スキルの高いプログラマーを求め、純粋に技術のみで評価してくれる傾向があります。腕に自信があるタイプのエンジニアにはおすすめしたい転職先です。  

 

④経営者も技術者出身

これも一般にいえますが、エンジニア出身の経営者の場合、ご自身が技術に通じているというだけではなく、エンジニアが評価して欲しい微妙なポイントまで通じているという点で、働きやすさを求めたいスペシャリストにはおすすめしたい転職先のタイプです。  

 

技術を究めるITエンジニアのおすすめ転職法

それでは、実際にスペシャリスト志向のITエンジニアは、どのようにして転職すれば良いのでしょうか。そのハウツーを考えてみましょう。  

 

①転職活動の必勝パターン

転職活動の必勝パターンは、万人受けする方法ではなく、マニア受けする方法です。「分かる人には分かる」「知る人ぞ知る」という視点で、転職書類を作成し(ただし、最低限のビジネス文書のマナーは守ります)、面接も技術の話だけで盛り上がろうという意気込みでのぞみましょう。単に技術が好き、という言葉ではなく、熱量が伝わる内容にすることがポイントです。  

 

②おすすめの転職サービス

エンジニアの強い転職サイトがおすすめです。こうしたサイトでは、職歴などもエンジニア向けに入力構成されており、PRしやすくなっており使い勝手が良いです。  また、転職エージェントに転職先の紹介を頼む場合も、大手のエージェントより、IT業界やWeb業界に特化したエージェントがおすすめです。こうした転職エージェントは、現場部門の責任者とコネクションを構築しているところが多く、転職の必勝パターンが発揮しやすいところが多いです。

 

③転職活動の注意点/ポイント

スペシャリストの転職活動で注意すべきポイントは、まず、転職サービスを活用する場合、人を介した情報のため、技術の理解力にばらつきがあります。  

転職サイトでは掲載サイトの力量によりますし、転職エージェントもキャリアアドバイザーによってばらつきが出てきます。現場部門と同じ理解力は期待せず、もっぱら転職サポートの充実度を求めた方が良いでしょう。  

次に、転職活動でスペシャリストが見落としがちなポイントが、現場部門と面接した際に、開発環境がどうなっているかです。 てっきりMacが使える環境かと思ったら、Windows環境しかなく、PCを自前のものを持ち込むなどという話はよく聞きますので、確認が漏れることのないようにしましょう。  

面接では技術的な面に集中してしまうので忘れられがちですが、待遇面の確認も怠らないようにしましょう。  

特に駆け出しのエンジニアの場合は、技術を磨くためには、一定期間、安心して働ける環境で実績を積むことが重要です。技術的な面白さより、待遇面での安定性を重視することをおすすめします。

 

ITスキルは一生モノのスキル

全業界でIT化が進んだ昨今において、IT業界で「腕一本で食べていけるスキル」というのは、一生モノの財産といって良いでしょう。スペシャリストになるというのは、簡単なことではありませんが、きちんとした環境でしっかり腕を磨けば、誰にでもチャンスは開かれています。

 

ITコンサルへの転職成功(キャリア形成)のポイント

コンサルティングというと格好良い響きがありますが、ユーザーの業務課題をITで解決する、その「達成感」は誰もが味わってみたいもの。ITコンサルタントの職を手に入れるには、あなたがコンサルタントとしてふさわしい能力と経験があることを、書類や面接において、説得力をもって示せなければなりません。具体的に分析して考えてみましょう。  

 

ITコンサルタントに必要な能力

①課題解決を5W1Hで論理的に説明(記述)できる

コンサルタントとして、エンドユーザーに説得力を持って説明するための基本的なもので、優れたビジネス文書やプレゼンテーションに必ず備わっている要素です。5W1Hで課題解決を可視化し、筋の通った論理によって納得感を与えるのです。  

 

②技術だけではなく、数字にも強い

エンドユーザーの業務課題を解決するための技術的な知見があることは当然ですが、その解決の「効果」を具体的に示すことができるよう、数字にも強いことが必須です。具体的な金額レベルにまで落とし込める能力があると高い評価を得られます。  

 

③交渉力と調整力

交渉力と調整力とは、問題解決を押し付けるものではなく、互いに協力するためのウィン・ウィンの関係を築く力で、この後に続くITソリューションをスムーズに導入するためにも必要なものです。  

 

ITコンサルタントに必要な経験・資格

ITコンサルタントに必要な経験としては、システム開発の上流工程(顧客折衝、提案、要件定義)の経験が多ければ多いほど良いです。  

ただし、経験が乏しい方、未経験の方は、ITコーディネータ、中小企業診断士、ITストラテジストといった資格で補強することもできます。いずれも難関資格ですが、プロフェッショナルになるためには必要な試練だと思ってチャレンジしてみましょう。  

 

ITコンサル職への狙い目の企業

ここでは、ITコンサル職への転身を果たすために、狙い目とする企業のタイプを3つご紹介したいと思います。  

 

1.大手ITベンダー企業

国内では、富士通や日立、NECといった総合電機メーカーや外資系ではIBMといった企業が該当します。  

国内系の電機メーカーは、大手企業を顧客として、総合的なITサービスを実現するため、子会社にITソリューション事業を展開している会社を持っているケースが大半です。  

IBMなどの外資系の場合は、自社内にITコンサルティングのセクションがあり、やはり大手顧客を対象としたITコンサル事業を展開しています。  

 

2.コンサルティングファーム

野村総研、アクセンチュア、プライスウォーターハウスといった企業がこれに当たります。  

自社のITサービスの導入実現のために動くのではなく、よりユーザー側に立って、課題解決の分析やIT戦略の立案、予算やソリューション(解決法)の提案をする企業です。

ケースによっては、コンサルティングだけではなく、システム導入の支援・アドバイザーを引き受けることもあります。

 

3.SIer

システムインテグレーターの略です。システムを構築する際に、ユーザーの業務を把握・分析し、ユーザーの課題を解決するようなシステムの企画、構築、運用サポートなどの業務をすべて請け負うこと企業です。  

ちょうど①と②のちょうど中間に位置する企業で、ユーザーに合わせた独自のシステム構築を行う点で①と異なり、コンサルティングだけで終わらず、その後の保守運用まで請け負う点で、②とも異なります。  

 

ITコンサルへの賢い転職方法

ここからは、あなたが望むキャリアプランを叶えられる、ITコンサルへの賢い転職方法を解説します。  

1.転職活動の必勝ポイント

ポイントは「突き詰める」。履歴書・職務経歴書といった書類だけではなく、面接時の自己PRや質疑応答に至るまで、5W1Hを駆使し、明快で論理的な文章や説明を極めることが重要です。  

それが、一方的な働きかけで押し付けがましいものではなく、相手が自然と腑に落ちる「納得」にまで高められていることです。   自分という商品について、説得力を持って売り込めない人が、会社へ問題解決を提案するコンサルティングなど出来るわけがありません。転職書類は提案書であり、面接の場はプレゼンテーションの場なのです。  

説得という言葉への意識を高めること、転職に対する意識改革が出来る人が厳しい選考をパスできるのです。  

 

2.年代によって変わる転職サービスの利用法

次に、具体的な転職サービス(転職サイト、転職エージェントなど)の利用のポイントですが、コンサル業界の場合は年代によって変わります。  

20代の方の場合は、コンサルティングの重要フェーズを任されることなく、もっぱら資料作成などの下積みが多く、会社側もポテンシャル部分を採用するウェイトが高いです。そこで、一般的な転職サイトでも十分有望な転職先を見つけられます。  

30代の方の場合は、高いコミュニケーション力や深い業界知識などを求められることが大きいので、キャリア採用の要素が高い転職エージェントの方が、利用メリットは高くなるでしょう。  

40代の方の場合は、人脈を利用する、ヘッドハンターを利用するといった方法も考えていきましょう。  

コンサル系は高年収の職種となり、ハイキャリア向けの転職サイト、転職エージェントでも求人を探す事ができます。以下参考にして下さい。 

 

ITコンサルタントはフリーランスで独立できる

ITコンサルタントは、プログラマーやWebデザイナーと同じように、自分自身を財産にして、フリーランスで独立できる仕事でもあります。経験を積めば、人脈を活かして一生の仕事にしていくことが出来ますし、独立すれば自分のペースで仕事を請けることが出来るようにもなるでしょう。

ただし、そこに至るには厳しいプロフェッショナルへの道を通らなければなりません。この記事を武器にして、ぜひ関門を突破して欲しいと思います。

ただ、システムの実現性というベースがあってはじめて成り立つ仕事なので、技術的な知見が必要なことはいうまでもありません。技術にもマネジメントにも通じる人材ということで、会社にとって貴重な戦力となる専門職なのです。

 

マネジメント力を発揮できるIT専門職へのおすすめ転職法

日本のIT業界では、年齢につれ、会社から求められるスキルが、コーディングなどの技術力より、メンバーをまとめるようなマネジメントスキルに変わってくる傾向があります。

一作業者としてではなく、開発全体を見渡せるような専門職は魅力がありますよね?こうしたIT専門職への転職法を紹介します!  

 

マネジメントを発揮するIT専門職のキャリア形成のポイント

日本では一般に、開発エンジニアの(コーダー、プログラマー、テスター)のチームをまとめる役をSE、さらにその上で、開発プロジェクト全体を管理するプロジェクトリーダー(PL)、プロジェクトマネージャー(PM)といったポジションが位置付けられています。  

上に行くに従って、管理的・事務的な仕事のウエイトが大きくなり、中には開発予算の管理まで任されたり、顧客折衝や見積に参画したりするPL、PMもいます。  

ただ、システムの実現性というベースがあってはじめて成り立つ仕事なので、技術的な知見が必要なことはいうまでもありません。技術にもマネジメントにも通じる人材ということで、会社にとって貴重な戦力となる専門職なのです。  

 

マネジメント能力を発揮できる狙い目の企業

こうしたマネジメント能力を評価してくれる企業のタイプは、大きく、次の3タイプに分けられます。  

①「元請け」のSIer、システム開発会社

エンドユーザーから直接開発を受託している元請けのSIer、システム開発会社(SES)がまず候補に挙げられます。こうした企業では、多重請負構造の中で、下に協力会社がついて、開発を進める方式が取られます。  

おのずとこうした協力会社や自社の開発メンバーをまとめるポジションが多く求められることになります。中規模以上の開発案件の経験が豊富で、協力会社のマネジメント経験があるエンジニアにはおすすめしたい企業のタイプです。  

ただし、このとき、中堅規模以下(具体的には売上高50億円以下)のシステム開発会社(SES)は避けるのが無難です。こうした会社では、開発体制を自社で一括して元請けしているケースは少ないからです。  

 

②自社サービスを展開している企業

動画配信サイトやスマホ用の地図情報アプリの提供、ゲームといった、自社で独自にサービスを構築・展開している企業も狙い目の1つです。こうした企業では、管理コストの低減などの効率化が、業績貢献で評価される傾向があり、あなたの計数管理能力が評価される企業が多いです。  

 

③急成長中の企業

このタイプの狙い目企業は、ちょっとリスキーですが、当たればチャンスが大きい企業です。得てして急成長中の企業は、事業を安定的に軌道に乗せるための、中堅ポジション、つまり管理マネジメントを発揮する人材が不足しがちになります。  

こうしたポジションの空きを狙って、管理スキルを活かしたマネジメントポジションを目指すという方法です。若手のPL経験者などにはおすすめしやすい企業のタイプです。  

 

マネジメント力を発揮するITエンジニアの賢い転職法

では、実際にどのような転職活動をすれば、上記のような企業への転職に成功するのか、そのハウツーを説明しましょう。  

 

①転職活動の必勝法

転職活動として、おすすめしたいPR方法は、技術者視点で語るのではなく、ビジネス視点で自己PRや経験、スキルを強調していくことです。  

面接する現場部門のトップは、あなたが入社してくれるならば、どれだけの管理を省力化できるか、どれだけのエンジニア・メンバーを任せられるか、どれだけ計数管理ができるか、という視点で評価してきます。  

そのため、必要なPRポイントは技術力ではなく、利益貢献の視点になるのです。ご自身が考えているより、技術的な面での質問は少ないと考えるべきでしょう。準備する履歴書・職務経歴書も、どこにでも通用するような、しっかりしたビジネス文書としての体裁を整えた方が好感度は高いです。  

 

②転職サービスはどのように活用するべきか

SE、PL、PMでキャリアアップするための転職サービスですが、非常に多彩な選択肢があります。なぜなら、こうした管理スキル、マネジメントスキルを持った人材はIT業界の中では、圧倒的に人材不足の状態(売り手市場)が続いており、採用する側が積極的に予算を組んで求人広告を出しているからです。  

そのため、重要なポイントは、いかに効果的・効率的に自分の希望にあった、有望な求人情報を集めるか、ということです。一般的な求人サイトでもエンジニアに特化したサイトでも様々な情報が出ており、ヘタに手を広げると情報に溺れてしまいます。  

個人的におすすめなのは、業界に特化した転職エージェントを数社当たりながら、自分の希望に近い求人情報を出しているサイトを研究しながら、徐々に手を広げていくやり方が効果的です。 

 

③転職活動の注意点

転職活動における最大の注意点は、SE、PL、PMといった役割・ポジションは、各社でそれぞれ独自の考え方があり、求められるマネジメント・管理スキルも微妙に違うということです。特に現場部門との面接の段階で、違和感があることが多く出てくると思います。  

完全に自分の理想にあったポジションはありません。どこかで折り合いをつけながら、自分の求める形に近いポジションを提供してくれる会社を探すしかありません。  

現場部門との面接では、具体的にどのような役割が求められるポジションなのか、細かいところまでしっかり確認しましょう。  

 

どこのIT企業でも通用する

IT業界では、年齢とキャリアにつれ、求められる中堅のポジションは空きが多く、優秀な人材も不足しています。裏を返せばそれだけチャンスも大きい仕事ともいえます。 また、管理やマネジメントといったスキルは通用性が高く、様々な企業で応用が利くスキルです。一度身に付けたら、強力な武器になるでしょう。是非、転職に成功することで武器を手に入れていただきたいと思います。

 

ITエンジニアの転職におすすめの資格って何?

時代の最先端を行くITエンジニア。以前はマシン語を分厚い本で学習するような敷居の高さがありましたが、今では様々な資格制度が整備され、初心者からステップアップできるようになりました。

ITエンジニアを目指す人、さらにステップアップしたい人はどのような資格を取ればいいでしょうか。職種ごとに解説していきましょう。  

 

プログラマーが取得しておきたい資格

基本情報技術者試験

IT技術者の登竜門として、非常に有名な資格試験です。IT系の専門学校でも、この合格者を競い合うほどポピュラーであります(専門学校のカリキュラムをクリアしていたら、試験の一部免除が受けられるケースもあります。)。  

試験の一部には、システムの企画等に携わるものもありますが、中心部分は、システムの設計・開発・運用に関わる部分であり、上位者(PM)等の指示に従い、正確・確実に情報システムを構築する能力を問われます。  

ただ、試験全体は、従来の業務用システムに関わる設問が中心で、最近のスマホアプリ設計技術に関する知識などに追いついていないきらいはありますが、アルゴリズムやデータ構造など、エンジニアとしての標準知識としては十分に通用します。

 

その後に取得を目指したい資格

プログラマーは、幅の広い業界で、Web系、業務系、アプリエンジニア等、その開発対象となるシステム、ソフト等で知っておくべきプログラミング言語が全く異なります。そのため、対応する資格も異なります。  

例えば、 Java・・・Oracle Certified Java Programmer C言語・・・C言語プログラミング能力認定試験 Webアプリ・・・CIW といったところが、その先のステップアップになる資格となるでしょう。

 

SEを目指す人が取得しておきたい資格

日本では、SEというと非常に幅の広い職種概念ですが、ここでは、いわゆるプログラマーを除外します。具体的な業務課題を解決するためのシステム構築をプランニングし、設計できる業務に限定して資格を紹介します。  

 

応用情報技術者試験

システム開発の上流工程といわれる、要件定義や基本設計といわれる段階で必要とされる知識を習得する試験です。システムの要件や機能を定義するだけではなく、プランナーとして、予算、工程、品質を管理し、従来とのシステムの組み合わせも調整する技術的検討が可能な職務能力を身に着けます。

日本では、SEの登竜門として位置づけられていて、民間企業において資格取得の補助制度が多く行われている資格です。  

 

システムアーキテクト試験

以前は、アプリケーションエンジニアとされていた資格ですが、情報システムや組み込みシステムにおける設計、システム開発を主導する上級システムエンジニアの資格です。応用情報技術者試験が、基礎を身につけるものとして、こちらは、情報システムの開発の主導者となれるようなエンジニアのチーフ的存在が取得する資格です。  

 

ネットワークエンジニアが取得しておきたい資格

 

CCNA

正式には、Cisco Certified Network Associateといいます。世界最大手のネットワーク機器メーカーであるシスコ社による技術者認定資格ですが、民間資格であるにも関わらず、ネットワークエンジニアのほぼ100%が、ネットワークエンジニアに必要な資格として挙げるほど有名な資格です。  

実際に知識内容も、ネットワークエンジニア、インフラエンジニアとして知っておくべき最低限の知識が網羅されており、物理サーバだけではなく、最近のクラウドサーバにも対応した水準となっています。

気になる点は、3年に1度、必ず更新しなければならないことですが、取得して実務経験を積んだら更新せずに転職しても十分通用します。  

 

ネットワークスペシャリスト試験

IPAが運営しているネットワークエンジニアの資格試験ですが、CCNAほどポピュラーではありませんが、十分に通用する高度な技術者試験です。求める技術水準としても、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守における専門知識・技術支援、セキュリティに関する知識等、ネットワークエンジニアとして自立するための知識水準が網羅されています。

 

ITコンサルタントを目指す人が取得しておきたい資格

 

ITストラテジスト試験

ストラテジスト(戦略家)のIT技術版。企業の経営戦略を理解したうえで、ビジネスモデルや企業活動のある業務プロセスについて、ITを通じた業務革新、問題解決、経営の最適化を経営陣に提案・推進する能力を問う試験です。  

そのための基本戦略等や用語等を学ぶことができます。技術専門職というより、多分に経営用語に通じている必要があるため、中小企業診断士や弁理士などの資格取得者には科目免除が認められています。  

 

プロジェクトマネージャ試験

一般にPMと略されることが多いプロジェクトマネージャ。プロジェクト単位ごとに、システム全般とそれに基づく現場部門の業務フローを理解したうえで、システム構想・計画案の構想力。前提・制約条件を踏まえた適切なプロジェクト目標の設定力。  

予算や資源を踏まえたプロジェクトの運営力。リスク管理力。プロジェクトの実施結果の適切な分析・評価力など、一般的なシステム開発のPMに求められる能力を全般的に問う試験です。  

合格率約15%の難関試験ですが、ITコンサルタントとして必要な「実現可能なプロジェクトのゴールイメージ」を身につける上では最適な試験の1つです。なお、プロジェクトマネージャ試験は国内資格ですが、国際的な資格としてPMPという資格も注目されています。  

 

IT系資格まとめ

最後に注意点を1つ申し上げます。ここに取り上げた資格については、単に資格を取得することで満足しないようにしてください。これらの資格は独占資格ではありません。あくまで実務に役立てるための、標準的な知識・スキルを認定されたに過ぎません。実務に落とし込めてこそ、資格が活きたということになるのです。  

未経験者で、キャリアチェンジとして転職を果たしたい場合は、これらの資格は、面接で相手の質問を理解したり、話についていける最低限のスキルを身に着けた、というに過ぎません。

さらに「使える人材」としてアピールするためには、ITproやITMediaといった優良な情報が集まっているサイトで情報収集が必要です。 ITエンジニアは、技術の進歩が進み、知識やスキルの更新が大変な仕事ですが、IT技術の最先端は常に人材は引っ張りだこです。

学歴・職歴に関係なく、文字通り腕一本で食べていけるところが魅力的な職種です。ぜひ頑張って、成功のチャンスをつかんでいただきたいと思います。

 

ITエンジニアにおすすめの転職エージェント(人材紹介会社)

IT系の求人を扱っていない転職サイト・エージェントはほとんどありません。大手エージェントならば、IT系専任のキャリアアドバイザーを配置しているのがほとんどです。

自分の状況を確実に理解してもらうには、業界に詳しいキャリアアドバイザーに担当してもらうのが確実。よって、「 IT系に強い!」とPRしている転職サイト・エージェント(人材紹介会社)を積極的に利用しましょう。

IT系を得意としているところは多く、どこのエージェント(人材紹介会社)を選べば 良いか迷うかもしれませんが、以下に紹介するエージェント(人材紹介会社)なら比較的求人も多く、マッチする求人が見つかるでしょう。  

まずは、主要転職エージェントが特に力を入れているかを表した比較表です。記載の通り、ほとんどのエージェントがIT系に力を入れています。おすすめマークが付いていなくても、積極的に取り扱っているところがほとんどです。  

※ エージェント名クリックで公式サイトに移動します。

type転職エージェント アイデムスマートエージェント JACリクルートメント リクルートエージェント Spring転職エージェント DODA マイナビエージェント パソナキャリア ハタラクティブ

上の表に加え、IT系中心のエージェントも含め、おすすめのエージェントの特徴をまとめました。ワークポートはIT系以外の職種も取り扱っていますが、元々はIT系専門でしたので、今でもIT系が際立って得意となります。

 

type転職エージェントは見るからにIT系に力を入れている

東京で転職する方におすすめ!type転職エージェントの特徴を比較

 

東京

関東に特化しているので、利用できる求職者は限定されますが、東京近郊の方は是非候補に入れて下さい。転職者視点の親身な対応に加え、IT系の転職に非常に前向きです。

以下、各職種の特集ページとなりますが、IT系、WEB系、社内SEの3項目を別々に特集しています。 ”IT・WEB系” のようにひとくくりにしているところがほとんどですので、type転職エージェントのやる気が伝わります。   type転職エージェントのトレンド特集  

興味のある方はこちらから

 

ワークポートは元々IT・WEB系の転職エージェント

IT系におすすめの転職エージェント「ワークポート」

横浜・名古屋・福岡・大阪

ワークポートは、もともとIT/WEB系のエージェント(人材紹介会社)でしたが、最近はその他業種も取り扱いを始めました。IT/WEB系の求人数も豊富ですので、チェックしておきたいですね。

IT/WEB系のコンサルタントも多く、ノウハウも豊富です。   なお、さすが元IT・WEB系専門だけあって、職種検索はすごいことになってます。以下、公式サイトからの引用です。さすがに希望の職種がありますよね?

応募できる職種
職種 ソフト開発/システムエンジニア系 SE・PG(BtoC/自社) SE・PG(BtoB/自社) SE・PG(汎用系) SE・PG(組込・制御系/受託) プロジェクトマネージャー・リーダー(BtoB/受託) プロジェクトマネージャー・リーダー(汎用系) プロジェクトマネージャー・リーダー(組込・制御系) SE・PG(BtoC/受託) SE・PG(BtoB/受託) プロジェクトマネージャー・リーダー(BtoC/受託) Flashエンジニア システム開発マネージャー プロジェクトマネージャー・リーダー(BtoC/自社) プロジェクトマネージャー・リーダー(BtoB/自社) SE・PG(組込・制御系/自社) . クリエイティブ系 WEBデザイナー(自社) WEB/モバイルディレクター・プロデューサー(自社) サイト運営・編集 等 グラフィックデザイナー WEBデザイナー(受託) WEB/モバイルディレクター・プロデューサー(受託) コーダー・マークアップエンジニア Flashクリエイター 映像制作・編集・アニメーション イラストレーター・キャラクターデザイン WEBコンサルタント WEB制作マネージャー 編集・ライター UI・UXデザイン アートディレクター テクニカルディレクター クリエイティブディレクター(広告/グラフィック) CGデザイナー(マルチメディア) DTPオペレーター . ネットワーク系 ネットワークエンジニア(SI・受託) セキュリティエンジニア その他ネットワーク サーバーエンジニア(SI・受託) プロジェクトマネージャー・リーダー(ネットワーク/サーバー)(受託) IDC・施設管理 データベースエンジニア ネットワークエンジニア(自社) サーバーエンジニア(自社) プロジェクトマネージャー・リーダー(ネットワーク/サーバー)(自社) . サポート系 社内情報システム・社内SE(インフラ) カスタマーサポート システム運用・保守 その他サポート テクニカルサポート インストラクター・トレーナー 社内情報システム・社内SE(開発) ヘルプデスク スーパーバイザー(コールセンター) カスタマーサポート(ゲーム)

 

興味のある方はこちらから

 

その他のおすすめ

リクルートエージェントは、求人数も多く、さらにIT系の転職支援は重点領域の1つようです。一番大きいエージェントですので、無視するのはちょっともったいない。

レバテックキャリアは、IT/Web系のエンジニア、デザイナー に特化したエージェント(人材紹介会社)です。特化しているだけあって、プログラミング言語やフレームワーク、ツールのバージョンなど細部までヒアリングを行ってもらえますので、志望企業とのマッチングは期待できるのではないでしょうか。

パソナキャリアは、エージェント(人材紹介会社)としては知名度も実績も豊富です。IT系の実績も豊富で、登録拠点も多いので利用しやすい人材紹介会社だと思います。

 

IT系技術者がおすすめする転職サイト

転職エージェント(人材紹介会社)を利用するデメリットとして、必ずキャリアアドバイザーを通す必要があります。自分の判断でどんどん応募したい方は、転職サイトを利用しましょう。IT系の方はどこの転職サイトでも求人が見付かります。リクナビNEXTを中心に探しましょう。  

リクナビNEXTをおすすめする口コミ

IT等ものづくりに関する求人数が他のサイトより多い。地域問わず求人数が他のサイトより多い。
まず、求人数に関して他のサイトを圧倒しています。 自身が思っても見なかった求人に出会えたことが多数ありました。私は、IT業界のみで求人を探していました。その中で感じたのは、業種未経験歓迎の求人数が多かったということです。 求人の中には職種経験の他に、業種経験を求める求人も多数あります。例えば、医療業界の経験が必要であることなど、職種以外にその業界の知識・経験を求めるものが多いです。 しかし、リクナビNEXTは業種未経験歓迎・可能の多数ありますので他のサイトより圧倒的に求人に対して応募しやすいという特徴があると思います。 最も有名といっても過言ではないサイトなので、競争者も多くいますが、応募する求人を見つけられずに転職活動自体ストップしてしまったということは、皆無に等しいのではないのでしょうか。是非、一度登録して転職活動を有意義に勧めてみてはいかがでしょうか。
宮城県 30代 男性 システム開発エンジニア

 

@typeをおすすめする口コミ

IT関連の業種が多い!
他の媒体との違いとしては、IT関連の求人が多い。 開発スキルを持つエンジニア以外にも、システムの運用オペレーターやプロジェクトマネージャー候補など、IT業界に関する知識があればプログラミングなどの専門知識が無くとも就労可能な案件など、割と広範囲に渡って企業の求人を掲載しているという印象を受けました。 IT関連企業での転職の場合は、主にエンジニアとして「プログラミングスキル」を持っている場合かマネージャーなどの「プロジェクトに関しての実績」という箇所を見て判断される求人が多い傾向がありますが、この媒体は特にそういった印象が無いので転職のハードルは低いのでは無いでしょうか。 また首都圏近辺の求人についても他媒体より充実していると思われます。
東京都 20代 男性 IT系カスタマーサポート

 

キャリアカーバーをおすすめする口コミ

条件の良い求人(主に待遇面など)が多数掲載されている
IT関連の企業に勤務している場合、主にエンジニアの場合は「これまでのシステムの開発実績」や、マネージャークラスの場合には「今までに立ち上げた、もしくは携わったプロジェクトの実績」というものが大きな武器になっていくと思います。 そんな今までの実績を活かして、今後のキャリアアップなどに繋げようと考えた場合は転職をするのも一つの選択肢だと思いますが、そんな「キャリアアップ」の為のどちらかと言えば質の高い求人を多く扱っており、また好待遇の求人が多いように思えます。 これまで積み重ねてきた実績やキャリアを無駄にする事なく、これから先の仕事に活かしていきたいと考えている人にとっては非常にお勧め出来るのではと思います。
東京都 30代 男性 IT系オペレーター

 

エン転職をおすすめする口コミ

とにかく掲載数が多いのと、サイト内での企業との連絡がとりやすいところです。
転職活動は時間との勝負。 以下に効率よく企業情報を集め、相手とコンタクトをとるかが大切なポイントでした。 とくにライター業はコミットすること(昇給基準)や業務形態があやふやになりがち。エン転職にはそのあたりの情報が細かく載っていたので、実際にコンタクトをとる企業の絞込みにも役立ちました。 また、コンタクトを取ってからはサイト内のシステムが大活躍。 メールでの挨拶文や面接日時の決定など、あらゆることがサイト内で済みました。実際に、面接を受けたほとんどの企業では、自分の個人アドレスでやりとりをしたのは最終面接時のみ。 そのあたりのガードがしっかりできるのも魅力的でした。 転職活動は、正直面倒になることも多かったのですが、スムーズにことが進んだおかげで楽しく終えられました。
東京都 20代 男性 IT系カスタマーサポート

 

 

Twitterでフォローお願いします