リクルートエージェントは業界No.1!求人数も多い!

転職エージェントを利用するなら絶対に外せません。

リクルートエージェントの口コミを分析した結果をまとめます。

 

リクルートエージェントの特徴

まず、リクルートエージェントの特徴のおさらいです。

リクルートエージェントの特徴

  • 求人数No.1、実績No.1、会社規模No.1。
  • 能力の高いキャリアアドバイザーが多い
    (職務経歴書や履歴書の添削能力が高い)
  • 登録人数が多いためか、事務的な対応をされる可能性あり。
    気になる方は別の転職エージェントを利用しましょう。
  • 登録拠点:東京・北海道・宮城・栃木・埼玉・千葉・横浜・静岡・名古屋・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡

一番重要なのは求人数です。リクルートエージェントの登録拠点数(営業拠点数)は一番多い。だから当然求人数は増えます。

例えば、地方に本社があって、都市圏に支店がある会社ってありますよね。

人事部は本社(地方)にありますので、そういった会社はリクルートエージェントしか求人を取り扱っていないという事にもなります。

「運命の企業に出会うきっかけ作りはリクルートエージェントから」という事です。

 

要するに転職エージェントで総合力No.1という事です。これだけの転職エージェントを登録しない理由はありますか?

リクルートエージェントを登録した上で、他の転職エージェントでフォローする事をおすすめします。

公式サイト

 

リクルートエージェントの口コミ

リクルートエージェントは転職エージェントNo.1ですが、私の評価は以下の通りです。

完璧な対応が期待できる一方で、キャリアアドバイザーの質にバラツキが多い。実際にサービスを利用した求職者によって、その評判が大きく異なるのが現状。丁寧・親身な対応か?と聞かれるとケースバイケースとしか言えない。

だからこそ、リクルートエージェントのみではなく、他の転職エージェントを併用する必要があります。

 

リクルートエージェントの口コミは良いのと悪いのが入り乱れる

リクルートエージェントは素晴らしいサービスを提供している。でも、全てが素晴らしいわけではない。ここでは、実際の口コミを見ながらどのようなサービスを行っているのかを紹介します。

 

求人の紹介数は多いが必ずしも希望とマッチしていない

リクルートエージェントのほか数社使用しています。業界の大手だけありまして求人の紹介数は非常に多いです。ただ、登録者が多く、1人の担当者が受け持つ人数が多いためか、本当に希望にマッチしている求人かというと必ずしもそうではない印象を持ちました。
対応も少し事務的に感じました。あくまで私個人の感想としては、自分である程度の転職についての方向性を決め、もしくは、他の転職エージェントのキャリアアドバイザーと相談して決め、それに見合う求人をリクルートエージェントでも探してもらうようにするのがいいと感じました。
面接対策のセミナーや模擬面接の対策がしっかりしていて非常に参考になります。このようなサービスに期待をして登録されるのもいいかもしれません。
34歳IT系営業の男性

 

この口コミは非常に良いですよね。リクルートエージェントの特徴がよくまとめられています。やはり求人数は非常に多い。でも、応募できる求人を事務的に紹介しているような感じもしますよね。

私は新たな可能性を知るきっかけになるので、とりあえず紹介してもらうのは決して悪い事ではないと考えています。しかし、これが原因でリクルートエージェントに不信感を覚える求職者が一定数いるようです。

リクルートエージェントの口コミではとにかく求人の紹介数を評価する口コミが非常に多い。何件か紹介します。

 

自分の長所など、アピールポイントも一緒に考えて下さりとても参考になりました。その後、専用のパーソナルサイトに 求人の案件が20~30社ほど送られてきます。
選考を希望する求人にチェックをするだけなので簡単です。初回の案件は多いものの、それからは週に一度、2社程度の案件紹介となりますので、初回の紹介時に多く応募したほうがいいと思います。
23歳営業職

 

50社ほど一気に紹介がきてとにかく数で勝負 と言う感じでした。育休産休などがあり女性の働きやすいところ、正社員を考えていると伝えているにもかかわらず、まったく希望外のものもかなり送られてきました。
31歳営業職

 

リクルートエージェントは実績No.1だけど、口コミから評判を分析するとサービスも一番とは断言できへんってこと。よく見られる口コミ・評判は次のようになります。

リクルートエージェントのよくある口コミ
  • 求人が多く応募案件も多いが、応募条件を満たしていないものも多く書類選考突破率は悪い
  • キャリアアドバイザーの対応が事務的な事がある
  • 極めて能力の高いキャリアアドバイザーも多い
  • 転職支援の講座・支援など組織的なフォローは手厚い

 

リクルートエージェントは、組織的バックアップ・・・つまり、面接対策のセミナーなどは良い評判が目立つ。ただ、求職者を個別にサポートするキャリアアドバイザーも優秀と決め付けるのは危険。優秀なキャリアコンアドバイザーは多いけど、当たり外れが大きいのが現実です。

 

求人数が多い!だから、運命の企業と出会える確率が高い

求人数と実績No.1だからおすすめ!

実績No.1です。キャリアアドバイザーの対応も良い評判が多く、組織力を生かした転職支援のプログラムが豊富。

特に非公開求人が多いため、リクルートエージェントに登録していないと応募できない求人が多い。

各分野に詳しいキャリアアドバイザーも豊富でほとんどの業種・職種に対応しています。

他エージェントでは、自分の業種・職種のサポートはどうだろうか?と不安に感じるかもしれませんが、リクルートエージェントならば大丈夫でしょう。

ただし、登録者が多くサポートが効率重視で事務的といった声もあります。そういった声もある事は覚えておきましょう。

ちなみに私は第二新卒の時にリクルートエージェントからのアドバイスにより、転職への自信が付きました。今でも感謝しています。

 

リクルートエージェントとtype転職エージェントを比較

リクルートエージェントとtype転職エージェントの比較

リクルートエージェントとtype転職エージェントを比較します。

◎:最も得意とする分野(上位3つ)
○:得意とする分野
△:どちらともいえない
×:苦手な分野

リクルートエージェントtype転職エージェント
おすすめランキング3位
(口コミベースの人気比較ではNo.3)
1位
(口コミベースの人気比較ではNo.1)
登録拠点東京・北海道・宮城・栃木・埼玉・千葉・横浜・静岡・
名古屋・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡
東京
求人数約20万件(関東:約10万件)約3万件
年収UP率63%71%
口コミの特徴キャリアアドバイザーの対応はピンキリ。組織的なバックアップはNo.1面談はもちろん。求人内容の説明に十分な時間をとる丁寧な対応が特徴。
    業界・職種
メーカー
販売/サービス
IT/WEB
広告/出版
医薬/医療機器
営業
事務
管理職
(高キャリア)
その他電機・機械・コンサル系も強いエンジニアの転職に強い

 

 

丁寧な対応ではtype転職エージェントの方が評価が高い

リクルートエージェントはキャリアアドバイザーによってサービスの質にバラツキがあるようです。

登録者が多いせいか、対応が事務的といった口コミもよく確認されます。まあ、これだけの規模の転職エージェントなので、仕方がないように思います。

type転職エージェントは、リクルートエージェントのように事務的な対応はほとんどなく、面談にも十分な時間をかけ業務効率を優先しない丁寧な対応が特徴です。

転職者視点の親身な対応を評価する口コミが多数確認されています。

一例ですが、こんな口コミが投稿されています。

リクルートエージェントは、求人数の多さは魅力的ですが問題はその中身です。長く見ていると、毎週求人を出している企業や離職率の高い企業が多いこともすぐに分かります。

そのため、実際に利用しようと思っても、本気で応募のできる企業はわずかという現象になってしまい、実際の転職に使うには不便なサイトと感じてしまう時が多々あります。

次に、type転職エージェントは、私の担当アドバイザーはかなり感じが良かったです。

しっかりと話を聞いてくれたし、職務経歴書の書き方や私の苦手な面接のアドバイス等もしてもらえました。

他社のキャリアアドバイザーの中には案件を押し付けたり、キャリアを全否定する人もいたので、ここには良い印象があります。

ストレスチェックなどで、自分の状況が細かくわかるので試してみると面白いです。

求人は大手も多いですが、リクルートエージェントより中小ベンチャーが充実しています。

 

求人数では断トツでリクルートエージェント

リクルートエージェントtype転職エージェント
丁寧な対応キャリアアドバイザー次第高い確率で丁寧な対応
紹介される求人数非常に多い多い
求人のマッチ度”応募可能”ならば紹介されるケースも多い求職者の希望に沿った紹介

 

それぞれの業種・職種への対応はリクルートエージェントの方が安心感がある

リクルートエージェント、type転職エージェントともに、IT系、営業系、管理職系が得意な分野となります。

ただし、リクルートエージェントは全ての分野に対し十分なサポートが期待されますが、type転職エージェントは一部の分野において、やや不安なところもあります。

特に丁寧なサポートを必要としない方はリクルートエージェントの登録を行ってから、追加でtype転職エージェントを利用するかを考えれば良いでしょう。

リクルートエージェントとtype転職エージェントの業界・職種比較

 

リクルートエージェントとdodaを比較

リクルートエージェントのdodaのサービスを比較します。

リクルートエージェントは業界1位、dodaは業界2位です。いずれも会社規模は大きく、求人数も非常に多いのが特徴です。

◎:最も得意とする分野(上位3つ)
○:得意とする分野
△:どちらともいえない
×:苦手な分野

リクルートエージェントdoda
おすすめ
ランキング
1位
(口コミベースの人気比較ではNo.3)
3位
(口コミベースの人気比較ではNo.4)
登録拠点東京・北海道・宮城・栃木・埼玉・千葉・横浜・静岡・
名古屋・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡
東京・北海道・宮城・横浜・静岡・名古屋・大阪・
京都・神戸・広島・福岡
求人数約20万件約13万件
年収UP率63%?
口コミの特徴キャリアアドバイザーの対応はピンキリ。
組織的なバックアップはNo.1
対応はキャリアアドバイザー次第。
面接支援は好評。
業界・職種
メーカー
販売/サービス
IT/WEB
広告/出版
医薬/医療機器
営業
事務
管理職
(高キャリア)
その他電機・機械・コンサル系も強い

 

両社とも全国に登録拠点があります。リクルートエージェントの方が幅広く網羅している事が分かります。この地域ならdodaが有利!というところはありません。

リクルートエージェントとdodaの拠点比較

 

求人数

リクルートエージェントの求人数に何とか追いつけるのはdodaだけです。応募の可能性を最大限上げたい場合は、リクルートエージェントとdodaの併用が好ましいでしょう。

※ 公開求人の比較となります。公開求人は全体の2割程度です。

職種リクルートエージェントdoda
営業4,000件3,300件
企画/管理系2,100件2,100件
事務系600件
技術系
(IT/通信/SE)
8,200件2,100件
技術系
(機械/電気)
3,700件2,700件
技術系
(素材/化学/食品)
400件400件
技術系
(土木/設計/プラント)
1,000件1,300件
専門職
(コンサル/不動産)
200件800件
金融関連専門職
(銀行/保険/FP)
100件
医療系専門職
(臨床/介護/福祉)
500件
クリエイティブ系200件900件
販売/サービス2,700件1,200件

リクルートエージェントとdodaはどちらとも捨て難いですね。技術系はリクルートが得意、管理部門はdodaの方が得意としています。

 

口コミから見る両社の特徴

リクルートエージェントもdodaも同じような口コミが多いようです。どちらの転職エージェントも規模が大きく、キャリアアドバイザーの対応にバラツキがありますが、質の高いキャリアアドバイザーも多い・・・といったところです。

なお、私自身もリクルートエージェントとdodaを併用した事があります。リクルートエージェントの方がキャリアアドバイザーの対応は良かったです。リ

クルートエージェントは第二新卒で何のスキルもない若造に対しても、可能性を見出そうと色々と提案してくれました。

一方、dodaは初回面談以降、何の連絡もなくそのまま音信普通となりました。私の方からもっとプッシュしていれば対応が変わっていたかもしれませんが…。

こう書くとdodaが使えないように見えてしまいますが、模擬面接を評価する口コミが多くなってきており、従来よりも転職者に寄り添った対応になっています。

以下、リクルートエージェントとdoda利用者の口コミの一例を紹介します。20歳女性 事務系志望者の体験談です。

【リクルートエージェント】
登録面談後の仕事紹介はとてもスムーズで紹介量も多い印象。ただ事務職は人気の職種のため書類選考の突破もやや難しめ。
面談だけでもと勧められたところに面接に行って合格をもらったが、希望とは違うので断ろうとたところ、少ししつこいぐらいに勧められ説得された。
仕事の紹介量はどこの紹介会社よりもダントツにNo1なので利用にはとてもオススメ。

【doda】
面談の方の印象はとても良かったです。丁寧で色々相談に乗ってくれます。ただ、仕事を紹介してもらって面談までの間の連絡が遅く、時間帯も夜の10時ころだったのが困りました。

 

得意な業界・職種の傾向

リクルートエージェント、dodaともに全般の分野に対して安定したサポートが期待できます。優先順位を付けるのならば、まずはリクルートエージェントの利用、余裕があって、さらに応募の可能性を高めたい場合にdodaはおすすめです。

 

リクルートエージェントとJACリクルートメントを比較

リクルートエージェントとJACリクルートメントの比較

リクルートエージェントのJACリクルートメントを比較します。

◎:最も得意とする分野(上位3つ)
○:得意とする分野
△:どちらともいえない
×:苦手な分野

リクルートエージェントJACリクルートメント
おすすめランキング1位
(口コミベースの人気比較ではNo.3)
4位
(口コミベースの人気比較ではNo.5)
登録拠点東京・北海道・宮城・栃木・埼玉・千葉・横浜・静岡・
名古屋・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡
東京・横浜・名古屋・大阪・京都・神戸
求人数約20万件約2万件
年収UP率63%?
口コミの特徴

キャリアアドバイザーの対応はピンキリ。

組織的なバックアップはNo.1

親身な対応で評判の転職エージェント。

他社で見捨てられてもここなら安心。

業界・職種
メーカー
販売/サービス
IT/WEB
広告/出版
医薬/医療機器
営業
事務
管理職
(高キャリア)
その他電機・機械・コンサル系も強い

年収500万円以上の求職者の支援

英語を使った仕事・技術系の仕事に強い

 

登録拠点はリクルートエージェントが圧倒的に多い

リクルートエージェントは全国に登録拠点がありますが、JACリクルートメントは東京・横浜・名古屋・大阪・京都・神戸となります。

JACリクルートメントは全国的には登録拠点は多いとは言えませんが、大阪、京都、神戸と関西に3拠点構えているのが特徴です。

リクルートエージェントのJACリクルートメントの登録拠点比較

 

口コミはJACリクルートメントの丁寧な対応を評価する内容が多い

リクルートエージェントは自分から色々質問したり、要望しないと、対応してくれない事も多いので、積極的な姿勢が大切かと思います。

一方、JACリクルートメントは親身な対応をPRポイントにしており、例えば、問い合わせに対し24時間以内の返答を約束したりと、利用者にとっては安心できるサービスを提供しています。

JACリクルートメントならば、必ず満足できるとは断言できませんが、満足できる可能性が非常に高い転職エージェントだと言えます。

JACリクルートメントは面接前もキャリアアドバイザーが面接のポイント等、親切にアドバイスしてくれた。フォローアップが他の転職エージェントと比べて良い。
求人数はリクルートエージェントと比較すると少ない気はするが、大手企業、外資系の優良企業の求人数が多い。
リクルートエージェントは求人数、面接セミナー等サービスが圧倒的に優れている。企業の紹介等の情報量も多く、ネットからの応募しやすい。
履歴書や職務経歴書を作成する際には、作成例などを用いて作成方法を教えてくれるのが非常に助かった。定期的に開催されている、面接セミナーにも参加したが、今まで気づかなかったポイント等をアドバイスが良かった。

 

得意な業界・職種

JACリクルートメントも不得意とする業種・職種は特にありませんが、年収500万円以上の求職者の支援に特化しています。最も得意としているのは外資系等、英語を使った仕事で、他には営業、管理系、技術職に力を入れているようです。該当される方は検討してみて下さい。

リクルートエージェント、JACリクルートメントが得意な業種・職種

 

年収UPが狙えるのはどっち?

JACリクルートメントはハイキャリアへの支援を重視しています。

求人検索で探せる求人は500万円以上となっており、2,000万円以上の求人も探せるようになっています。

一方、リクルートエージェントは、一番高い水準で1,000万円以上という条件検索となります。

全求人数で比較すると、リクルートエージェント20万件、JACリクルートメントは2万件となりますが、高年収を前提にするとどうなるか調べてみました。公開求人をベースに比較します。

リクルートエージェントJACリクルートメント
年収の条件なし20万件2万件
500万円以上2万件7千件
1,000万円以上3.5千件2.5千件

このように、年収に条件を設定しなかった場合は、10倍の差があった求人数が、年収1,000万円以上になると差がほとんどなくなります。

求人数が多ければ良いというわけではありませんが、年収1,000万円前後の方で求人数を重視する方は、リクルートエージェントとJACリクルートメントの両方を検討する方が好ましいと言えるでしょう。

 

リクルートエージェントとマイナビエージェントを比較

リクルートエージェントとマイナビエージェントの比較

求人数No.1のリクルートエージェントとマイナビエージェントを比較します。

◎:最も得意とする分野(上位3つ)
○:得意とする分野
△:どちらともいえない
×:苦手な分野

リクルートエージェントマイナビエージェント
おすすめランキング3位
(口コミベースの人気比較ではNo.3)
2位
(口コミベースの人気比較ではNo.2)
登録拠点東京・北海道・宮城・栃木・埼玉・千葉・横浜・静岡・
名古屋・大阪・京都・神戸・岡山・広島・福岡
東京、横浜、静岡、名古屋、大阪、福岡
求人数約20万件約3万件
年収UP率63%不明
口コミの特徴キャリアコンサルタントの対応はピンキリ。
組織的なバックアップはNo.1
丁寧なキャリアカウンセリンの評判が良い。
業界・職種
メーカー
販売/サービス
IT/WEB
広告/出版
医薬/医療機器
営業
事務
管理職
(高キャリア)
その他電機・機械・コンサル系も強い電機・機械・医薬など理系職種に強い

 

登録拠点はマイナビエージェントは大きく劣る

リクルートエージェントは全国に登録拠点がありますが、マイナビエージェントは地方まではフォローでしきれていません。

この辺りはリクルートエージェントの強みですよね。地方で仕事を探す場合はやはりリクルートエージェントの利用が好ましという事になります。

リクルートエージェントのマイナビエージェントの拠点比較

 

口コミの特徴

両転職エージェントに共通しているのは、「知名度」です。

新卒時の就職活動では、リクナビとマイナビは定番だったのではないでしょうか?

さらに転職サイトでは、リクナビNEXTとマイナビ転職があって、転職エージェントではリクルートエージェントとマイナビエージェントとなります。

転職ではリクルートの方がだいぶ頑張ってる感じはしますが、マイナビグループも巨大です。

各企業とのパイプは非常に太く、マイナビエージェントしか保有していない求人も多々あります。

サービスについては、マイナビエージェントはキャリアカウンセリングに力を入れているので、転職についてのアドバイスを重視する方はマイナビエージェントの方がいいかもしれません。

以下、マイナビエージェントの口コミから転職支援の内容が分かる内容を抜粋しておきます。

以前住宅業界の営業職から不動産業界の事務職に転職するため、マイナビエージェントを利用させていただきました。
不動産業界の事務職限定では求人も少なかったのか、営業職や違う業界の未経験可の求人などを紹介されました。
最終的には自分自身で応募して内定をいただいた会社に入社しましたが、担当をしてくださった女性はとても親切な方で、履歴書の添削をしてくださったり、面接の対策もしてくださりとても役に立ちました。

 

 

強い業界・職種

求人数が多いリクルートエージェントの方が全体的にバランスが良く、全ての業種・職種に詳しいキャリアアドバイザーも揃っています。マイナビエージェントは、IT系、営業系、メディカル系、女性の転職、第二新卒が特に強い印象です。各分野を専門のページも用意してあります。

リクルートエージェントのマイナビエージェントの得意な業種・職種比較

 

リクルートエージェントの最大の武器は大量の求人数

リクルートエージェントの求人数は他の転職エージェントと比較して圧倒的No.1です。全国展開をしておりますので、当然、地域限定の転職エージェントよりも多い結果となります。

転職エージェントを利用するメリットに履歴書・職務経歴書の添削、面接対策等ありますが、応募する求人がなければ全く意味のない支援になります。

極端に言えば、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策等は他の転職エージェントで代用がききますが、応募できる企業がどれだけあるか?は登録した転職エージェント次第です。

リクルートエージェントの最大のサービス(求人数が多い)は転職活動で最も重要と言っても過言ではありません。

公式サイト

Twitterでフォローお願いします