名前landscape 性別 女性 年齢 29 現職 教育 志望 教育

 

 

評判・口コミ

リクルートエージェントは職種別のアドバイザーがおり、そのアドバイザーから求人がいくつか紹介されてくるという点で他の転職サイトとは異なっている。
いくつか紹介を受けたが、やり取りをするのに、WEBで申し込みが可能で、合否もアドバイザーを通せば良いだけなのはラク。
しかし、少し前に申し込んだ求人に対して、数日後の夕方電話がかかってきて、「明日12時から面接のオファーが来ています」という打診が複数回ありました。
調整が可能な場合は、調整もしてもらえますが、基本的には、「他の方が待っていらっしゃるので、無理なら辞退ということになります」ということも多い。
ただ、全体的に書類が通ったあとの面接回数は数回だし、紹介される案件も悪くないと思う。
いかにもリクルートの社員さんっぽいアドバイザーの方の考え・アドバイスは適切だと思う。
転職をする前に、自分の価値を見極めるためにも、足を運ぶことをおすすめする。

 

日程調整がシビア

リクルートエージェントは登録者数が異様に多いので、他の登録者と比較されてしまう事は覚悟しておく必要があります。

自分が狙う求人には多くのライバルがいるという事ですね。

面談時間が限定される理由として、企業側が集中して選考を行いたい場合などが挙げられます。

こればっかりは仕方ありませんので、なんとかスケジュールを調整するしかないと思います。

ただ、もちろん日程調整が可能な場合もありますので、そういった時に担当のアドバイザーに調整を任せる事ができるのは負担が軽減されますよね。

企業にとって有益な人材ならば会ってみたいものです。企業と接するキャリアアドバイザーに自分をPRする事も意識しましょう。

 

自分の価値を確かめる

最後に書かれている、”自分の価値を見極める”は本当にその通りだと思います。1つの会社に勤めていると、自身の市場価値が分からなくなりますので、転職のプロの評価をあおぐのは非常に参考になります。

もし、自分の市場価値がいまいちである事に気付けたならば、今後の仕事の進め方を変えてみるのも良いでしょう。

会社のためというよりは、自分の力を高める事を意識するのが大切です。

1つ1つの仕事を積み重ねる事で、大きな力になっていくものです。

Twitterでフォローお願いします