名前 KOIZUMI 性別 女性 年齢 26 現職 建築・設計 志望 建築・設計

 

 

評判・口コミ

現在転職活動中で、リクルートエージェントに登録しています。
個人面接を終えた段階で、担当の方が話しやすい方だったので面接中は、聞きづらいなと思っていたことも聞くことが出来ました。
その後、希望の職種に近い求人をいくつか紹介もして頂けました。
メール連絡が主な連絡手段なので、若干疑問に思ったことなどを質問しづらいかなとは思います。
ただ、メールのレスポンスは早く、一度メールから質問させてもらったときも、丁寧に答えてくださいました。
初めての転職なので、職務履歴書など書き方が全くわからない状態でしたが、サイトに職務経歴書のわかりやすい見本と、書き方をナビしてくれるものがあったので、自分でも何とか作成することができ、キャリアコンサルタントに添削してもらうことで、自分では気づけない点なども改善する事ができました。
面接などの手配もしてもらえるので、初めての転職活動で不安も多い中、なんとかやっていけそうだと思えるのはこちらにお手伝いして貰えているからです。

 

転職活動のハードルは職務経歴書から

学生中にどんなに頑張って就職活動をした人でも、転職活動で戸惑うのは職務経歴書です。新卒で内定をたくさん取った人は、おそらく転職活動もそれほど動じず、面接もへっちゃらって思っているかもしれません。

ただ、転職活動の面接では、職務経歴書をベースに進むことが多く、職務経歴書の完成度が低いと書類選考ですら通らない事も珍しくありません。よって、どれだけ新卒の就職活動の経験が豊富な人でも、この職務経歴書の完成度を上げないと苦労してしまいます。

転職を考えると、転職サイトや転職エージェントへの登録を行うようになりますが、登録の時点で職務経歴の登録が必要となります。ほとんどの人はこの時点では職務経歴書は用意していません。ここで、「職務経歴書って何?」ってなるわけです。

まずはじめは、転職サイトや転職エージェントに掲載されている見本をベースにして、それを自分のキャリアに置き換えていくのが簡単かと思います。ただし、その場合、あなたが、本来PRすべき内容が十分でない可能性もあります。

本来は、入社時からの出来事を思い出して、自分がスキルアップした事や、仕事に対するモチベーションが大きく変わった出来事を思い出して、整理した上で、職務経歴書にまとめるのが好ましいです。

こうして、職務経歴書が完成したら、口コミにもあるように、転職エージェントなりで添削してもらうと完成度が高まっていくはずです。転職エージェントでの職務経歴書の添削は一般的なサービスとなりますので、気軽にお願いしてみましょう。

リクルートエージェント(公式サイト)  

Twitterでフォローお願いします