性別 女性 年齢 27 現職 知財 志望 知財

 

 

評判・口コミ

先日、コンサルタントの方と面談をしてきました。
対応は悪くはなく、できないことは「できない」とはっきり言ってくれる点では良かったと思います。
しかし、私が事前にアンケートで回答済みのことよく把握していないようだったことに、少し疑問を感じました。
また、私がやりたいこととのずれも感じました。
さらに、私が希望している業種が少し特殊だったのもありますが、中にはその業種すら知らないコンサルタントの方もいて「おいおい」と思いました。
この会社は、求人広告料を出した会社側のほうが求職者よりも大事なお客様としてみているのでしょうか?
あくまで「転職支援会社」なのですから、求職者をもう少し大事にしてもらいたいものです。

 

 求人広告料を出した会社側のほうが求職者よりも大事なお客様なのか?

お金が支払う企業がお客様です。ただ、求職者がいなければ、企業に紹介が出来ず収益を得る事ができませんので、求職者も大切な存在です。

製造メーカーに置き換えると、自収益を得るための自社製品となります。

求職者と企業の数を比較すると、当然企業の方が少数派です。

さらに、求人募集中でリクルートエージェントを利用する企業はさらに減りますよね。

転職エージェント(人材紹介会社)にとって、求職者は商品で企業がお客様・・・という認識で転職エージェント利用する方が良いでしょう。

これに気付けない求職者は、転職エージェントへの不満が強い傾向にあります。

当然ですよね。自分がお客様と思っているからです。

やってもらって当たり前という前提で、期待してそれをしてくれないから、どういう事だ!となるわけです。

仮に求職者をお客様と仮定するならば、”どこの企業でも欲しがる人材” であるスキルを保持している必要があるでしょう。

そうでなれれば相手にされるわけがありません。

求職者は転職エージェントに良い商品である事をPRしなければなりません。

転職エージェントは登録者を企業に売り込むわけですが、良い商品ならば、転職エージェントも積極的に売り込んでくれます。

そうでなければ、放置されて当然です。

転職エージェントに放置された場合は求職者のPR不足かもしれませんので、自身を省みる事も大切です。

リクルートエージェント(公式サイト)

Twitterでフォローお願いします