職務経歴書の見本・書き方(法人・営業)

最近は、様々な転職サイトで職務経歴書の見本を掲載しています。 当サイトのような個人運営ではサンプル数ではかないませんので、大手転職サイトではアドバイスしにくいような書き方を紹介していきたいと思います。  

当サイトのテクニックというのは、嘘にならない程度の過剰表現です。  

嘘をついてまで、入社したらダメだけど、万一、職務経歴書に書いている内容を突っ込まれても、「あれはこういう事ですよ」って説明して納得してもらえる範囲の過剰表現ならOK・・・かと。  

さらに、効果的なフレーズを用いて、より魅力的な職務経歴書を作成するアドバイスをさせて頂きます。正統派で行く方はここのページはあんまり関係ないので、職務経歴書が掲載されている転職サイトで勉強して下さい。  

 

法人・営業の職務経歴書を添削

転職サイトの職務経歴書の見本を確認したところ、リクナビNEXTは量も豊富ですし、ビフォアー、アフターもあって良いですね。

大手転職サイトですし、まずは、リクナビNEXTさんに挑戦してみようと思います。

リクナビNEXTの職務経歴書(アフター)をこうすれば、さらによくなるって事を解説していきます。

まずは、無難に法人営業者の職務経歴書をみていきましょう。 なお、見本は大幅にカットしています。完全版を見たい方はリクナビNEXTでご確認下さい。  

職務経歴

【職務内容】
○○事務機販売株式会社(19xx年4月~20xx年3月)
事業内容:OA機器専門商社
資本金:□□□億円
売上高:□□□□億円(00年度)
従業員数:□□□□名 19xx年4月 ○○事務機販売株式会社 入社、埼玉営業部 浦和支店に配属 中小企業を対象にOA機器用消耗品の新規開拓を行う。

[担当商品]
コピー用紙、FAX用紙等

[担当地域]
浦和市全般と埼玉県近隣の一部

[営業先]
新規開拓100%(全て飛び込み営業)

[新規契約件数]
一日約2件(支社内順位14名中3位)

ポイント
具体的な数字も盛り込まれており良い感じです。 営業所内の順位も書かれておりますが契約件数に対する順位ですよね。
私なら・・・1位になれる項目を作ります。 2位や3位も書いていいですが、1位の項目も作ります。
それで、それを自信のセールスポイントして、PRするポイントにします。
仮に飛び込み営業を売りにするなら、飛び込み営業件数No.1でもいいと思います。
飛び込み営業した件数なんか、調べようありません。契約件数が上位ならば疑われる事もないでしょう。
こう書いておけば、勢いが伝わりますよね。

  20xx年3月 一身上の都合により同社退職、現在に至る   【セールスポイント】 1)理系出身者であるため、合理的な営業手法が可能です。 【独自のデータベースによる徹底した顧客管理体制】は他営業の手本とされてきました。

ポイント
「セールスポイント」の(1)に、”他営業の手本とされてきました”とあります。
手本と書くぐらいなら、”営業所内でマニュアル化され今でも基本ツールとして利用されています。
結果、売上○%UPに貢献しました”ぐらい書いちゃえば良いと思います。
「貢献しました」って便利な表現ですよね。どのように貢献したかなんて誰にも分かりませんよ。
でも、こう書いたら、この方法がすごい役立ったみたいに見えません?

【営業信条】
1)ニーズなくして契約なし 値引きはあくまで営業活動の潤滑油であり、それだけが顧客満足ではない。
2)粗利なければボランティア お客様には満足を。社には利益を。値引きを迫られても粗利は死守。 (粗利=社員の給料)
3)徹底した顧客管理 Excelによる管理。電話番号からリース明細、機種、訪問回数まで即座に答えられます。商品別ターゲットリストの住所順リストもDM打ちも即座に対応できるデータベースで、ネタは常にここから生まれます。

ポイント
「営業信条」に粗利や値引きについて強調されていますよね。
私だったら同期の営業のB君に犠牲になってもらって、B君は値下げ阻止に失敗、変わりに私が交渉して粗利を死守っていうストーリーにします。
本当にそんな話あったの?って・・・ 営業の現場の1シーンなんて誰も確認できませんよね~。
きっとそれに近い出来事はあったはずですよ! よく思い出してくださいね。

  以上

職務経歴書なんて、所詮プレゼンの1種に過ぎません。いかに自分をよく見せるか?それを証明するか?です。

過剰表現でPRに成功したのなら、それはあなたのプレゼン能力が優れていたから。

ライバル達がバカ正直にプレゼンしてくるとは限りません。自分をより良く見せるような表現に挑戦してみましょう。

 

職務経歴書の書き方・見本(個人・営業)

今回は個人・営業の職務経歴書を改良していきます。リクナビNEXTに掲載中の職務経歴書の見本を参考にしております。  

職務経歴

【職務内容】 ○○住宅販売株式会社(19xx年4月~20xx年9月)

事業内容:高級注文住宅、分譲住宅の設計、施工、販売
資本金:□□□億円、売上高:□□□□億円(00年度)、従業員数:□□□□名

19xx年4月 ○○住宅販売株式会社 入社、大阪展示場に配属 一般家庭を対象とした注文住宅の提案・販売活動を行う。
展示場来場者への接客活動を中心とした反響営業及び一般家庭への飛び込み営業

[担当地域]
大阪市及び周辺地域

[担当顧客]
2年以内に着工予定の顧客(個人)を常時50件管理 [接客件数]平均して月80件

ポイント
あえて書くのだから、すごい事なんでしょう。それならばもっとPRしないと! ”展示場内で1番の接客数”ぐらい付け加えましょう。
実は1番じゃなくても、1番だった月が一回ぐらいあったんじゃない?

[契約件数] 19xx年度:4件(支社内順位14名中3位) 19xx年度:6件(支社内順位16名中2位)

ポイント
3位、2位ってすごいと思いますが、やや微妙な気もします。契約件数が3位に加え別のアピールはできないでしょうか?
例えば、”売上”、”2年連続何件契約は自分のみ”など。職場の中で優秀な人間である事をどうすればPRできるかを考えましょう。

  <提案営業の実績>
地元不動産会社との協賛により来場者に対し、住宅部分のみでなく実際の宅地も併せて紹介する「土地紹介付きキャンペーン」を実施。
期間中の展示場売上げを対前年比120%と大きく伸ばした。
来場者アンケートシートの作成。営業効率を高めるために質問事項を見直しつつ回答時間を短縮するよう改善を加えた。

ポイント
ここはもう一工夫欲しい。回答時間の短縮だけでなく、従来ではできなかった情報収集がアンケートによって容易になったなどの+αがあれば好ましい。
”アンケート結果から導き出された新規提案は○%のお客様に採用された”などはどうでしょうか?

【セールスポイント】
1)顧客ニーズのヒアリングから、掘り下げ、提案までのプラン作成、競合や顧客の安直な発想から理想の提案へと導くストーリー展開を描くことができます。
2)顧客と率直な意見交換を行うことで誠意をアピールしました。顧客宅を頻繁に訪問し、ニーズに迅速に対応することで顧客の信頼を獲得しました。
3)独自のデータベースによる徹底した顧客管理体制は、他営業の手本とされてきました。

 

Twitterでフォローお願いします