かつて35歳転職限界説がいわれるなど40代以上に対する転職市場は厳しいものがありました。でも、それは昔の話。

現在においては、40代での転職は当たり前。50代でも転職は珍しいことではなくなりました。ここでは、40代、50代の転職活動のポイントをご説明します。

 

40・50代の転職は今後もっと増える

最初に断言します。今後、中高年(40代・50代以上)層の転職市場は、今よりもっと活発化します。  

なぜなら、日本の人口構成上、若年層の人口が絶対的に減少します

一方、企業が成長するためには安定した人材採用は不可欠です。その結果、転職者を求める求人企業の側が採用する年齢層の幅を広げざるを得なくなるためです。  

また、現在50代の方でも、1995年にwindows95が爆発的に売れた時は30代で、働き盛りにOfficeのスキルを身に着けています。

今までは、中高年層を採用する際はPCスキル等の実務能力の欠落が敬遠される大きな理由でもありましたが、

今後、インターネットに慣れ親しんだ世代が中高年(40代・50代以上)に差し掛かるため敬遠すべき理由がなくなるのです。  

加えて、終身雇用が完全に崩壊し転職が一般化した社会において、新卒からずっと勤めてくれる、いわゆる生え抜き社員だけで構成される企業は少数派になりました。  

人材の流動化が進むので、企業も定年まで働くことを前提に採用しなくなり、定年までの残り年数が短い中高年(40歳以上)の採用に抵抗感が薄れています。

中高年(40歳以上)の転職者が若年層と互角に勝負できる時代が到来です。  

 

必要なスキルは豊富な社会人経験

人事部1,000人に聞きました!40代・50代の採用を検討しますか?

答えは・・・

73%が採用を検討したい

との結果でした。by リクナビNEXT

教育に時間のかかる若者よりも、一般常識もあって即戦力になる40代、50代の方が役に立つってことでしょうか。新卒は会社の将来を考えたら金のタマゴかもしれませんが、一人前になるまで待てない中小企業も多々あります。 

人脈を持ってる業界経験者の方が即売上が期待できたり、若手の教育係にも好ましいのかもしれませんね。

また、単に業界経験や職種経験などといったものではなく、利害交渉能力や変革推進能力、コーチング能力、問題解決能力等が重視されます。 

私自身は40代ですが、らに10年のキャリアを積んだ50代の方は社会人経験20年以上です。これはすごい経験です。

普通にこなしている業務であっても、長年の経験があるからこそ成し遂げる事ができ、そういった能力は他の会社でも生かすことができるでしょう。 

その経験を上手にPRする事ができれば、条件の良い転職先は見つかるはずです。

私の会社でも50代の営業さんを積極的に採用し、その人脈を生かした製品の拡販を行っています。

 

不本意な転職でも前向きに!時代は悪くない

不本意ながら、今の会社を去らなければならない方にとっては、転職活動は厄介なものに思えるかもしれません。

でも、それがターニングポイントとなって新しい発見につながる可能性だってあります。 

ローンや家族のために働くのも大切。でも、自分の納得できる仕事を選ぶのも大切です。

この転職活動に少しでも期待や夢を持って取り組む事ができれば、きっと良い方向に物事は進むはず。 ピンチはチャンスです!

なおビズリーチは利用者の約60%が40代以上の転職サイトです。高待遇案件が多数ありますので、さらにキャリアUPしたい方におすすめです。

 

中高年が若手と互角に戦う方法

次に、実際の面接の場面において、若手・中堅の転職者と互角に戦うための大事なポイントをお話しします。

それは、不要なプライドを捨てる姿勢を見せることです。  

中高年(40代・50代以上)になると、それなりの経験を積んだ自信から、強気の自分を見せたくなる気持ちもあるかと思います。

しかしここで、プライドを捨て、若手を同じように思いっきり泥を頭からかぶれると自分をPRしていきましょう。  

実は、転職面で一番条件が多いのは中堅世代(30代中心)です。選べる世代なので、転職にこだわりが多くなります。中堅世代は企業にとって、決して「採用しやすい年代」ではありません。  

これに対し、中高年(40代・50代以上)の転職は、「まずは○○が満たされていればいい」という割り切り方が出来る方が多いのが特徴です。

社会に出て20年近くになり、会社に対する精神的な期待値が落ち着くからです。  

つまり、若さを見せ、余計なプライドを捨てることによって、面接官に、中高年(40代・50代以上)を採用することに対する抵抗感を削いでいけるのです。  

Twitterでフォローお願いします