30代でも新しい仕事への転職を成功させている方もいます。彼らは30代未経験での転職のメリットとデメリットをしっかりと認識し、メリットを活かし、デメリットを解消する方法をしっかりと考えた結果、やりたい仕事を手に入れたのです。

ここでは30代の転職のメリット・デメリット等について紹介します。  

30代で未経験職種への転職

30代は、自分の仕事のあり方がしっかりと見えてくる時期ではないでしょうか?

社会人としてキャリアも積み、社内外のことも見えてきて、自分の仕事のやり方も確立し、日々やりがいを感じて働いている・・・ それが理想の姿かもしれませんが、「ほかにやりたい仕事がある」と悩んでいる方も少なくありません。  

ずっと前から夢だった仕事を諦められないという方もいれば、ここまでキャリアを積んだからこそ自分の本当にやりたいことが見つかったという方もいるでしょう。

あなたも30代の今がラストチャンスと考え、転職を考えているかもしれませんね。  

ですが、今の仕事とは別の仕事に挑戦ということになれば未経験での転職になりますので、そう簡単にいかないことも多いでしょう。

未経験での転職は若さが有利になります。新しいことへの吸収力や今後の伸びしろを考えると、企業が30代未経験の採用をためらうのは仕方がないことでしょう。  

30代未経験の転職のリスクを考えた上で行動を起こすかを考えましょう。  

 

30代未経験職種への転職のメリット

30代未経験での転職でもメリットはたくさんあります。

これまでの社会人生活で積み上げてきた経験は大きな武器になります。新たな職業にチャレンジと考えると、またゼロからのスタートと思われるかもしれませんが、職種・業種をこえて活かせるスキルはたくさんあるのです。  

たとえば、営業で培った交渉やプレゼンの能力は、管理部門で社内制度の立ち上げで発揮できるかもしれませんし、逆に社員のサポートをすることで身につけた気づかいを、営業の場でお客様に対して発揮する場もあるでしょう。  

また、20代と比較してしまえば「若くはない」のは当然ですが、それでも新しいキャリアを積み重ねる時間はまだまだあるというのもメリットになります。  

 

30代未経験転職のデメリット

その一方、30代未経験ならではのデメリットや注意点もあります。

何度も触れているように、30代は新しい仕事へのチャレンジという見方だと「若くはない」と判断され、採用をためらわれることが多いのです。

「若くはない」ことがなぜデメリットになるのか、いくつか例をあげてみます。

  • 新しいことへの吸収力が弱い
  • これまでのキャリアの経験や知識を引きずりやすい
  • 体力面に不安を感じる
  • 上司や先輩が年下であることがやりにくさに繋がることがある

30代未経験での転職ではこのようなデメリットを解消する必要があります。

ただ「大丈夫です!できます!」と繰り返すだけでは通用しません。採用側が安心できる具体的なエピソードを準備しておくことが大切です。  

そして、30代未経験の場合は転職活動が長引く可能性があることを考えておきましょう。そうなった時に経済的・精神的に不安定になってしまうと、転職に失敗してしまうことも多いです。

余裕を持って活動をするために、在職中に転職活動をすることをおすすめします。  

今までのキャリアを活かせることと熱意をアピール

キャリアをアピール

未経験の仕事にチャレンジとなると、即戦力としての活躍をアピールすることはできません。転職を成功させるには、経験者や20代の候補者とはちがうアピールをしなくてはいけないのです。

それには「今までのキャリアを活かせること」と「その仕事を絶対にやりたいという熱意」がポイントになります。  

「30代未経験転職のメリット」でも言いましたが、それぞれの仕事についての専門知識や経験があることは転職において有利にはなりますが、それだけが社会人としての経験ではありません。  

ビジネスマナーや後輩の指導、プロジェクトリーダーや事務局としての経験、人に対する接し方など、さまざまな実績が未経験の仕事に役立つのです。

今までの自分のキャリアについてささいなことも洗い出し、それがちがう環境でどう活かせるか考えてみてください。  

例えば、カウンセラーの場合、

人事採用としての経験を活かして的確なアドバイスをするカウンセラー

部下のマネジメントの経験を活かしてしっかりとした指導をするカウンセラー

大学の就職課で事務を経験し相談者目線で寄り添うことが得意なカウンセラーなど、

それぞれ全くちがう経験を違うやり方で活躍しているのです。  

あなたのこれまでの経験の中にも、やりたい仕事に活かせるものが必ずあるはずです。自分ではなかなか見つけられないという場合は、周囲の人や転職エージェントに相談してみるのも一つの手段です。

客観的に見たあなたの強みを見つけ出してくれる可能性があります。  

 

熱意をアピール

また、未経験の仕事に転職するためのもう一つのポイントは「熱意」です。その熱意というのもただ「やりたい」という気持ちだけではなく、その仕事が未経験であることを補うために、必要な知識やスキルを身につける努力を示すことが必要です。  

たとえば資格の取得やセミナーの受講など、具体的な行動を挙げることができればベストでしょう。そして専門書やネットで、その仕事のリアルな情報もしっかりと押さえておきましょう。  

未経験の仕事に「強い熱意」を持つ応募者に対して、企業は「ただの憧れではないのか」「入社後、憧れとのギャップですぐに辞めてしまうのではないか」という不安を抱くものです。

あなたの「熱意」がただの憧れではなく、実際の仕事内容もきちんと把握したうえでの希望だということを説明できるようにしておきましょう。  

また、なぜ30代の今、未経験の仕事に挑戦したいのか、その理由もあわせて話をしましょう。

長年思い続けていた仕事にチャレンジする覚悟ができたのか、これまでの仕事を通して本当にやりたいことが見えてきたのか、いずれにしても今までのキャリアや人生経験の中できっかけとなることがあるはずです。  

そのエピソードを通して、あなたのやる気を伝えましょう。そういった経験に裏打ちされた熱意であれば、相手に強い印象を与えることができるのです。  

 

転職エージェントにも相談しましょう。

30代未経験OKの求人を探すには転職エージェントを合わせて利用することをおすすめします。未経験での転職は時間がかかったり、うまくいかない時期があることも多いです。  

そんな時にも、信頼できる転職エージェントに相談することができれば、不安定になることなく腰を据えて活動を続けることができるでしょう。

あなたがハードルを乗り越えてやりたい仕事に就けることを応援しています!

Twitterでフォローお願いします