フリーターから正社員を目指せる求人

「フリーターから正社員を目指す」といったキーワードで代表されるように、昨今フリーターの積極採用が増えてきています。  

一昔前であれば、敬遠されていたフリーターの採用。なぜ変わってきているのでしょう?

現フリーターの人が正社員を目指す際に気をつけたいポイント。

「フリーターから正社員を目指す」で検索出来る企業が、おすすめの企業なのか?ブラック企業なのかを解説します。

「フリーターから正社員を目指す」新着求人

解説前にお得情報。
ただいま、リクナビNEXTで…

フリーターから正社員を目指す、完全週休2日制、土日祝日休み、年間休日120日以上、残業20時間以内/月の新着求人

が約200件もある。好条件の求人は掲載が続かないので急いでね。

 

「フリーターから正社員を目指す」の求人が増えている背景

フリーターという言葉は「フリー・アルバイター」の略で、その定義は実はとても曖昧です。  

アルバイトをしている人、正社員・正職員以外の雇用形態の人、35歳未満の人、学生以外の若者、今は無職だが働く意思のある人など、様々な解釈がなされています。

現在は、主に雇用形態(正社員以外の人)について認識されていることが多いようです。  

このフリーター、ずっと偏見の目で見られてきましたが、その偏見が少しずつですが緩和されつつあります。  

雇用形態が多様化してきた中で、フリーターの中にもプロフェッショナルは存在しますし、学歴があってもフリーターを選んでいる人もいます。

そういうフリーターがいることを、企業も分かり始めているのです。  

そして転職サイトは、正社員を目指すフリーターを応援し、企業に対しても積極採用してもらうことを、一つの使命としています。

企業に対し、フリーターのマイナスイメージを払拭するような事例を紹介したり、特集を組んだりして賛同する企業を増やそうとしています。  

 

フリーターだから採用されやすいわけではない

「フリーターから正社員を目指す」で応募可能な求人だからと言って「フリーターだから採用されやすい」というわけではありません。

社会人経験のある人や、第二新卒の人と戦わなくてはならないのは言うまでもありません。

その中でどう戦い抜くか、しっかりとイメージすることが大切です。

 

正社員になりたい理由を明確にする事

フリーターを続けていても食べていくことは出来るはず。

それなのに正社員になりたい理由、決意は何なのか?「安定したい」「腰を据えて働きたい」といったことは誰でもが言うセリフ。

人事担当者は聞き飽きているかもしれません。  

綺麗にまとめなくてもいいのです。

フリーターを選んだ理由そこで感じたこと、フリーターを卒業すると決めた理由を、まずは自分の言葉で書き出してみましょう。

その際、可能な限り自分発信かつポジティブに捉えるよう意識しましょう。  

「制度のせいで…」「親のせいで…」など、イヤだけど消去法でフリーターを選ばざるを得なかった、というようなマイナス表現は、人事担当者に不安や不信感を与えかねません。  

例えばご家庭のご事情があったのであれば「家族と収入を両立するために、当時の私にはフリーターが最適な選択だったと思います」といったように、プラスの言葉で表現できると、好印象です。  

 

企業が不安に感じていることを逆手に取る!

企業がフリーターに抱えている不安は次のようなものです。

企業がフリーターに抱える不安

  • これまで主に「時給」でお仕事をしてきたフリーターは、採用してもより条件が好都合のところがあればすぐに転職してしまうのではないか?
  • 他にもフレックスタイムやシフト制に慣れていて、会社のペースで働くことに馴染めないのではないか?
  • ノルマや責任を負うプレッシャーに耐えられるかどうか? 

採用にはかなりの費用がかかります。

その費用と時間をかけて採用・教育したのに、あっという間に転職されては、企業もたまりません。

こういった企業の不安を逆手に取り、一つ一つ払拭していくのもおすすめです。

社会人経験者と比較して、今の自分には足りない物を理解していること、それを素直に認め努力する姿勢を見せることは、非常に効果的な方法だと言えます。

同時に、自分自身を見直すよい機会になるでしょう。

自分一人では自信がない場合や行き詰ってしまう場合は転職エージェントに相談するのもおすすめです。

転職エージェントでは、専門のキャリアカウンセラーが、あなたの強みや弱みを一緒に考えてくれますし、面接でのPRの仕方についてもアドバイスをくれます。  

 

フリーター経験をマイナスだと思わない!

フリーターに対し偏見のない企業や、積極的に採用している企業も増えてきています。

それなのに、自分自身がフリーターであることを「マイナス」に捉えていては、伝わるものも「マイナス」でしかありません。

足りない部分や弱い部分は素直に認めましょう。  

そして前を向いていること、努力すること、その意思が強いものであることをアピールしましょう。

 

「フリーターから正社員を目指す」で検索出来る企業の特徴-おすすめ?ブラック企業

応募しやすい求人はブラック企業のリスクがあります。

まだまだ低いイメージもあるフリーターの場合、応募出来る求人はやや限定的…そうなると、ブラック企業のリスクを考えなければなりません。

例えば、リクナビNEXTの場合、全求人30,000件のうち、4,000件の求人が該当します。

全求人の10%以上に応募可能となります。

 

多い業種・職種

求人を確認したところ、以下の業種・職種が目立ちました。

多い業種・職種

不動産、飲食、販売、中古車、派遣、警備、IT系、ドライバー

さあ、この結果をどう思いますか?

フリーターとしてどのような経験をしてきたかによって、応募出来る求人も異なりますが、特殊なスキルがなければこのような仕事となります。

これらの業種・職種は一般的に過酷な業務である事が多いです。

そして、歩合制である事も多い。

やはり応募できる求人は限定され、ややブラック企業のリスクのある企業もあります。

よって、「フリーターから正社員を目指す」で検索出来る企業はブラック企業である可能性の方が高いと言えます。

ただし、キャリアを積めば、そこから新しい可能性を感じられる企業も多数ありました。

フリーターで未来が見えないのならば、フリーターのイメージが向上しつつある今、新しいキャリアに挑戦してみる事をおすすめします。

以下、丁寧な対応が期待出来る転職エージェントです。

正社員を目指してみようと思った方、まずは相談してみましょう。

エージェント特徴・拠点・特記対象者求人数 詳細 
type転職
エージェント
20代 30代 40代 ハイキャリア
IT系◎丁寧・親切◎ 

特記と拠点(clickで開閉)
【type転職エージェント】
転職者視点の対応ではピカイチ。
”相談だけでもOK”を公言しています。
転職しようか迷っているあなた、
カウンセリングを受けるには最適!

拠点:東京

 関東で転職 
東京
人気No.1
特徴
マイナビ
エージェント
20代 30代 第二新卒
IT系◎ カウンセリング◎

特記と拠点(clickで開閉)
【マイナビエージェント】
カウンセリン重視の姿勢をPRしてます。
特に20代の若手の支援が得意。
面接対策に力を入れる転職エージェント。

拠点:東京・横浜・静岡・名古屋・大阪・福岡

 全転職者 
若手得意
特徴
アイデム
スマート
エージェント
20代 30代 40代 第二新卒
丁寧・親切 2社目に最適

特記と拠点(clickで開閉)
【アイデムスマートエージェント】
カウンセリングの能力は未知数。
希望を満たす企業を探し出す
マッチング能力に期待が持てる。

拠点:東京・名古屋・大阪

 全転職者  
相談したい方
特徴
JAC
リクルート
メント
30代 40代 50代ハイキャリア
全業種・全職種 外資系

特記と拠点(clickで開閉)
【JACリクルートメント】
ハイキャリア特化のエージェント。
利用者は制限されるが対象者はチャンス!
分散しないためより丁寧な対応が期待。
親身な対応は10年以上前から定評あり。

拠点:東京・横浜・名古屋・大阪・
京都・神戸

 年収600万以上  特徴

 

Twitterでフォローお願いします