転職サイトから応募しようとしたら「電話でも応募可」という文言に、手が止まった経験はありませんか?履歴書や職務経歴書についても、郵送とサイト経由、どちらが好印象なのか、気になりますよね。
元転職サイト関係者であり、企業の人事担当も経験した筆者が裏話を交え、この疑問にズバリお答えしていきます!

 

人事担当者は「よかれ」と思っている!?

一昔前までは、応募するのはまず電話で、履歴書は郵送かつ手書きが当たり前だと言われていました。

それが、転職サイトの普及により変わってきています。電話ではなく「応募する」ボタンから応募メッセージを送り、事前に登録しておいたプロフィールにより書類審査をしてもらう。  

通過したら転職サイト上に面接案内のメッセージが来る…。24時間いつでも転職活動が出来るようになり、転職者にとって転職サイトは非常に便利なツールとして根付いてきています。  

そもそも、転職サイトが普及した背景にはPCやスマホの普及が大きく影響していますが、人事担当者が使用する「企業管理画面」の使いやすさも、転職サイト普及の一つの要因だと言えるでしょう。  

人事担当者はこれまで、一件一件電話を受けてはリストを作成し、バラバラに郵送されてくる書類を整理していたのが、転職サイトのおかげで応募者を一元管理出来るようなったわけです。  

一方で、掲載が終了してしまうと転職サイト経由で応募を受け付けられないというハンデもあります。

そのため、掲載終了後でも応募出来るよう、電話での応募を併記しているケースもあるのですが、中には昔の名残りもあるのか、よかれと思って書いているケースもあります。

電話したい人もいるかも?郵送したい人もいるかも?という人事担当者の親切心からです。  

確かに、PCを持っている人と比較してスマホしか持っていない人は長文を打つのは大変かもしれません。応募締め切りギリギリであれば直接電話したいかもしれません。

諸々を想定して一応両方書いておこうと軽い気持ちから併記していることは多々あります。  

いずれにせよ、そこまで深読みせずともよい程度の理由で「電話でも応募可」と書かれていることが多いということです。  

 

転職サイトの企業管理画面とは

ここで、転職サイトで企業の人事担当者が管理する画面について少しご紹介しておきます。

企業管理画面は、掲載期間に合わせ、期間限定で閲覧・操作ができるようになっており、企業ごとに、転職サイトから、IDとパスワードが付与されます。  

管理画面では、その企業の求人広告を何人の人が閲覧したかが分かる「PV数」の確認や、メッセージの送受信、応募者のプロフィールの確認、応募者のリスト化などが可能です。

また応募者全員が、同じフォーマットでプロフィールを登録しているので、比較検討や検索もしやすくなっており、人事担当者の仕事は、劇的に軽減しました。  

 

電話や郵送の方が好印象なの?

それだけ便利な転職サイトですから、人事担当者にとっても、サイト経由で応募してもらうのが一番楽なはず。それでも電話や郵送の方が好印象なのでしょうか?  

答えは「NO」。  

転職サイト経由でも電話でも、どちらもOKという場合は、転職サイト経由で応募して全く問題ありません。電話というのは、転職サイトの応募メッセージのように履歴が残りませんし、

郵送はタイムラグが生じます。転職サイトに掲載されている求人広告には、転職サイトから応募するのが、最も安全で、確実な方法なのです。  

しかしながら、中には転職サイトやPCに不慣れで、応募者への対応が不安な人事担当者もいます。そういう場合は、応募方法の欄で、電話や郵送を指定していることがほとんど。  

その他にも、特別な事情がある場合などは必ず応募方法に何らかの指定が明記されています。こういった特別な指定がない限りは、むしろ転職サイト経由で応募する方が、人事担当者にとってありがたいもの。迷わず転職サイト経由をおすすめします。  

履歴書については、いまだに手書きが好きな人事担当者もいますが、PC作成だから落ちた、といった話は聞いたことがありません。

ただし、手書きと比較して、PCでの入力は誤字脱字に気づきにくい可能性があります。履歴書だけでなく、応募メッセージなども、十分に気をつけましょう。  

 

選択出来る場合は転職サイトの応募ボタンからでOK!

ビシっ!と最初から応募方法を指定してくれたら、こんなことで悩まなくてもいいのに…、なんて思っちゃいますよね。

よかれと思って両方OKにしたり、昔ながらの方法が好印象なのでは?と考えたりするのは日本人の習性かもしれませんね。選択可能な場合は転職サイト経由で大丈夫です。安心して応募や問い合わせして下さいね。

ただし、応募したのに企業から連絡がない場合やメッセージの返信があまりに来ない場合は要注意です。人事担当者が気づいていないケースや、システム、PCの不具合の可能性もありますので電話やメールなど、代替手段を利用するようにしましょう。

転職サイトには、便利な文例やフォーマットがたくさんあります。それらも上手く利用して、転職活動を進めていって下さいね。   転職サイトの評判を比較!

Twitterでフォローお願いします