転職サイトを利用する時には、 ”検討リスト” というものがあります。

これは、どこの転職サイトにも付いてる機能なんですが、いつか転職しようかなぁって思ってる転職予備軍にもおすすめの便利機能なんです。

転職サイトにある検討リストの便利な活用方法についてご説明します。

 

気になった企業を入れておこう

在職中だと、転職サイトをゆっくり見ている時間もないですよね。そんな時間のない方は、検討リストに次々と気になった企業を入れておくことをおすすめします。  

例えば、朝電車に乗っている通勤中の時間。

何かやっておきたいけれど、中途半端になってしまいそうなこんな時間は転職活動に活用してしまいましょう。

転職サイトの検索やメルマガから気になった企業をチェックし、どんどん検討リストに入れていきます。  

そして、ゆっくり求人をチェックできる夜などに、検討リストに入れた求人を比較して必要ない企業は削除していきます。

そうすれば応募をしたい企業だけが残って、検討リストの中身を整理できます。  

比較をするのは忙しい時でなく、冷静な判断ができそうな時間が取れる時にしましょう。

WEB応募は時間もかかって意外とストレスが溜まりやすいので、無駄を省いて転職活動のストレスを減らすためにもおすすめです。  

 

求人掲載終了前にお知らせが受け取れる

後で応募しようと思っていたのに、いつのまにか求人の掲載が終了していた…ということもよくありますよね。

検討リストに入れておけば応募するまでがスムーズになることはもちろん、 求人の掲載数日前に”掲載終了間近の企業があります”というメールを受け取ることができます。

このメールを受け取れば、うっかり応募を忘れてしまうことも避けることができます。

 

募集再開の時にお知らせが受け取れる

検討リストに入れたまま掲載終了しても、応募した企業以外はそのまま検討リストに保存しておくと便利です。

企業が求人を掲載終了すると自動的に検討リストから外れるのかというとそうではありません。

またその企業が募集を再開した時にはメールでお知らせが来るので、その時にもまだ就職活動を続けていたら、そこで気になった企業に応募するチャンスがまたやってきます。  

だから、検討リストに入れたけれど結局応募をしなかった企業は、 募集が終了したからと言ってすぐに削除をしないでそのままにしておきましょう。

募集を再開したというお知らせメールを受け取ったら改めて求人内容を確認し、改めて他の企業と比較をした上で応募してみるのもおすすめです。  

 

まとめ

気軽に”いいな”と思った企業を登録しておけるので是非活用して下さい。

特に、転職活動をちょっと面倒だと感じていたり、忙しくて集中して時間を取る時間がないという人は、検討リストに登録してしまった方が効率的。

転職サイトには他にも便利機能がたくさんあります。

上手に使って納得の転職活動にしましょう。

おすすめの転職サイトはこちらから

Twitterでフォローお願いします