未経験職種へ挑戦したい!と思ってる方、一歩立ち止まって考えてみて下さい。

今までのキャリアを捨てて、その選択が本当に正しいですか?

その判断が正しいと思う根拠は何ですか?

今のあなたの状況で未経験職種に挑戦する事のメリット、デメリットをしっかり認識できてますか?

自分1人で決めないで転職のプロである転職エージェントの意見も聞いてみればどうでしょうか。

今回は以下の男性の口コミを参考に、未経験職種への挑戦について転職エージェントに確認すべき点について解説します。

性別:男性
年齢:31歳
地域:東京
現職:営業
キャリアアドバイザーのアドバイスで未経験職種へ挑戦を踏みとどまった

新たな職種にチャレンジしようと転職を決意したのですが、キャリアアドバイザーの方にこれから長く働いていこうと考えた時に今のキャリアを活かしたほうが良いとアドバイスしていただき、その説明にとても納得ができたので気持ちが固まりました。
ご対応いただいたキャリアアドバイザーの方は、転職市場に関する情報・知識が豊富な方で、分かりやすく的確なアドバイスをしていただいたことに感謝しております。

 

新しい職種は魅力的!でも理想と現実は大きく異なる

新しい職種は魅力的に感じますが理想と現実は異なります。

まず冷静に考えてみましょう。

30歳前後で未経験職種にチャレンジするという事は、20代前半でその仕事を始めた人と比べて約10年のキャリアの差が生まれます。

そして、現職の10年のキャリアはどうなってしまうのでしょう?

夢ばかりを見るのではなく、現実を受け止めた上で転職活動を進める事が大切です。

おっちゃんも未経験職種への転職だったよね?
何で挑戦したの?

新卒でありえない職種に配属されたからね。
こんなキャリアいらね~って思ったから躊躇しなかったよ。

 

 

未経験職種の転職において転職エージェントに確認するポイント

仮に既にあなたの気持ちが固まっていたとしても、転職を成功させ、今後キャリアアップさせるためには知っておいた方が良い情報があります。

未経験職種で転職活動を進めるにしても、踏み止まるにしても以下のポイントを確認しましょう。

 

1.未経験で就ける仕事なのか?

そもそも、その職種は未経験で就ける仕事なのか?どんなに意欲があっても可能性のない挑戦は無謀でしかありません。

あなたの年齢であれば、ポテンシャル重視で何とかなるのか?

ポテンシャルではどうにもならない壁があるのか?

等、しっかり現実は受け止めるようにしましょう

 

2.現職のスキルやキャリアがどう生かせるのか?

転職が実現したとしても、未経験職種へのチャレンジは経験豊富な周囲の同僚・後輩よりも努力が必要です。

ただし、現職の経験がある事によって、彼らよりも実績が残せるとしたらどうでしょう?

それは、企業にとっても将来期待の出来る人材であり、単なる未経験の人材でありません。

そして、生かせるポイントがあれば、応募書類や面接で最大限PRするべきです。

 

3.今から未経験職種に挑戦した場合の今後のキャリアプラン

今は未経験職種への挑戦だけで精一杯かもしれませんが、それから、5年後、10年後…とどいうったキャリアプランがあるのかを知っておきましょう。

場合によっては、数年後に再度転職する事を視野に入れる必要があるかもしれません。

また、出世の見込めない職種であったり、過酷な労働であったりと、想定していなかった情報が入手できるかもしれません。

ネガティブな情報も取り入れた上で、今後のキャリアプランを考えましょう。

 

したい仕事へのチャレンジ自分次第!納得できる転職活動を!

今回のケースでは、キャリアアドバイザーのアドバイスによって、新たな職種へチャレンジすることはなくなりました。

これが良かったのか?悪かったのか?は分かりません。

新しい職種にチャレンジする事で明るい未来が待っていたかもしれませんし、そうでないかもしれません。

もしかしたら、キャリアアドバイザーが転職させやすい現職での転職に誘導したかったのかもしれません。

転職エージェント(人材紹介会社)は転職のプロです。

そのプロの言葉は説得力があり、引き込まれる事もあると思います。

 参考にする分には構いませんが、自分の人生がかかった転職ですので、最終的には自分が納得できる選択をするようにしましょう。

一般論として何かを始めるのに遅い事はありません。

30歳から新しい事を始めたとしても、その後、30年近くはその職種で働く事が出来ます。

今回のケースではチャレンジせずに、新しい職種は断念した結果となりましたが、気持ちが強いのであればチャレンジしてみる事は素晴らしいです。

それでダメであれば諦めもつき、今の職種で頑張る事ができるのではないでしょうか。

公式サイト

 

Twitterでフォローお願いします