転職求人に依頼する求人条件は緩めが良い

転職エージェントにWEB登録し、初回面談時、条件にマッチする求人を紹介してもらえます。

そして、時々ここで事件が起こります。

 

こんな条件言ってないよ。私の話聞いてないだろ?

 

 

これで転職エージェントを信用しなくなる人がいるのですが、ちょっと待った!!

今回は以下の口コミを参考に、初回面談時にどういった求人を紹介してもらうのが良いのかを解説します。

性別:男性
年齢:37歳
地域:東京
職種:プログラマー
エージェント:type転職エージェント
口コミ(クリックで開きます)
エージェントには3社ほど登録しましたが、typeのアドバイザーは知識、経験もそれなりにお持ちで、信頼できる方でした。
話も分かりやすく、求人もかなり多く準備してくれました。
最初に見せていただいた求人の内容は様々でしたが、初回だったので色々な可能性を探ってもらえたのかな、という印象を受けましたし、まずは沢山の求人から選びたかったので特に嫌な気はしませんでした。
転職活動中も迅速に連絡をもらえたので、最終的にはこちらに絞って活動をしていました。
人それぞれ、エージェントに求めるポイントは異なるかと思いますが、概ね満足できました。

 

初回面談時に紹介される求人の重要性

初回面談時に紹介される求人は非常に大切です。転職エージェント側、登録者側で、それぞれメリットがあります。

 

転職エージェントは興味度を知りたい

初回の求人紹介時、転職エージェントは応募できそうなものはとりあえず紹介することで、登録者がどんな求人に興味があるかをチェックする傾向があります。

ここで全く興味を示さなければ、今後、関連する求人紹介はなくなります。

応募しない場合でも、その理由をしっかり伝えておけば、今後はよりマッチした求人の紹介が届くようになります。

初めはやや面倒かもしれませんが、なぜその求人に興味がないのかを丁寧に説明しよう

 

登録者は「こんな求人にも応募できるの?!」という新発見がある

転職のプロから見ると、「あなたならこんな求人にも応募できるんですよ」といった提案も可能です。

登録者は、初回面談時の求人紹介によって、新たな自分の可能性に気付く事が出来ます。

知らぬ間に諦めていた仕事や、想像すらしなかった仕事の場合、それらも含めて今後のキャリアを考える事が出来るようになります。

 

転職エージェントに伝えたい条件

自分の方向性が決まっていたとしても、自分の意思を確認するためにも求人の条件は次のように言いましょう

自分が応募できる条件の企業を教えて欲しい。
業種・職種は問わない。

 

素人考えで自分の可能性を決めるのではなく、まずは転職のプロにあなた自身を評価してもらいましょう。

「実は、こういった経験者を求めてる業界があるんですよ」

という情報を提示頂くケースもあります。

そこからあなたのキャリアが飛躍的に伸びる事だってあります。

これこそ、転職のプロの支援を受ける醍醐味です。

自分の意志はもちろん大切。でも、選択肢を知っておくことも大切です。

ただし、あなたのキャリアにおいて、あまりにも紹介できそうな求人が多い場合は、キャリアアドバイザーから質問があるので正直に答えましょう。

 

求人紹介は転職エージェントにある程度は任せた方が良い

 転職エージェントのキャリアアドバイザーは日々多くの求職者とコンタクトをとっています。

一人一人のこれまでの経験や、業界のこと、勤務先の給与や福利厚生のこと、雰囲気など、生の情報を日々仕入れ、知識を増やしています。

よって、転職エージェントを利用すれば、今、どんな経歴の人がどの業界や職種に求められているのか、業界毎の景気はどうなのか等、一人では知れない情報を入手出来ます。

そして、経験豊富なキャリアアドバイザーは、求職者にマッチした求人を選定します。

注意すべき点は、しっかり時間を取って説明出来る環境にある事。

優秀なキャリアアドバイザーだとしても、その企業方針で効率重視であれば、一方的に求人を紹介してくるだけです。

そうなると、冒頭に紹介した…

 

こんな条件言ってないよ。私の話聞いてないだろ?

 

 

といった状態になってしまいます。

下表のように、カウンセリング重視の転職エージェントを選ぶようにしましょう。

 

 

Twitterでフォローお願いします