転職しようと思う時、求人はどれぐらいあるのか?給与はどうなるのか?等、同業界であっても意外と分からないんですよね。

これを自分で把握しようとすると、日頃から、競合他社と積極的に接点を持っておく必要があります。

でも、実際はそんな事はなかなか難しい。

だから、転職市場を知りたい時は、転職エージェントに聞いちゃうのが一番早いんです。

今回は以下の女性の口コミを参考に、転職エージェントに転職市場を確認するポイントを解説します。

性別:女性
年齢:28歳 
地域:東京 
現職:WEBマーケター 
志望:WEBディレクタ
エージェント:type転職エージェント
type転職エージェントで転職市場の調査

転職市場の状況もふまえて丁寧に説明してもらい、自分のこれからの転職活動の進め方を想像できた。
前日の夜にメールを送ると、次の日の午前中には分かりやすい説明が送られて来ていて、素早い対応と説明の充実を感じました。

 

売り手市場なのか、買い手市場なのかを把握しておくことが大切

転職活動をする際は転職市場を把握しておく事が大切です。売り手市場なのか買い手市場なのか。どんな業界でどんな職種の需要があるのか。

どこでどんな人材が求められているのかといった情報は、転職の成功に欠かせないものです。

いつも市場の様子をチェックしている転職エージェントのアドバイザーたちは、誰よりも転職市場に詳しい存在です。

彼らに相談すれば、自分ではなかなか知ることのできない生の情報を得ることができます。

 

転職エージェントに転職市場を確認する際に注意したい事

転職エージェントは求職者を企業に入社させる事で報酬を得ます。

よって、悪い転職エージェントに登録してしまうと、得意な業界の利点ばかりを説明し、求職者が希望する業界をすすめないという事があります。

納得出来ない情報だった場合は、他の転職エージェントからも情報を取るようにして下さい。

複数の転職エージェントから同じような話をされた場合、別の方向性に切り替える必要もあるかもしれません。

一番良くないのは、転職エージェントに言われた事を100%信じてしまう事。

しっかり自分を持って、転職エージェントとの面談に臨みましょう。

おっちゃんの譲れない事は何?

適度な勤務時間としっかり休める事

最近の働き方改革に便乗するってやつね。でも、これも大事だよね。

 

type転職エージェントに転職市場を聞くと期待出来る事

今回登場のtype転職エージェントは、転職市場の情報収集にもおすすめの転職エージェントです。

丁寧なカウンセリングが評判のtype転職エージェントでは、しっかりと時間をかけて相談にのってくれます。

今回の口コミのように、あなたの希望をしっかり聞いた上で、現在の転職市場と照らし合わせてどんな可能性があるのかを丁寧に説明してくれるというわけです。

例えば、あなたのスキルや経験が今はどこで高く売れるのか?そのスキルがあれば、どの程度の給与UPが可能なのか?

こういったことは自分では気付けませんよね。

転職のプロにサポートしてもらう事で自分のスキルが最大限生かせる場所を見付ける確率が高まります。

type転職エージェントの特徴
  • 業務効率を重視しない丁寧な対応が特徴。転職者視点のサポート。
  • 利用者の満足度が高い(87%が満足)
  • 特にIT系、WEB系、営業系、管理系に強い
  • 求人の説明が丁寧
  • 関東に限定してるため中小企業から大手企業まで幅広い求人
  • 関東(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の方)に特化。東京(関東)でおすすめNo.1

公式サイト

 

将来的なキャリアプランも相談出来る

転職する場合、現時点だけでなく、5年後10年後を考えておく方が良い!

今、転職してどういったキャリアアップを目指せば良いのかを考える事で、目的が明確になり企業選定にも役立ちます。

将来を見据えた提案をしてもらえるのも、転職エージェントを利用する大きなメリットですね。

 

信頼できる転職エージェントをパートナーにしよう!

転職市場を確認したい時は転職エージェントが有効です。

でも、どこの転職エージェントでも良いわけではありません。

type転職エージェントのようにしっかりの話を聞いてくれ、自分の希望に合った情報をくれるところを選びましょう。

そして、レスポンスが早いところが良い。

キャリアアドバイザーとは直接の面談以外にも、日程調整や求人についての相談、書類の添削など、メールや電話でのやりとりが頻繁にあります。

求職者から問い合わせがきたら、すぐに返信するのは当然のことですが、時々対応の遅いキャリアアドバイザーもいます。

そんな時には、一度「翌日には返事がほしい」などと伝えてみて、それでも変わらないようであれば、担当者の変更をお願いするか、転職エージェントを変更する事も視野に入れましょう。

大切な転職活動ですから、本当に信頼できるアドバイザーと一緒にすすんでいきたいですよね。

Twitterでフォローお願いします