MENU
就活支援サイト

dodaキャンパス

ベネッセと人材サービス大手のdodaが手を組んだ安心の就活サービス。登録しておくとインターン情報や特別な採用情報があなたに届く。

OfferBox

dodaキャンパスと同じく企業からのオファーが届く就活サイト。こちらは、3年連続学生利用率No.1。代表はdoda運営の現パーソルキャリア出身。要チェックです。

就職エージェントを利用する前に

チェックした?

運営者プロフィール

私は2001年入社組です。よく言われる就職氷河期という時代です。ただ、それほど氷河期だったのかな?というのが本音。内定もらえる人はいくつももらえるし、ダメな人はさっぱりという感じでした。最近も厳しい時代が続いておりますが、しっかり準備していれば第一希望の会社だって入れると思います(2010年記録)。

2020年10月現在、新型コロナウイルスの影響で就職氷河期の再来と言われています。このタイミングで就活となる学生のみなさんは不安だらけだと思いますが、周囲に流されず自分を持って就活を頑張って下さい

得意な業種・職種

食品業界を中心に、化学系などの関連する業種を回ってました。職種は技術 or 営業です。同時に練習用に外食産業も積極的に受けてました。今の学生さんは信じられないかもしれませんが、外食産業でさえ説明会は満席で内定を取るのは簡単ではなかったのが就職氷河期です。

就職活動成績

4年の4月以降はほとんど落ちてません。内定と最終面接は辞退を含めると15社ぐらい。学校でもちょっと有名人でした。今となっては過去の栄光。3月~4月は毎日2件訪問で手帳は真っ黒でした。あの時の私の趣味は就活だった・・・。

入社当時(2001年記録)

現在入社1年目の新入社員です。実際企業に入り社会の厳しさと就職活動中の話はデタラメが多いことも感じています。私の会社の規模は業界No.1ではないけど、商品はどこのコンビニ、スーパーでも置いてあるってぐらいの製パン企業です。
 
外から見てる内は本当にすばらしい会社で、大学の友達からもうらやましがられたのが懐かしい今日この頃です。採用は職種別採用で私は技術系に就けるものだと思ってたのに入社したらそんなのおかまいなし。
 
上司の話では一年後に希望の職種に就けるということですが…。今の仕事にも最近は慣れてきて順調ですが、やはりしたい仕事がしたい!特技を活かしたいというのが本音です。

入社1年後(2002年4月)

入社して1年たってしまいました。上司に異動願い出してみましたが叶わずです。理由は技術がたりないからといわれました。ところが私よりさらに技術のない未経験君が私の希望部署に配属!なんでやねんって感じです。
 
上司に問い詰めると、「あいつは今の職種むいてないから」って。じゃあ技術足りないはなに?私はどうすれば希望がかなうのかしら?・・・??私は今の職種向いてるの?そうは思えないんですが・・・??と錯乱状態なのが今の私。

退職直前(2002年7月)

資格でも取ろうかと思っていたんですが、1日13~15時間以上の勤務に断念。そして、退職決定しました。私の会社は製パンメーカーであり、チェーン展開している外食産業でもありました。それで私は配属3日前にいきなり店長候補としてレストランで接客をやるはめになりました。ちなみにそれまでは技術系のお仕事だと言われてたんですがね。最悪な会社。だから私にはなんの技術力がありません。

転職1年後(2004年5月)

結局、色々考え、医薬品関連の会社に再就職して、1年経ちました(再就職は2003年4月)。再就職後は新しい仕事を覚えつつ、キャリアカウンセラーの学校にも通いました。
 
前職と比較すると、充実しているのかな?と思う反面、今後の人生についても真剣に考える今日この頃です。働くという事は、生きていくためには不可欠であり、ゆえに、それに悩み苦しむ人がたくさんいます。ただ、仕事に生きる人生というのはどうなのでしょうか?
 
世間では不況だからという理由で、サービス残業がまかり通り、リストラにおびえる中高年の方が増えています。会社に自分の人生を脅かされるのなんてまっぴらごめんです。自分で生き抜ける力を身につけていきたいものです。ちょっと脈絡のない文章ですが、最近こんな事をよく考えちゃいます。

転職4年後(2007年7月)

このホームページを作成して、6年も経っちゃいました。ホントにあっという間ですね。さて、私はどうしているかというと・・・まだ、医薬品関連の会社にいます。
 
決して今の仕事に100%満足しているわけではありませんが、まずまずの給料、休日、勤務時間・・・と仕事の内容以外のところに納得して、仕事を続けているのが現状です。
 
ただ、私にとって就職サイト作りは自分がやりたい事なんで、それが実現できてる現状は悪くないのかなぁとも思います。自分で企画をし、それをWEBに公開し、アクセス数がぐんぐん伸びれば、本業で得られないほどの喜びを感じる事が多々あります。

転職7年後(2010年4月)

時代の流れは速いものです。自己紹介ページの更新が3年ぶりとは・・・。仕事の方は引き続き医薬品メーカーで、 歴代1位のスピードで役職がもらえたりとそれなりに充実しております。
 
最近思う事は、大手メーカーもいいけど、中堅ってけっこういいかも・・・ってこと。人数が少ないから自分の裁量で仕事を進められるし出世も早い。ただし、競い合う同期が少ないので自己啓発は欠かすことができません 。
 
最近は採用も担当していますので面接官なんかもやってます。WEBサイトの方は更新をさぼりがちですが、面接データベースなど独自性のあるサイトも作る事ができて自己満足しています。これからもボチボチやっていきたいと思います。次は添削サービス関連の何かを始めようかなと思う今日この頃です。

転職10年後(2013年5月)

WEBサイトの全面リニューアルついでに自己紹介も更新しておきます。さてさて私はというと、今の会社にどっぷり漬かっちゃってます。10年も在籍すると、仕事のやり方も覚えましたし順調ですね。しばらくは転職はないかな。WEBサイトの方はマイペースで更新しています。最近は転職サイトが中心。

転職14年後(2017年3月)

全面リニューアル毎に自己PRも更新になってますが見事に3-4年毎です・・・。我ながらサボってます。でも、昔の自己紹介っておもしろいですね。若かりし自分の考えが懐かしくも恥ずかしくなります。でも、こういう記録って大事だと思います。このページを更新する度に自身のキャリアを考えるきっかけになります。
 
さて、最近の私ですが・・・ずっと同じ会社にいます。完全に中堅です。最近はもうすぐ40歳という事実がグサっときます。人生、後半分あるかな~。父が病気になってしまったので、ちょっと色々考えるこの頃です。 

転職17年後(2020年10月)

全面リニューアルついでの自己紹介の更新。WEBサイトを公開してから約20年経過となるとちょっと感慨深い。現在の私はと言うと、ずっと同じ会社にいます。営業の管理職をやりつつ、採用担当もこなし、当然、実務もやります。営業成績は申し分ないので、それと言って不満もなし。

サラリーマンでいる事を悪く言う人も多いですが、やる事やってれば居心地は良いですし、組織の大きな力を動かせます。副業や起業と言うと聞こえは良いですが、不況になると組織の力の方が圧倒的に強いものです。やりたい事があるのなら、組織に属しながら土日祝日を使ってやりましょう。

WEBサイトの運営については、広告収入が大きくなりましたので、法人化して10年が経過しました。一時期は収益第一主義に走ったこともありますが、最近は初心に戻り就職に困った方へのアドバイスを積極的に行っています。

という事で、こんな運営者に相談したい方は遠慮なくお問い合わせ下さい。ツイッターもボチボチやってます。

お問い合わせツイッター