MENU
就活支援サイト

dodaキャンパス

ベネッセと人材サービス大手のdodaが手を組んだ安心の就活サービス。登録しておくとインターン情報や特別な採用情報があなたに届く。

OfferBox

dodaキャンパスと同じく企業からのオファーが届く就活サイト。こちらは、3年連続学生利用率No.1。代表はdoda運営の現パーソルキャリア出身。要チェックです。

就職エージェントを利用する前に

チェックした?

エントリーシートの重要性|企業が学生にESを書かせる理由

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次

エントリーシートとは

エントリーシートは選考に用いる場合、面接の参考資料にする場合などに用いられます。大企業にもなると応募者数は1万人を超えることもありますが、こんな大勢と面接するのは無理なんで、ふるい分けにエントリーシートが利用されるわけです。

履歴書とエントリーシートはどっちが重要?どう違う?

どっちも重要ですがエントリーシートの方が完成度が要求される。

履歴書はどこの企業でも必ず提出します。選考の基準にもなりますし、面接の際には履歴書に沿った質問もされます。ただ、履歴書だと学生によってフォーマットが違うので公平に評価できません。エントリーシートだと、企業が必要とする回答を全ての学生から得られるメリットがあります。リクナビなどで企業にエントリーする際は、まずエントリーシートで1次選考となる事が多いです。

エントリーシートの方が重要な理由

エントリーシートは企業が特に聞きたいポイントをまとめた応募書類です。主にここに記載された内夜を評価され書類選考の結果が決まります。また、各企業で質問も異なりますので、用意しておいたPRをどのようにアレンジするのか?が重要な要素となり難易度という点でもエントリーシートの方が高いものとなっています。

採用担当者が履歴書でチェックする事

私の場合はまずは学歴、そして資格…面接の雑談用に趣味をチェック。履歴書の方が文章が短いので役員がパッと見るのは履歴書かも。で、実務の採用担当者が真剣に見るのがエントリーシート。採用担当者は概要をまとめて役員に報告するので、採用担当者が吟味するエントリーシートの方が大切。これは会社によってはちょっと違うかも。

エントリーシートと履歴書に同じ項目がある場合

同じ内容で構いません。変える方がおかしいですよね。スペースの関係上、エントリーシートの方が詳細を書くことになるので、履歴書は核となる部分のみを書くように工夫しましょう。

エントリーシートを提出するタイミング

以下の3パターンとなります。

  • 説明会前に提出する場合
  • 説明会の時に書かされる場合
  • 説明会前と説明会場の両方で書か場合(これが一番多い)

説明会前に提出する場合

企業は意図は次の通りです。簡単に言えば手間を減らすため。

  1. 重要度は企業によって全く異なります。企業によって他の企業では聞かれないような内容で、さらに文字数800字×5問という膨大な量のところもあります。こういう企業は難題をふっかけることによって、適当な気持ちでエントリーする学生を門前払いにする意図があります。エントリー数が多ければそれだけでかなりの労力がかかってしまいますからね。
  2. 企業にしてみれば学歴で学生を切り捨てる場合も便利ですよね。 意味もなく不採用にしたら印象は良くありませんが、 「エントリーシートの結果、不採用に決定しました」ってすれば自然です。

説明会会場を確保するのにもお金がかかります。参加人数が多ければそれだけ手間もかかります。前もって書類選考することは当然。

説明会でエントリーシートを書く場合

これが1次選考となります。説明会参加申し込み時にエントリーシートを提出しない場合は 、説明会場で書かなくてはならないでしょう。このエントリーシート内容(持参した履歴書も)が1次選考になる場合がほとんどです。

説明会場でエントリーシートを書く時間は限られています。だから説明会場には早めに着いておく事が大切。

説明会前と説明会の両方でエントリーシートを書く場合

説明会で記載するエントリーシートの方が重要です。説明会前(インターネット)で自己PR、志望動機など基本的な内容だけを記入した場合は、説明会会場でさらに細かい質問のエントリーシートを書く事がよくあります。この内容が選考に使われる事ががほとんどです。インターネット上で提出した内容については、その後の選考ではそれほど重要視されていないと感じましたが、どのようなことを書いたかは記録を残しておこう。

説明会前と説明会当日に記載する内容が矛盾しないよう気を付けましょう。

エントリーシートでよくある質問と回答例

エントリーシートでよく聞かれる質問と回答のテクニックを紹介します。面接でも同じようなこと聞かれるのでここに掲載した質問は答えれるようにしておきましょう。複数の質問がありますので、複数のPRネタを用意し質問に対してそれらをアレンジする必要があります。

基本のPR3セット

  • 自己PR
  • 学生時代に頑張った事
  • 長所

成功体験を教えてください。

学生時代に力を入れた事をアレンジしましょう。  

直面した困難なことと、それをどうやって乗り越えたか?

学生時代に力を入れた事をアレンジすれば問題ありません。

志望動機は?

入社後にやってみたいことは?

職業観をしっかり考えておきましょう。要自己分析です。自分の職業観と企業の特徴を関連付けて記載すれば完璧です。

当社の商品についてどう思いますか?

実際に自分が使ってみてどう感じたかを書けばOKです。消費者視点の考え、どうすればさらに支持されるのかまで考えておくと良いでしょう。  

当社に新商品を提案してください。

新商品を考えるのが難しかったら、既存品をリニューアルした物を提案するのもOKです。

最近関心のある事は?

面接で突っ込まれてもいいようにある程度知っている内容を書きましょう。

エントリーシートは応用力を試される

時々、想定外の質問があります。これに対応するにはしっかり自己分析しておくしかありません。後は経験です。何社も受けると色んなエントリーシートに出会い、結果として応用力が付きます。特に就職活動初期は受けて受けて受けまくって下さい。そうする事で経験を積むと、エントリーシートでは落ちなくなります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる