どこの転職エージェント(人材紹介会社)が良いのか?悪いのか?・・・判断するのはなかなか難しいと思います。 完璧な転職エージェント(人材紹介会社)は存在しません。必ず悪い評判・口コミが存在します。色んな求職者がいますのでこれは仕方がないと思います。こういった事を理解した上で転職エージェント(人材紹介会社)を利用しましょう。

 

良い評判ばかりの転職エージェントはない

ここでは、評判が悪い転職エージェント(人材紹介会社)の行動パターンを紹介します。あなたがご利用中の転職エージェント(人材紹介会社)で該当する内容が多ければ、あなたにとってはそこは良くない転職エージェント(人材紹介会社)と言えるでしょう。

ただ、注意したいのは、転職エージェント(人材紹介会社)も求職者を見て対応しておりますので、あなたのキャリアがその転職エージェント(人材紹介会社)にとって好ましくないだけかもしれません。

転職エージェント(人材紹介会社)の批判をするだけではなく、自分のキャリアを客観的に見る事も大切です。

 

よくある評判の悪い口コミ

それでは口コミで見かける悪い評判について紹介します。

 

ネット経由で登録したが、面談にさえ案内されなかった。

これは、転職エージェント(人材紹介会社)にとってあなたのキャリアに魅力がない場合に生じます。つまり、あなたのキャリアに適する企業を紹介できないと判断された事になります。 

ただ、 キャリアの優れている求職者を優先させる方が効率よく収益につながりますのである程度は仕方がない事かもしれません。

ちなみに私は、リクルートエージェントdodaJACリクルートメントパソナキャリアにネットで登録した結果、パソナキャリアのみ面談さえ行って頂けませんでした。 

パソナキャリアは高キャリアの方には集中した支援が期待できますので、 高キャリアの方にはおススメの転職エージェント(人材紹介会社)ですね。 

なお、WEB登録後、希望者に必ず面談を行うのはSpring転職エージェントです。初回面談を重視する方はチェックしてみましょう(WEB登録時に面談を希望する旨記載しましょう)。

 

面談したキャリアアドバイザーのアドバイスがいいかげんだった。

担当のキャリアアドバイザーが本当に能力がないケースもありますが、応募書類が雑だったり、やる気が感じられない場合は、適当な対応をされるかもしれません。 

前者の場合は、運が悪かったと諦めて、違う転職エージェント(人材紹介会社)を利用する方が無難かもしれません。 

これは、どこの転職エージェント(人材紹介会社)でも聞く話ですが、 type転職エージェントのキャリアコンサルタントの対応は評判が良いですね。面接練習はdodaがおススメです。

 

希望していない求人の案内が多い。

転職エージェント(人材紹介会社)は希望の求人以外には関連する求人を案内する傾向があります。 

個人的には応募の幅が広がって良いと思うのですが、必要がない場合には、はっきりとその旨伝えましょう。もしかしたら、どのような仕事を希望しているのか明確に伝わっていないかもしれませんしね。

 

求人の案内が来ない。

案内された求人に対して断りの連絡(理由を含む)を入れなかったり、曖昧な態度ばかりとっていると、次第に人材紹介会社から連絡が途絶えます。転職を前向きに考えている求職者に力を入れるのが自然の流れですよね。

リクルートエージェントは求人数No.1です。もし、リクルートエージェントを利用していて、求人の案内がなければ、あなたに問題がある可能性が高いです。

 

強引に内定承諾を迫られた!

転職者と転職エージェントとの間のトラブルの最も多いものの1つです。転職者としては出来れば複数の内定先から、自分が最も納得の行く転職先を選びたいものでしょう。 

しかし、転職エージェントは自分で紹介した転職先でなければ売上にならない。その結果、転職者からは強引に内定承諾を迫られたように感じます。

 

紹介された企業に入社したら聞いていた内容と違っていた

誤解を恐れずいえば、いかに納得して100点満点の転職を果たした方でも、必ず起きるギャップです。 

もちろん、求人票に書いていた内容、面接で聞いた内容と違うというのは論外ですが、この場合、転職エージェントも一緒に騙されているパターンです。 

こればかりは、転職エージェントがいかに有能であろうと、転職先の情報を全て網羅しているわけではありません。 

転職とは、そもそもリスクが高いのです。いかに転職活動がうまくいっても、職場環境を一変させることになりますので、不確定な要素は必ず出てきます。それを乗り越えるのは、正直なところ、転職者の努力によるほかないのです。   

 

転職エージェントの悪い評判まとめ

転職エージェント利用者からの悪い評判がなかならないのは仕方がないかもしれません。理由の1つに、転職エージェントも得意とする領域があるからです。

最近は特定に領域に特化するところも出てきています。表向きは全ての転職者を対象としていても、得意・苦手は存在します。

求職者も転職エージェントの特徴をしっかりつかんだ上で利用する事が好ましいです。以下、年代別で評判の悪い転職エージェントをまとめましたので参考にして下さい。

Twitterでフォローお願いします