売手市場、景気が良い!2018年の冬のボーナスは過去最高の86万2986円!

こんなニュースが流れる度に、みんなはこんなにたくさん貰ってるのかよ!こんな安い給料じゃ貯金もできない!飲みにもいけない!

こんな愚痴がいろんなところで聞かれます。

給料が全く上がらないという方、もしかしたら、現在の業種が悪いのかもしれません。ここでは、業種・職種毎の給料(年収)の違いと、年収UPにおすすめの転職サイトと転職エージェントを紹介します。

 

給料が安いのは業種が悪いのかも!業種毎の年収ランキングをチェック!

dodaがサービス利用者を対象に調査した業種毎の年収ランキングを発表しています。登録者数も非常に多く、信憑性のあるデータと言って良いでしょう。ここではこのデータを用いて紹介します。

2018年版 平均年収ランキング(doda)

 

調査対象

期間:2017年9月~2018年8月
対象:dodaエージェントサービスに登録した約36万人
年齢:20歳~65歳

業種別年収ランキング

【大分類で比較】 

順位 業種 平均年収
1位 IT/通信 461万円
2位 総合商社 461万円
3位 メーカー 456万円
4位 メディカル 450万円
5位 金融 446万円
6位 建設/プラント/不動産 418万円
7位 インターネット/広告/メディア 412万円
8位 専門商社 406万円
9位 サービス 376万円
10位 小売/外食 355万円

大きく10の業種に分類するとこのようになります。IT系、商社が1位となりますが、1位と10位で平均年収はそれほど大きな開きは開いていません。次にもう少し細かく分類した業種別で比較してみましょう。

 

【小分類で比較】

順位 業種 平均年収
1位 投信/投資顧問
(金融)
839万円
2位 医薬品メーカー
(メディカル)
611万円
3位 たばこ
(メーカー)
584万円
4位 診断薬/臨床関連
(メディカル)
570万円
5位 財務/会計アドバイザリー
(サービス)
561万円
6位 信託銀行
(金融)
561万円
7位 医療機器メーカ
(メディカル)
554万円
8位 トイレタリー
(メーカー)
552万円
9位 家電/モバイル/
ネットワーク機器/プリンタ
(メーカー)
539万円
10位 総合電機メーカー
(メーカー)
536万円

1位は投資系、2位は医薬品メーカです。

大分類の最下位が小売/外食で平均年収355万円なので、この下にもっとたくさんの業種があるって事です。

この差・・・すごい大きいですよね。業種の平均年収ですから、どこの業界に入るかだけで、概ね給与が決定してしまうというわけです。さらに役職の有無によって何百万円の差が生じてしまうわけです。

新卒の場合、学部によって多少の制約はありますが、業種は選び放題なので、自身の適性を考慮した上で、やはり高収入を狙える業種を選択した方が良いでしょう。

 

私が転職で年収UPした時の事例

私は20代で外食産業から製薬メーカー営業関連へ転職しています。製薬メーカーでの経験はありませんでしたが、ポテンシャル重視という事で採用されました。

新卒で入社した会社は食品メーカーでもあり外食産業でした。全国展開している大手食品企業で、転職した製薬メーカーは誰も知らない中小企業でした。 転職前の食品メーカーと転職した製薬メーカーを比較すると次のようになります。

 

給料:
製薬メーカーの方が年収で100万円近くUP。

 

休日:
製薬メーカーの方が、年末年始、連休などまとまった休みがある。

 

有休:
製薬メーカーの方が自由に取れる。

 

このように、会社規模ではなく、業界の違いによって、その待遇が大きく変わる事という事です。製薬業界に興味のある方はこちら↓も参考にして下さい。 

 

職種は自分の好きな事、業種はお金目当てで良いんじゃない?

やりたい仕事ならお金は関係ない?イヤイヤやっぱり大事でしょ?って事で、真ん中をとって、職種は”自分のやりたい事”を重視、業種は”お金重視”という考え方はいかかでしょうか?

業種をちょっとした興味本位で選んでしまうと、年収が大きく減少し、日常の生活が寂しいものになってしまう可能性があります。

転職において、一部の専門の職種以外の場合、業種の変更はそれほどハードルにならない事も多いので、現在の業種に不満のある方は業種変更を検討されるのもいいかもしれません。

 

年収UPにおすすめの転職サイト・転職エージェント

前項で説明したように、特に業種が変われば、給料も大きく変わる事がよくあります。業種を変更するだけであるのなら、転職エージェントは自分にマッチするところを選べば良いでしょう。

ここでは、その中でもハイキャリアに特化した、まさいく年収UPを目的に利用できる転職サイト、転職エージェントを紹介します。

 

JACリクルートメント(ハイキャリア特化)

年収500万円以上の支援は特に得意。 外資系狙いの方にもおすすめ!
登録拠点:東京・大阪・神戸・京都・名古屋・横浜

JACリクルートメントのサービス紹介

 

私も利用した事がある印象の良い転職エージェントです。以前は若年層の支援も行っておりましたが、最近は年収500万円以上のミドルからハイクラスの転職者への転職支援に特化するようになっています。

親身な対応で評判が良く、幅広い年齢層に支持されていた転職エージェントです。その支援をミドル層以上に集中するようになりましたので、対象の方は、一層強力な支援を受ける事ができるようになっています。 

JACリクルートメントを利用して転職を成功させた65%以上が35歳以上となります。

 

ビズリーチ

高待遇案件が豊富な転職サイト。ワンランクUPの転職活動!

ビズリーチのサービス紹介

年収600万円程度を対象とした高収入向けの求人が掲載されています。ほとんどのケースがスカウトを受けてからの応募となります。

スカウトのメールが頻繁に届きますが、レジュメを充実させるほどマッチした高待遇のスカウトが届きやすくなります。自分で求人を探す事も出来ますが、待ちの転職サイトとして利用するのもいいでしょう。

全ての機能を利用するには有料会員になる必要があるというのも特徴的です(何かしらキャンペーン中で無料の時がほとんど)。費用を支払う企業視点の転職サイトが多い中、ビズリーチは一部を有料とすることで、転職者視点の運営を行っています。

Twitterでフォローお願いします

おすすめの記事