転職サイトの条件検索や、こだわり検索等で見かける「中途入社50%以上」の文字。転職者にとって、入社しやすそうな反面、ブラック企業の匂いも…。

そもそもなぜ、中途入社が多いのか?おすすめなのか?気になる裏事情を分かりやすく解説します!

 

結論

中途入社50%以上は珍しくない!転職者にとっては良い環境かも。でも時々ブラック企業が混ざってるから気を付けてね。

     

    「中途入社50%以上」って一体どんな会社なの?

    そもそもどんな会社なの?とまずは疑問に思いますよね。多くの会社を取材してきた中でいくつかのキーワードが見えてきました。中でも代表的な5つをご紹介します。  

     

    規模が小さめの会社

    日々の業務が多忙すぎて、新卒を育てる人的余裕や時間がなく、中途採用に頼る傾向があります。

     

    新しい会社

    設立から間もない会社などは、すぐに売上を上げてくれる即戦力(経験者)が必要です。また、新卒採用をやったことがない会社も多いようです。  

     

    従業員数が少なめの会社

    欠員募集や数名の増員目的の募集がメインのため、時期を問わない中途採用が多くなるようです。

     

    人事組織や教育体制が整っていない会社

    新卒採用は一年を通して行う必要がある上、教育もイチから行わなくてはなりません。それに比べ、現場でのOJTのみで入社後の導入が可能な、中途採用がメインとなっています。  

     

    中途採用にこだわる会社

    新卒を採用する体力はあるものの、スキルや経験のある中途採用にこだわる会社も増えています。実は業績が伸びている会社も多いように思います。

     

    中途入社50%以上はよくある話

    新卒の離職率の高まりを受け、リスクのある新卒より、中途採用を増やそうと、方針転換する会社も出てきているようです。今や、「中途入社50%以上」はさほど珍しいことではなくなってきています。  

     

    新卒採用って、そんなに大変なの?

    中途採用を好む会社の中には、新卒採用をする体力がない会社も多いことが分かりました。

    では新卒採用の何が大変なのか?それは費用、時間、手間の全てです。新卒採用のサイトに掲載する広告費は、転職サイトの数倍しますし、会社案内やホームページの充実も必要な場合、費用は数百万円に及ぶことも。

    また、期間も長く、応募から、内定者フォローまで含めると、一年中採用活動している感じです。

    近頃は、新卒のサイトだけでなく、ブログやSNSも放ってはおけませんよね。ようやく入社したら、今度は社会人としてのマナーから教えなくてはなりません。

    これだけの仕事を、通常業務と並行して行うのは困難。専任の担当者や、独立した人事部門がないと、新卒採用は大変なのです。こういった背景からも、中途採用をメインにする会社は、実に多いのです。  

     

    「中途入社50%以上」の会社のメリット・デメリットは?

    中途入社の割合が高いことのメリットは、何よりも「働きやすさ」や「馴染みやすさ」でしょう。

    新卒が多い会社の場合、4月に入社した同期たちの中に、一人ぽつんと入っていくのは、勇気がいりますよね。

    その点、中途採用に慣れている会社であれば、心配ありません。また、前職の経験を活かせることや、年功序列に左右されないこともメリットでしょう。

    一方でデメリットと言えば、研修・教育制度が不十分である可能性や、即戦力として活躍しなければならないプレッシャーが挙げられます。

    中途入社が多いということは、これまで中途採用で成功しているということ。先輩社員たちは強者ばかりかもしれません。入社後の導入や研修期間の有無など、しっかり確認しておくことをおすすめします。  

     

    じゃあ「中途入社50%以上」はブラック企業じゃないって事?

    ここまで、中途入社50%以上でも、さほど心配ないとお話してきましたが、中にはブラック企業やちょっと怪しい企業が混在している可能性も…。

    そういった会社に引っかからないよう、転職サイト内をしっかり確認し、同業他社の求人広告とも比較してみることを、おすすめします。

    特に、募集人数は必ずチェックしましょう。募集人数が多いにも関わらず、従業員数が少ない、もしくは増えていない場合、人が入っては辞めていくを繰り返す、離職率の高い会社の可能性があります。

    同業他社と比較して、給与が高すぎないか、仕事内容が曖昧でないか等、十分に確認しておきましょう。

    また、入社を急がせる会社も要注意です。本当に人材を大切にする会社であれば、転職者の都合を、ある程度は考慮してくれるもの。

    少なくとも、相談には乗ってくれるでしょうし、無理強いはしないでしょう。面接で少しでも疑問や違和感を覚えたら、きっと入社後も多くの場面でモヤモヤしてしまいます。もう一度じっくり考えてみることをおすすめしたいです。  

     

    中途入社の割合は、さほど心配しなくても大丈夫!

    一昔前までは、新卒を育て終身雇用するのが当たり前の世の中でしたが、今や中途採用は一般的に行われ、転職経験があることも普通になってきています。

    中途入社50%どころか、100%という会社さえあるほどです。必要以上に「ブラックかも!?」と敬遠する必要はないと思います。

    むしろ、転職しやすい会社だと前向きに捉え、検討リストに加えてみるのもいいかもしれません。

    転職におすすめの転職サイト・転職エージェントは↓からお探し下さい。

    Twitterでフォローお願いします