転職するなら何月頃がおすすめか?実は転職サイトには繁忙期や閑散期があります。

繁忙期が求人の多い時期とも言えますので、このタイミングで転職すれば希望の会社に会える確率が高くなります。

今回は、そんな転職サイトのシーズンごとの比較について、詳しくご紹介していきます。  

結論
転職するなら3月、6月、9月、12月が良い!特に12月がおすすめ!

転職サイトの繁忙期っていつ?

転職サイトの繁忙期には、決算月や営業サイクルが大いに関係しています。転職サイトも商売ですので、そこは否めません。 

転職サイトによって、違いはありますが、 3月決算の転職サイト運営会社を例にとって見てみましょう。   

まず、最も忙しいのは、 年度決算である3月です。次に半期決算の9月。それから四半期決算の6月、12月。 

毎月のサイクルだと月末が〆のことが多いので、やはり月末に件数が増える傾向にあります。あわせて、求人広告を出す会社も、決算前に予算を使い切りたい、などの理由から、9月や3月に求人広告にかけるお金を増やすことがあります。 

つまり、 3月、6月、9月、12月と、毎月の月末付近が転職サイトの追い込みシーズンというわけです。

転職サイトに掲載されるまでは、打ち合わせから原稿制作まで、少なくとも一週間近くは必要なので、それぞれの翌月初旬あたりまでが、転職サイトの繁忙期と言えるでしょう。  

 

転職サイトの閑散期っていつ?

一方、転職サイトの閑散期には、賞与や大型連休、年度始めが大きく影響します。まず、賞与シーズンについてですが、 「賞与をもらってから退職する」と考える人は、今も昔も多いもの。 

そのため、この時期は転職者が動きにくいとされています。賞与の時期を避けて求人を出す会社もあるようです。 

大型連休については「連休中こそ転職者が動く!」と考える会社と「連休中に転職活動なんてしないでしょ?」と考える会社に分かれますが、応募があっても対応できない可能性があるため、避ける会社も少なくありません。 

転職サイトは、通常2週間掲載の分を3週間掲載にするなどして、件数を増やすべく対応しています。 

その他には、新年1月や年度始めの4月などは、新卒入社や部署異動、社内研修など、人事担当者が忙しい時期でもあるので、転職サイトも、年度末などに比べると積極的に営業をかけない傾向があります。 

このように、 賞与シーズンや大型連休、4月、1月などが転職サイトの閑散期と言えます。 

誤解されやすいのですが、 閑散期とは、求人件数が比較的落ち込みやすい時期、というだけで、その「求人の質」が下がるわけではありません。 

決算月が違う会社もありますし、大型連休が関係しない会社もあります。加えて、転職サイトは、年間を通して求人件数を保てるよう、掲載期間の延長や、特集の設置、サービス企画など、様々な施策を打つことで、この閑散期に対応しています。  

 

おすすめの時期ってあるの?

これまで、転職サイトの繁忙期や閑散期について見てきましたが、転職サイトを使うにあたって、 おすすめの時期を強いて挙げるとすればやはり年度末でしょう。 

前述の通り、年度末は予算を使い切りたい会社が、急に求人広告を出すことがあります。 

しかも、 年度末の間際に予算が余っている、募集する余力があるというのは、注目したいポイントの一つとも言えます。大手や人気企業が動くこともあるので、チェックしてみることをおすすめします。 

また、多くの会社が3月決算のため、この時期に応募した場合、4月入社出来る可能性もアップします。 

4月入社は、新卒と一緒に研修を受けることが出来たり、人事異動やシステムの切り替えなどがあったりもするので、オリエンテーションや説明会が実施されることも少なくありません。 

一人ぽつんと入社するよりは、早くに馴染みやすいかもしれませんね。その他にも、閑散期として紹介した大型連休なども「いつもより長く掲載出来るのなら…」と、出稿に踏み切る会社もあるので、穴場だと言えます。  

 

退職のタイミングも考えてみよう

現在、転職を考えている人に中には、今すぐにでも転職したい人もいれば、そのうちいい会社が見つかれば…、というのんびり派もいるでしょう。 

今すぐに転職したいけど、なかなかいい会社が見つからない…、という人は、ほんの少しだけ時期をずらすことで、良い会社が見つかる可能性が上がるかもしれません。 

そしてもし、後者ののんびり派だったら、その後の転職活動も視野に入れて、退職する時期を考えるのも一つの手かもしれません。その際に、こういったシーズンごとの特徴を知っていると便利でしょう。

ここで、在職中の転職と退職後の転職のメリットとデメリットを紹介しておきます。

 

在職中の転職

  • ブランクがない
  • 収入が途切れない
  • 内定が出てから退職の引継ぎや手続きをするため、入社までに時間が必要
  • 転職活動の時間確保が難しい

 

退職後の転職

  • 転職活動の時間がしっかりと取れる
  • 内定後すぐに働ける
  • ブランクが長くなると、採用にマイナスになる
  • 収入が不安定になる

 

このように、在職中の転職の大きなデメリットは時間がとれないことです。

逆に考えると、時間の問題さえクリアできれば、断然在職しながらの転職活動がおすすめなのです。

退職後の転職は確かに時間をしっかりと取ることができますが、内定までに時間がかかるとブランク期間が長くなり、どんどん採用に不利になっていくという危険があります。

また収入面に不安があると、早く転職することが目的になり、転職先を妥協する結果になりがちです。  

今は転職サイトや転職エージェントなどのサポートが充実していて、在職中の転職も比較的かんたんになってきています。

転職エージェントでは求職者の希望をもとに求人情報を案内してくれますし、応募書類の添削、面接のロールプレイングなども行ってくれるので、効率的に転職活動ができるのです。

また、応募先との面談時間や入社時期の調整も請け負ってくれますので、時間に余裕がない中での転職活動もスムーズに行うことができます。  

 

転職にベストなタイミング

今回、転職サイトの繁忙期や閑散期に関わる要因について、いくつかご紹介しましたが、年俸制の導入や働き方の多様化に伴い、その要因も日々変化してきています。 

また、あなた自身の状況というのも大きな要因となります。  

 

勤続年数

勤続年数が短い場合は、選考時に不利になることもあります。2年の在職期間があれば応募時の印象も変わります。  

 

年齢

未経験職種にチャレンジする場合は、若い方が有利です。また、転職の壁とも言われる25歳、30歳、35歳に近い方も早めの行動をおすすめします。  

 

資格取得

希望の職種に関わる資格取得を考えている方は少なくありませんが、社会的に高く評価される資格であればあるほど難易度も高く、取得までに時間がかかることも多いです。  

「資格取得のために退職し、それから転職しよう」と考えていても、予定より時間がかかり、ブランクができてしまい、かえって不利になることも考えられます。まずは今の仕事を続けたまま資格取得を目指すといいでしょう。  

 

昇進

あと少しのタイミングで昇進がありそうな場合、昇進前と後のどちらが転職に有利でしょうか?まずは自分自身が今後マネージャーをやりたいのか、現場のプレーヤーとして活躍したいのか考えることから始めましょう。  

転職の際、管理職の求人を狙うのであれば、実際の経験の有無はかなり重要になってきます。ただし、昇進して管理職になるのであれば、少なくても1~2年は働き、実績を積んでからの転職になります。

昇進してすぐに退職をしてしまうと、管理職としての資質に疑問を持たれてしまう恐れがあるので、注意してください。  

 

自分自身の状況を把握する事も大切

転職にベストなタイミングを知るには自分自身の状況をきちんと把握することが大切です。しっかりと自己分析をして、スケジュールを立ててください。あわせて、転職サイトも進化を続けていますので、あくまで一つの目安として、今回の記事を参考にしてみて下さい。

Twitterでフォローお願いします