転職サイトの「面接1回」の求人ってどんな企業?ブラック企業じゃない?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

リクナビNEXTの検索条件に「面接1回」というものがあります。

他の転職サイトでも、同様の条件で企業を検索できるところも多いのですが、

「面接1回」で内定が決まる企業って大丈夫なのでしょうか?ブラック企業ではないのか?あるいはおすすめなのか?

を解説していきます。  

目次

面接1回で内定っておかしくない?

面接一回っておかしくない?

これが私の第一印象です。

社長自らが採用するなら 1回で十分とも考えられますが、たった1回の面接で、それも人事権を持っている1人だけの判断で採用を行う会社ってどうなんでしょう?

私の感覚では、それだけで ブラック企業予備軍です。  

「面接1回」で決めてしまう企業

企業にとって、人材は言うまでもなく非常に重要です。

その採用活動に時間、労力を費やすのは当然。その要である面接を1回で済ませるという事は人材を大切にしていないのではないでしょうか?

複数の面接官の評価を経て、最終的に決裁権を持っている人間が決める方が、「使えない社員」を入社させてしまうリスクを軽減する事ができます。

面接1回で採用を決めてしまう会社は、「使えない社員」だったとしても、それを気にしない企業と言えるかもしれません。

 のアイコン画像 

あるいは使い捨てなのか・・・。

「面接1回」に興味をひかれる応募者

別の視点から見てみましょう。「面接1回」に興味をひかれる応募者はどんな方でしょう?次のような考えを持っているかもしれません。  

面接1回なら騙しきれるのではないか?

自分に自信がない人ほど、この傾向は強いでしょう。「面接1回」を重視する応募者には”入社さえしてしまえば後はなんとなかる”といった考えを持つ人もいるかもしれません。  

転職活動に時間をかけたくない

「お金がないから早く転職したい」、「転職活動自体が嫌いだから早く転職したい」という方もいるかもしれませんが、これは転職活動を失敗する典型的なパターンです。

否定的な内容となりましたが、そういった考えを持った従業員と働く事ってどうでしょうか?気になりませんか?私は志が高い人と働きたいので、遠慮したいところです。  

面接1回の企業ってどんな企業?

どんな企業?どんか求人?

転職サイトでざっくり調べたところ以下のような特徴がありました。  

外食系、サービス、建築系、不動産系が多い

外食系、サービス、建築系、不動産系の求人が目立ちました。

これら業界は人材が集まりにくいので有名です。

面接1回とする事でハードルを下げ、応募しやすいようにしているのでしょう。

この辺りの業界はブラック企業も多いので、応募の際は要注意です。

高待遇・高収入をPR

不安になるぐらい高待遇求人が多いです。

当たり前ですが、それだけの収入をもらうには、それだけ稼がなければなりません。

もしかしたら素晴らしい商材を取り扱っていて業績が良いのかもしれませんが、一般的にしんどい仕事、嫌な仕事が多いですね。

高収入の仕事は厳しく離職率も高いのがよくある話です。

入社のハードルが低い事をPR

ほとんどの企業に当てはまりました。

例えば「ニートでもOK」といった感じです。

救われる方もいるかもしれませんが、真剣にキャリアUPを目指している方は避けた方が良い企業だと思います。  

その他特徴

他には、「夢」、「目標」といった単語が目立ち、研修体制の充実をPRしている企業も目立ちました。

以前まとめた、ブラック企業の特徴に多数マッチしてました。

面接1回の企業はブラック企業か?あるいはおすすめなのか?

おすすめ?ブラック企業?

以上まとめると、面接1回の企業は「ブラック企業の可能性が高い」と言えます。

ただ、何がブラックかって人それぞれなので一概には言えません。好きな仕事なら、例えサービス残業だって気にならないでしょう。

あくまでも、一般的に嫌がられるであろう事業内容の傾向が強く、そのために応募者が集まらない企業が多いということです。

結果、「面接1回」とし、入社条件を緩めて人材を確保しないと、企業として回らなくなってしまう・・・という傾向だと考えられます。

つまり、全ての応募者にとってブラック企業と言えるものではなく、業務内容さえ希望する内容であれば、高待遇で労働条件も良いのに入社のハードルが低い・・・といった、理想的な企業である可能性もあります。 

面接1回の企業はこんな方におすすめ!

企業は人材確保に必死です。

現在、「面接1回」で募集している企業にはまさしくそういった企業も含まれます。

もし、あなたが、「面接1回」で募集している企業と同業種の場合、現在の待遇よりも好条件で転職できる可能性が高いとも言えます。

環境が変わるのは大変ですが、”住めば都”とも言いますので、今後、数年間の収入を試算して、明らかにメリットがあれば転職を検討してみるのもいいかもしれません。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる