東京で働くメリット・デメリット|地方から東京で転職する際の注意点

URLをコピーする
URLをコピーしました!

地方から東京への転職を考えた時、どんな風に転職活動をしたらいいのか悩みますよね。

今の仕事は辞めてからじゃないと活動できない?志望動機はどうしたらいいの?何回くらい東京に行けばいいの?といろんな悩みが湧いてくると思います。

そこで、東京へ転職したい方がどんな風に転職活動をしたらいいのか、その方法をご紹介します。

 

目次

まずは東京で働く理由を明確に

地方から東京への転職は、仕事だけでなく今までの人間関係や生活関係までもガラリと変えることになります。なので、思いついたらすぐ行動というわけにはいきません。

いろいろなことをしっかりと考えて計画する必要があります。

まずはなぜ東京で働きたいのかをはっきりさせましょう。ただ何となく「東京で働いてみたい」というだけでは、転職先が決まったとしても「こんなはずじゃなかった」と後悔することになりかねません。

「なぜ東京なのか」に対する答えを、他人にも自分にも説明できるようにすることから転職活動をはじめましょう。

恋人が東京にいるから東京に転職したいという女性も少なくないですよね。

こうしたプライベートな事情を理由に転職活動をしていいのか悩む方もいますが、十分な志望動機になると思います。

応募先には「近い将来、結婚して東京で暮らす可能性が高く、そのために今から東京でキャリアを積みたい」と伝えれば、曖昧な志望動機よりもずっと説得力があるはずです。

もちろん、それだけではなく、「なぜこの仕事なのか」「なぜこの会社なのか」ということもきちんと説明できることが大前提です。

 

東京で働くメリット・デメリット

ところで、「東京で働く」ことってどんなことなんでしょう?どんなメリット・デメリットがあると思いますか?地方とはちがう点を知ることで、東京で働く理由を見つけてください。

 

会社や仕事の種類が多い

これが地方とは大きくちがうポイントでしょう。特に、マスコミやIT関連の仕事は東京に集中しています。こういった仕事を希望し、上京してくる人はたくさんいます。

 

給与が高い

これも東京で働くメリットと言えるでしょう。単純に給与水準だけで比べると、東京とは平均年収が100万以上低い地域もあります。ただし、東京は生活にかかるコストが高いので、ただ給与だけで仕事を選択するのは危険です。

 

ブラック企業も少なくない

さまざまな会社が存在するため、ブラック企業に出会ってしまう確率も高くなります。

東京では地方よりも企業間の競争が厳しいため、労働環境が悪い企業も多くなる傾向にあります。

ブラック企業に転職してしまわないよう、東京での転職活動では慎重に企業を見極める必要があるのです。

 

転職活動のタイミングは?

精神的・経済的に、在職中に転職活動をした方がいいとはよく言われます。

退職後に転職活動を行うと、焦る気持ちから妥協すべきではない点を妥協してしまうことも多いです。

東京への転職の場合も在職中に転職活動を行い、面接の際には多少時間やお金がかかっても、地元から東京へ出る方がいいでしょう。

複数の企業を受けるようになると面接の日程調整なども大変になってきますが、転職エージェントを利用すれば、スケジュールの面でも相談にのってもらうことができます。

 

求人の探し方

転職フェアや転職イベントを活用しよう

東京では1年を通して転職フェアや転職イベントが開催されています。フェアは大手の転職エージェントの主催で行われ、有名企業や優良企業の参加も多いです。

また、女性のための転職フェアが開催されることもありますので、参加してみることをおすすめします。

いっぺんに複数の企業をチェックできますし、その場で1次面接をする企業もありますので、1回の上京で大幅に転職活動を進めることができます。

 

ハローワークも活用できる

地域密着の求人が多いイメージのハローワークですが、地方にいても全国の求人を紹介してもらうことができます。ハローワークの窓口で「東京への転職を考えている」と相談してみるといいでしょう。

ただし、ハローワークの求人は転職エージェントなどで扱っているものより、給与や待遇、企業の規模などで見ると質が落ちると言えるでしょう。

というのも、ハローワークの求人申し込みは無料だからです。

基本的に、求人費用にお金がかけられない企業の求人が多いのです。

 

転職エージェントを利用する

東京への転職を目指すならば、転職エージェントの利用がおすすめです。

地方からの転職活動では、東京での暮らしや地理についてわからないことも多いものです。

転職エージェントのアドバイザーに相談すれば、具体的なアドバイスをもらうことができます。

また、女性にとっては結婚や出産後の企業のサポートなども気になりますが、そういった制度や状況についてもエージェントを通して情報をもらえるのです。

ぜひ、いくつかの転職エージェントに登録し相性の良いアドバイザーを見つけてください。

地方から東京への転職活動では、距離がある分、転職エージェントなどの有効活用が特にポイントになってきます。

 

転職エージェントを選択するポイント

転職エージェントは首都圏ならば登録拠点がありますので、会って面談が可能です。

近くに登録拠点があるなら、その転職エージェントを優先して利用しましょう。

近くに登録拠点がなければ、東京に拠点のある転職エージェントに相談しましょう。

通常、電話等で面談を行い、その結果をもって、求人を紹介してもらえます。

 

地方から転職した方の口コミ

以下、地方から東京で転職した人の口コミです。経験者の口コミを参考に転職を成功させましょう。

東京への転職で大変だったこと|30代 男性 埼玉県から東京への転職

埼玉県のショッピングセンターにあるアミューズメント施設で働いている時に、東京に本社を構えるIT企業に転職しました。
転職活動は、埼玉県にある転職エージェントを利用しました。 在職しながらの転職活動だったので、東京への転職で大変だったことは、面接に行く時間の確保です。隣県の埼玉からでも、1時間程度は移動に時間を要するため、会社帰りに面接に行くことは難しく、最低でも半休を取らなければ難しい状況でした。
そんな中、転職エージェントには、求人企業との面接時間調整などの交渉も行ってくれるので、利用してみて良かったと思います。

上京は蓄えを持ってから|30代 女性 九州から東京へ転職

憧れと夢を持って上京してきましたが、地元で貯めた資金が足らず、特に最初の2ヶ月は大変な思いをしました。
住居は確保してあったのですが、慣れない暮らしと新しい場所での生活は想像以上に支出が多く、最後は食費を削るしかなくなりました。
また東京には誘惑が多く、ウインドウショッピングのつもりで出かけても欲しいものが増えたり、つい安いからと買い物をしてしまったり。
仕事で必要経費としての出費もあったので、貯金ができるようになるまでは時間がかかりました。
始めてみないと仕事で必要なものがわからない場合もあります。体1つで迎え入れてくれる会社でない限り、事前準備は大切だと思いました。

転職エージェントを使った転職|50代 男性 宮城県仙台市から東京へ転職

転職エージェントを利用して、東京で転職することが出来ました。 元々東京出身なのですが、結婚後、妻の実家がある仙台に住み薬剤師として働いていました。
しかし、40代の頃に妻と離婚し、仙台にいる必要もなくなったので、実家がある東京で仕事をすることにしました。
年齢的に厳しい感じでしたし、仙台ではなかなか東京の情報が集められないと思い、関東周辺の求人に強いと聞いていた転職エージェントに登録しました。
オンラインで申込んだあと、キャリアアドバイザーから電話があり、希望勤務地や希望年収などを話しました。
実際に面談のためオフィスに足を運んだこともあります(仙台にはないので、有給休暇を利用して東京まで行きました)
最初の申込みをしてから、約1か月後に条件にあった企業を紹介され、面接等を経て、転職することが出来ました。
地方から東京に転職することが、ものすごく難関だとまでは言いませんが、やはり情報収集の点で不利になることは間違いありません。
その意味で転職エージェントに登録してよかったと思っています。

東京への転職を行った時の利点について|近畿から東京へ転職

地方に住んでいて、東京のIT企業に興味があり転職を試みました。最初はアルバイトから入り正社員となりました。まずは驚いたのは地方で働いていた時の時間が同じなのに給料の違いに驚きました。 そもそもの時給が違う為に発生したことなのですが、一人暮らしでも十分住んでいけるだけの給料がもらえたのでその点はとても成功したと思いました。選べる仕事の多さと交通の便利の良さにも驚きを隠せませんでした。

都会での転職|30代 男性 神奈川から東京へ転職

私が東京の六本木の会社に転職したのは半年前です。神奈川ではやりたい仕事がなかなかみつからずとりあえず会社勤めをしていました。
その間も転職サイトでは仕事を探しながらの仕事ですようやく希望の職種が見つかり運よく転職できました。
新しい職場では自分のスキルも活かせ、周りの人たちもいい人ばかりなので楽しく仕事ができています。
通勤はちょっと遠くなりましたが仕事が楽しいので苦になりません。1年間待ってでも今の会社に就職できてよかったと思います。

東京の人間関係になじめず一年半で出戻り|20代 男性 京都から東京へ転職

出版関係の仕事で、東京の本社に転勤。給料も上がるし、最初は喜んでいたのだけれど、関西とは違う東京の人間関係の作り方に嫌気がさして、一年半で大阪に戻ってきました。
仕事柄かもしれませんが、東京ではみんなSNSをやっています。
飲み会が終わった後、必ず誰かのfacebookに写真が上げられ、「いいね」を押すことが強制される。
仕事以外での交流も作ってみましたが、ほぼ100%同じでした。
もちろん、関西でもSNSをめぐったトラブルはありますが、人間関係のすべてがそれに規定される雰囲気は東京(首都圏)独特の文化な気がします。
私にはなじめませんでした。

下調べが大切|20代 男性 福島県から東京へ転職

地元では求人数も少なく、満足のいく額を稼げなかったので求人数の多い東京で転職活動を始めました。
最初はアルバイトしながらのスタートでしたが、あわよくばアルバイトから正社員になれればいいなと思いさほど気にしてませんでした。
しかし、入社してしばらくすると正社員になれないという事が判明し、焦り始めました。
結局東京での転職は失敗し、1年程で地元に戻りました。
東京は地方よりも求人数は多いですが、正社員の求人は限られています。
私のような何の資格も実績もない人間が行くとまず失敗する可能性が高いので、東京での転職を考えている人には何らかのスキルを得ることをオススメします。
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる