転職サイト、転職エージェントを利用していると、企業からのスカウトやアプローチメールといったものが届きますね。

あれらは各企業が求職者の個人情報を厳密に絞って発信されています。では、スカウトを受けやすい人と受けにくい人のちがいはどこにあるのでしょうか。ここでは転職サイトの裏側も含め、スカウトメールが届く人と届かない人の境界線をご紹介します。

 

結論

・希望勤務地と現住所が異なればスカウトメールは届かない。
・学歴フィルターめっちゃあるよ。中退はかなり不利。
・転職回数は3回まで。それ以上は不利。
・ログインしてないとスカウトメールは届かない。

     

    スカウトメールの仕組みをおさらい

    転職サイトや転職エージェントを通じて送られてくるスカウトメール。「あなたにぴったりの求人です、ぜひ応募して下さい」という宣伝的なものから、「このメールが届いた方には書類選考免除!面接をお約束します」という採用に有利なものまでさまざまあります。

    これらのスカウトメールは、企業の採用担当から届く場合と、転職エージェントから届く場合とが考えられますが、基本的に ”企業の求める人材”以外には送られていません。

    それでは、「求める人材」をどうやって絞り込んでいるのでしょうか。これは転職サイト側で、登録会員の個人情報から人数を割り出すシステムを用意しており、企業の希望する人数に配信されるよう調整しています。

    システムで指定できる項目は居住地、学歴、経歴、資格などさまざまです。ここからは、スカウトメールが届きやすい条件についてボーダーラインを見ていきましょう。

     

    スカウトメールが届く条件

    現在の居住地、希望勤務地は「通勤圏内かどうか」

    東京都内の会社であれば、1都3県(東京・埼玉・千葉・神奈川)の人たちにスカウトメールを送ることが多いです。全国に事業所がある場合には全都道府県のユーザーがスカウト対象になります。

    そして、 企業が重視しているのは希望勤務地よりも現在の居住地。「せっかく書類選考を通過しても、遠方からだとなかなか面接に参加できない場合が多く、選考が長期化してしまう」、とある企業の採用担当は語ります。

    そのため、「今は大阪に住んでいるけど、家庭の事情で東京に転職する」といった場合には、 希望勤務地を東京にしていても東京の会社からスカウトメールが届かない可能性があります。

    もちろん、スカウトメールがこなくても、サイトに掲載されている求人に直接応募すれば済む話ですので大きな問題ではありませんが、遠方から応募する場合は 「今は遠方在住ですがそちらに引越しする予定です」と応募段階で伝えておいた方がベターです。

     

    最終学歴は、「高卒以上」「中退なし」

    学歴の項目は(高卒、高専卒、専門卒、短大卒、大卒、院卒)に分かれる他、「中退した場合も含める」などの選択肢も用意されています。

    また、大学の中には細かい選択肢として「東大・京大レベル以上」「旧帝大・早慶上智ICU以上」「MARCH以上」「国公立大のみ」などがありますが、これらの細かい選択肢が使われることはほとんどありません。

    スカウトメールを送る最低条件としては、 「高卒以上」かつ「中退していない」場合が多いです。企業の募集職種によっては大卒以上や理系院卒以上のみ、という場合もあります。

    しかし新卒の採用活動ほど学歴が重視されませんので、 高卒でも業務経験があればウェルカムという企業が多いです。

    また、何らかの形で最終学歴が「中退」で終わっている場合、スカウトメールがくる確率はぐっと低くなります。

    ただし、「◯◯高校を中退」をしていても、その後「通信制の××高校を卒業」「大検を取って△△大学卒業」といった具合に、最終的に別の高校や大学を卒業していればこの条件には含まれませんので、高卒や大卒と同じ扱いでスカウトメールは届きます。

     

    転職回数は「3回まで」

    転職を何度か経験してる人の場合、転職回数で志望企業から敬遠されるのではないかといった心配もあるかと思います。

    確かに、「転職回数2回まで」をスカウトメール対象の条件に挙げる会社もあります。特に 大手企業は転職回数を気にする傾向が多く、だいたい「2回以内」がボーダーラインのようです。

    大手企業以外の場合は「転職回数3回まで」を条件に挙げる会社が多いです。ただし、これはスカウトメールの配信の条件というだけであって、「転職回数4回以上の人は絶対採用しない」という意味ではありません。

     

    最終ログインは「3ヶ月以内」

    ユーザーが一番最近ログインした日はいつなのか、で絞り込むことも出来ます。これは、その人が今も転職活動を続けているのか、もう新しい会社に転職してしまったのかを見極める判断材料として用意されています。

    最終ログインが3ヶ月以内であれば、一応まだ転職活動を続けている可能性がある、という判断でスカウトメールの対象になります。

    また、住んでいる場所や学歴、経歴などでユーザーを絞り込んだ結果、スカウトメールの対象者があまり集まらず、企業が送りたい件数に達しない場合、この最終ログイン日でなんとか調整することもあります。

     

    スカウトメールは能力以外の要因でも振り分けられる!ちょっとした工夫で届くようになる!

    以上、スカウトメールの配信条件となる項目を見てきましたが、この他にも「経験した業種・職種」、「保有資格」などでスカウト条件が決まります。

    スカウトメールが直接内定に結びつくとは言い難いですが、やはり届くと嬉しいですし、自分がそれほど興味のなかった企業の情報が入手できるので、転職活動にはぜひ活用していただきたいと思います。

    これを機にご自身の登録内容を見直したり、しばらくのぞいてなかった転職サイトがあれば久々にログインしてみるのもいいですね。

    以下、スカウトメールを受け取るテクニック。

    Twitterでフォローお願いします